東京反訳

記事更新日: 2019/09/09

執筆: 編集部

運営コメント

議事録のテープ起こしやデータ入力を効率化したい会社にはうってつけです。誰でも簡単に使いこなすことができます。医療医学分野や裁判法廷、英語から多言語へなど、テープ起こしの際に専門的な知識が必要な場合にもおすすめのサービスです。

1. テープ起こし・文字起こし

録音や録画された音声を文字に書き起こすことができる。

2. データ入力の自動化

大量のデータを入力しスキャンすることも可能。

3. その他サービス

テキストの読み上げ、動画の字幕の作成、ダビングや原稿作成ができる。

良い点

依頼数が10万件を突破しており、取引実績が圧倒的に多いので信頼できます。また、プライバシーマークも取得しており、セキュリティ対策も万全な点がメリットです。

悪い点

議事録テープ起こしが1分230円からと、内容によってはコストパフォーマンスが悪い場合も考えられます。専門性が高く、社内に専門家がいない場合にサービスを利用するといいでしょう。

費用対効果:

英語多言語テープ起こしが1分429円からと、比較的リーズナブルな値段で依頼することができます。その他、出張録音テープ起こしが24,800円から、裁判法廷用テープ起こしが1分600円からです。

UIと操作性:

マイページに登録し、ログインした後、注文したいデータやファイルを添付するだけで誰でも簡単に依頼できます。

セキュリティ:

秘密保持契約(NDA)を用意しており、守秘義務が徹底されています。また、依頼側が用意した契約書にも対応しており、安心して注文できます。

東京反訳の3つの特徴

1. サービスが豊富

東京反訳の最大の特徴、それはサービスの豊富さです。

一般的なテープ起こしである、日本語から日本語への書き起こしサービス以外にも、議事録や裁判法廷用テープ起こし、出張録音テープ起こしなど、様々な事例に対応しています。

テープ起こし以外にも、ダビングサービスや、データ入力・スキャンサービス、動画字幕作成サービスなど、かゆい所に手が届くサービスがたくさんあります。

英語から多言語の翻訳サービスや、テープ起こしなど、グローバル化に対応している点も利用する上で大きなメリットといえるでしょう。


データ入力・その他サービス一覧

 

2. 依頼しやすい

次に紹介する東京反訳の特徴、それは依頼のしやすさです。

シンプルで分かりやすいウェブサイトから簡単に依頼できます。

サービスを使うユーザー向けに利用ガイドがあり、料金体系が分かりやすく記載されています。

また、簡単見積で、申し込む前に費用を確認することも可能。

利用ガイドによりサービスの内容が目に見えて分かるため安心して利用できます。


各サービスの詳細画面

 

3. セキュリティ対策が抜群

東京反訳の特徴3つ目は、厳重なセキュリティ体制です。

それを可能にしているのが、セキュリティルームプランです。

セキュリティルームでの書き起こしをすることで、インターネットを介した情報漏洩の危険性を回避できます。

また、データは専用保管されたり、専任者が管理したりなど、5つのセキュリティポイントで守られています。

会議や取締役会、クレーム電話や個人が特定できてしまう会話などを依頼するときに便利ですね。


セキュリティルームのメリット

 

料金プラン


各サービスの料金はこのようになっています。

基本的には1分単位の見積もりとなります。

各サービスの料金詳細は公式HPにてご確認ください。

※2019年9月時点

まとめ

議事録のテープ起こしやデータ入力を効率化させたい企業にとってはうってつけのサービスです。

分かりやすいホームページと簡単な依頼方法で、誰でも気軽に注文できます。

多言語翻訳やダビングサービス、原稿作成サービスなど、機能が色々ある点もおすすめです。

セキュリティ―対策もしっかりしていて、安心して任せることができます。

この機会に「東京反訳」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:東京反訳公式HP

その他の【データ入力代行】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ