Adobe Stock

記事更新日: 2019/10/11

執筆: 編集部

編集部コメント

ロイヤリティフリーの画像や動画をたくさんの種類の中から探したい企業にはうってつけです。誰でも簡単に使いこなすことができます。気に入った写真だけを購入することもできます。

1. 検索機能

ロイヤリティフリーの画像や動画を検索できる

2. 作品投稿機能

社内・社外で撮った写真を販売できる

3. 確認機能

デザイン制作物に透かし入り画像を入れて、購入前に確認できる

良い点

幅広いコレクションの中から画像を検索できます。写真を一覧で表示するシンプルで使い勝手のよいサイト構成が魅力です。

悪い点

他の画像素材ツールに比べて写真数や動画数が少ないことが挙げられます。

費用対効果:

通常アセットが一月10点の場合、3,480円です。HDと4Dビデオは9,380円です。

UIと操作性:

キーワードを入力し、簡単に検索できます。また、カテゴリーから素材を探すこともできます。

知名度:

画像素材ツールの中でも有名な部類に入ります。世界各国で使われています。

Adobe Stockの3つの特徴

1. 幅広いジャンルのコレクションがある

「AdobeStock」の最大の特徴、それは幅広いジャンルのコレクションが用意されていることです。テンプレートコレクションやイラストとベクター、ニュース記事などに使えるエディターコレクションなどがあります。

ニュース記事や世界的なイベントの記事などに使うことができる画像コレクションがあるのは魅力の一つと言えるでしょう。


コレクションの例

2. 類似画像検索

「AdobeStock」には類似画像検索機能がついていて、検索欄から選んだ素材と似た画像を自動検索できます。1度目に選んだ画像の下に「似た画像を検索」というボタンがあり、それをクリックするだけで簡単に似た画像を検索できます。

選んだ画像に納得が行かなかったり、違う角度からの写真を見たかったり、比較したかったりする時に便利な機能ですね。


似た画像を検索可能

3. カスタマイズ可能な3Dモデル販売

「AdobeStock」は、カスタマイズ可能な3D素材を販売しています。シンプルで豊富な素材と編集機能を使えば、本当に写真を撮ったかのような一枚を作成できます。

例えば、自社の化粧品のパンフレットを作る際に、従来であれば、自社製品を並べてカメラマンに撮ってもらうことで1ページを作っていました。しかし、「AdobeStock」を導入すれば、化粧品のボトルやリップのモデルなどを購入し、好きな位置に並べることが可能です。

モデルやモチーフの配置だけでなく、角度なども調整できます。自社のロゴを挿入すれば、簡単にパンフレットの1ページを作成できますよ。編集画面も分かりやすいので誰でも操作できます。


3Dモデルのカスタマイズ

 

料金プラン


アセットの点数によって料金が変わります。

これとは別に導入企業の規模に応じたサブスクリプションプランも用意されています。

まとめ

写真だけでなく、動画や3D素材のモデルを購入したい企業におすすめです。検索欄からニュース記事向けの写真や、イラストを探せます。また、カスタマイズ可能な3Dのモデルも販売されており、自分で配置や角度を変えられます。

パンフレット作成や記事の見出し画像を探す上では最適な画像・写真素材サイトと言えるでしょう。

画像出典元:「AdobeStock」公式HP

その他の画像・写真素材サイト

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ