photolibrary

記事更新日: 2019/10/11

執筆: 編集部

編集部コメント

企業のブログやサイトを作成する際に必要になるのがイメージ画像やイラストです。「photolibrary」なら、ダウンロードした画像やイラストは規定する範囲内で無期限に何度でも利用可能。厳しい審査基準をクリアしたクリエイターによるオリジナリティー溢れる画像やイラストと出会うことができます。

1. 画像及び動画のダウンロード機能

画像、動画をダウンロードできる

2. イラストのダウンロード機能

イラストをダウンロードできる

3. 販売機能

クリエイター登録をすれば画像・動画・イラストの販売ができる

良い点

登録作品が多く、ロイヤリティフリーでの使用が可能、何度でも使用できるというメリットがあります。

悪い点

作品の単価はクリエイターが設定できるため、作品によって単価が異なります。

費用対効果:

無料でダウンロードできる画像が15万枚用意されています。

導入ハードル:

購入者の登録料は無料。画像・イラスト・動画等を110円から購入でき、気軽に利用できます。

社外連携:

スマホアプリに対応しているほか、WEB出版用やテレビCMなどでの利用も可能です。

photolibraryの3つの特徴

1. カテゴリーごとに作品を選べる

「photolibrary」に登録されている作品は、写真だけで15万枚もあり、人物・ビジネス・イベント・動物・建物・街並み・風景・自然・植物・花といったカテゴリーごとに選択できます。

これは動画やイラストでも同様のため、目的の作品を見つけやすいでしょう。ただし、ダウンロードした作品は公序良俗に反する内容での使用や誹謗中傷、商標での使用、コンテンツ素材の再配布などは禁止されていますので、注意が必要です。


カテゴリーごとに作品を選べる

2. ダウンロード枚数制限なし

ダウンロードした素材は国内外問わず、「photolibrary」の規定する範囲内で無期限に何度でも利用可能。二次使用の際にも追加料金はかかりません。また、クレジット表記(著作権表示)の必要はありません。

トリミング・合成・文字入れや、色の加工等も自由自在に行うことができます。ダウンロード期限は、購入した画像は購入後1ヶ月間、フリー画像については3日間となっています。


支払い金額の範囲内でダウンロードし放題

3. 審査基準を満たしたクリエイターの作品

登録されたクリエイターの作品は一定の審査基準を満たしていることが条件となります。審査内容には、画像の鮮明度や傷・ほこりの有無、アングルなどをはじめ、タグの適正度なども含まれています。その他、運営側で不適切とみなした作品に関しては登録できません。

このように厳密な審査を経たクリエイターの作品が登録されるため、高品質で洗練された画像を購入することが可能です。


作品登録には審査が必要

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

まとめ

「photolibrary」は厳しい審査基準をクリアしたクリエイターの高品質な画像やイラストをダウンロードできる便利な画像・写真素材サイトです。

ブログやサイト用として画像やイラストを利用したい方はもちろんのこと、ご自身の写真や画像、イラストを販売したいという方にうってつけです。

この機会に「photolibrary」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「photolibrary」公式HP

その他の画像・写真素材サイト

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ