ライフスタイルの再開発を目指す香港発スタートアップ ーButlerが進める未来の暮らしづくり

ライフスタイルの再開発を目指す香港発スタートアップ ーButlerが進める未来の暮らしづくり

記事更新日: 2021/04/01

執筆: 編集部

アジアのスタートアップ企業についての情報を日々発信している香港発のJumpstartと起業ログが、定期的に共同でアジアのスタートアップ情報を発信していくこの企画。

第6弾は、家庭を快適で心の平安を得られる場所にするための新たな家事代行サービス「Butler」だ。

家事代行サービスとは言っても、ただの「お手伝いさん」とは違う。

世界最高峰の執事養成学校で訓練を受けた従業員による家事代行サービスがアプリを通して数クリックで気軽に利用できるのだ。

「Butler」は、約116億米ドル以上と言われる香港のヘルパー業界の国内市場を破壊する勢いで成長しさらに数年以内にアジア主要都市へも進出も計画している。

プロフィール

Jumpstart

香港で2014年にスタートし、アジア地域のスタートアップに関する情報をフリーペーパーやwebサイトで発信。現在では、起業家や投資家を繋げ、世の中にプラスな影響をもたらすイノベーティブなプロジェクトを共同するためのプラットフォームを提供している。 Jumpstart HP:https://www.jumpstartmag.com/

ワンランク上の「お手伝いさん」で世界へ

香港では、仕事よりも娯楽を優先させることは「異常」とされる。過労文化が多くの人の生活を支配しているからだ。このため、香港の労働者は快適な家庭を維持するための時間がないと気づくことがある。多くの人にとって、家は「静かにくつろげる場所」ではなく、「ただ夜を過ごすためだけの場所」に過ぎない。

それはまさに、元投資銀行員でプライベート・エクイティ・バンカーのAngues Chan、Jonathan Lam、Jeffrey Maの3人が2018年に感じていたことだ。質の高いライフスタイルと健康はおろそかにされ、むなしい人付き合いとつかの間の休憩に取って代わられた。このことへの気づきが、Butler設立の端緒となった。

家事手伝いという概念を未踏の高みへと押し上げたButlerのサービスは、「ホームコンシェルジュ」と呼ばれる。基本的な家事や食事の準備から、ディナーパーティーの司会や洗濯機の修理まで、家庭に必要なことは何でも引き受けてくれるのだ。これは、ストレスのない生活体験の提供を目的とした、スタートアップの代表的なサービスだ。

「Butlerは、家庭に関連する全ての事柄のためのワンストップショップ(注:1カ所で必要な全ての買い物を可能にする場所)のホームサービスパートナーだ」とLam氏は言う。スタートアップButlerの社内で訓練を受けたスタッフは、家事、食事の準備、日用品の買い物、洗濯など、他にもたくさんの仕事に対処できる。

その共同設立者によればButlerは、900億香港ドル(約116億米ドル)以上と評価されている香港のヘルパー業界の国内市場を破壊しようとしている。したがって、同社は従来の国内のヘルパーとは一線を画すサービスを提供している。香港のサービス業界の隅々にまで人脈を持つ従業員を擁し、総合的な商品と経験を与えているのだ。

「私たちButlerは、地元の信頼できるベンダーの広大なネットワークを利用して、より専門的な要望に応じた提案をすることができる。例えば、最高品質の花の配達、便利屋、ケータリングやインテリアデザインの会社を見つけることなどだ」とMa氏は言う。

スケジュールを管理し、顧客の要望に応じるButlerの「ホームコンシェルジュ」とは別に、実際Butlerの従業員は顧客の要望を満たしそれらの全てを実行するため、インターナショナルバトラーアカデミー(注:世界最高峰の執事養成学校)で専門的に訓練されている。他に類を見ないほどの誠実さと細かな心配りを備えながら、何とButlerのサービスは消費者がそのアプリを通してほんの数回クリックするだけで使用できるのだ。

さらに、Butlerのサービスは、月々のサブスクリプションモデルという柔軟性があるため、香港の一般的な生活水準に広く影響を与えている。Chan氏は、「同社は伝統的な大家族の世帯だけでなく、香港在住の外国人や若いカップルにもサービスを提供している」とも言う。また、「Butlerはこうした外国人に、香港の住宅市場に関する深い見識を持ってサービスしている。Butlerの付加価値は、自宅でより質の高い時間を過ごしたい若いカップルにとっても、非常に補完的なものだ」と述べる。

Butlerのウェブサイトやアプリを通じた利便性の高さのおかげで、質の高いプレミアムな家事代行サービスをこれまで以上に見つけやすくなった。テクノロジーを通して、同社は香港の人々により身近で、快適で、プレミアムなライフスタイルを提供してきた

マンダリンオリエンタルのグループCEOであり、ButlerのビジネスアドバイザーであるJames Rileyの個人的な支援のおかげで、同社のサービス品質は間違いなくさらに高水準に引き上げられるだろう。

Butlerは高みを目指しているー設立者たちは、Butlerがホームサービス市場の大部分を占めるように尽力している。それだけでなく、同社は地域展開への野心を持っており、今後数年間でのアジア主要都市への進出も計画している。

私たちは人々の暮らし方に革命を起こし、家庭の重要性を再定義したいと考えている。そうすることで、彼らにとって帰宅し快適な自宅で心の平安を得られることが、一日の楽しみとなる。それは最近、特に大都市に暮らしていてはなかなか得られないようなものだ」とChan氏は言う。

結局のところ、Butlerは現在の香港人のライフスタイルや「家」の概念には、まだ満たされていない巨大な潜在ニーズが潜んでいると考える。人々の暮らし方に変化の余地があるからこそ、Butlerはワークライフバランス、より良好なメンタルヘルス、そしてより健全な人間関係を実現するための正しい取り組みになり得るだろう。

プロフィール

Butler

香港で2018年に、Angues Chan、Jonathan Lam、Jeffrey Maの3人によって創業。 手頃に執事のような「ホームコンシェルジュ」を利用できるサービスを提供する。Butler HP:https://www.butlerasia.com/

出典:JumpStart(https://www.jumpstartmag.com/jumpstart-magazine-issue-30-the-lockdown-issue/

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ