株式会社ライフデザイン

記事更新日: 2022/10/03

執筆: 桐野ひさや

編集部コメント

売上・集客効果を効率化させるコスパの高い風評被害対策サービス

株式会社ライフデザインが提供する「W-PROTECT」は、企業のネガティブイメージを払拭し売上・集客効果を最大化させる風評被害対策サービスです

Web上のネガティブな口コミや投稿を監視し、ネット炎上や情報漏えいを早期発見することで、素早くトラブル対応策を検討できます。

監視サービスである「OWL eyeフリー」はアカウント登録後、すぐに無料で利用可能です。

すでに誹謗中傷・風評被害記事がアップされている場合も、逆SEO対策で検索上位に表示されないよう対策が行われます。

完全成果報酬制のため無駄なコストがかからず、風評被害対策として高いコストパフォーマンスが期待できるでしょう。

風評被害対策を比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ネット風評被害対策ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

初期費用をかけずにインターネット監視サービスが利用でき、誹謗中傷・風評被害に迅速に対応できます。弁護士との提携もあり、投稿の削除要請をできる点も安心です。

悪い点

キーワードの非表示は1〜2ヶ月程度で効果が現れますが、検索エンジンのアップデートや契約期間によっては非表示にするまでに時間がかかります。

費用対効果:

完全成果報酬プランが用意されているので、無駄なコストが発生しません。

UIと操作性:

個人、企業、匿名問わずサービスを利用でき、24時間365日無料監視サービスもついています。

サポート体制(運営会社の):

メールだけでなく平日であれば電話の問い合わせも可能です。

W-PROTECTの導入メリット4つ

1. 24時間365日無料監視サービスOWL eyeフリー

W-PROTECTは、24時間365日無料監視サービス OWL eyeフリーが無料で利用可能です。

風評被害が発生しやすい約140キーワードが設定されていて、社名や検索キーワードが検知された場合、メールで迅速に検知結果が報告されます。

検索エンジンであるYahoo、Googleのキーワード検索、Twitterの投稿監視に対応しているので、被害が拡大する前にトラブル解決できるでしょう

中傷記事や虚偽記事をいち早く発見できるので、事実無根のネガティブ情報が出回る前に被害を食い止められます。

いち早く対応策を検討できる監視サービス

2. 検索キーワードを表示・非表示

W-PROTECTでは、検索時に社名や商品名と関連して表示されるキーワードからネガティブな単語を排除するキーワード対策が可能です。

ネガティブキーワードを非表示にすることで、イメージアップや売上UPにつながることを期待できます。

キーワード非表示対策後の再表示率は、対策期間半年で40%以下、1年で10%以下と長く対策するほど再表示の防止が可能です。

あわせて口コミサイト、SNSに書き込まれたネガティブ情報への対処も、W-PROTECTではできます。

Web対策に定評のある弁護士との提携もしているので、ネガティブな投稿削除も可能です。

専任スタッフによるWebリスク対策

3. 逆SEOでネガティブ情報のクリック率を軽減

SEO対策とは特定のページの検索順位を上げる手法のことですが、見せたくない情報を検索2ページ目以降に押し下げる逆SEO対策という方法があります。

W-PROTECTは逆SEO対策にも対応可能です。

現在ではGoogleで対策するとYahoo! でも効果があるため、効率的にネガティブ情報を押し下げられます。

ネガティブサイトを押し下げた後も、再上昇させないよう対策を強化するので対応後もクリック率を低減させられるでしょう。

個人・法人・匿名問わず逆SEO対策は可能で、秘密保持契約も結んでからの施策実行も可能です

逆SEO対策でネガティブ情報のクリック率を軽減

4.Googleからの評価アップや集客アップをサポート

W-PROTECTはGoogleビジネスプロフィールの運用代行、MEO対策といった、売上・集客アップサービスも利用できます。

自社のGoogleビジネスプロフィールを常に正確かつ、詳細な情報を掲載することでGoogleとユーザー双方からの信頼性をアップできるでしょう。

また、店舗独自のサービス内容やクーポン設定などの広告表示もできるため、複数店舗の売上向上に役立ちます。

MEO対策も検索アルゴリズムに則って最適化するため、Googleのローカルパックを上位表示させることが可能です。

自社サイトやポジティブな内容のサイトが検索上位にあがるようになれば、風評被害対策にもつながるでしょう。

効率的な売上・集客アップが可能
 

W-PROTECTのデメリット2つ

1. ネガティブ情報が再表示されてしまう可能性はある

W-PROTECTのWebリスク対策は効率的にネガティブ情報を検索順位から押し下げられますが、再表示されてしまう可能性はあります。

完全にネガティブ情報を削除したい場合は、別途弁護士に相談し、対応してもらう必要があるでしょう。

もちろんW-PROTECTは実績多数の弁護士と提携しているので、削除依頼することも可能です。

2. 検索ワードを変更するときは固定プランがおすすめ

W-PROTECTは固定プランを契約すると、非表示にしたいキーワードが非表示になった時点で、検索キーワードを変更することが可能です。

非表示キーワードの非表示成功率は、契約期間や検索エンジンのアップデートによって異なります。

固定コストが必要にはなりますが、複数の非表示キーワードがある場合は成果プランよりも固定プランを選んだほうがいいでしょう。

W-PROTECTの料金プラン

W-PROTECTの料金プランには完全成果報酬プランと固定プランがあり、どちらも見積もりが必要です。

2つのプランの違いは、非表示にしたいキーワードが非表示になった後、検索キーワードの変更の可否が異なります

非表示にしたいキーワードが複数ある場合は、固定プランを選ぶほうがいいでしょう。

  完全成果報酬プラン 固定プラン
初期費用 無料
月額費用 Googleサジェスト: 50,000円~ Googleサジェスト: 40,000円~
検索キーワードの途中変更 不可能 可能

 

競合製品との料金比較

W-PROTECTは完全成果報酬プランを導入している風評被害対策サービスで、競合サービスと比較してコストを抑えられます。

競合サービスにも成果報酬制はありますが、24時間365日間の監視サービスを無料で利用できるのはW-PROTECTだけです。

無料トライアルは利用できないので、気になるポイントは見積もり相談時に確認しておきましょう

  W-PROTECT
(株式会社
ライフデザイン)
ネット風評対策本舗・サイバーセキュリティ
(株式会社リンクス)
株式会社
アクシアカンパニー
初期費用 要問合せ 要問合せ 要問合せ
月額費用 逆SEO対策:個人60,000円~、
法人80,000円~

Googleサジェスト対策:40,000円~

Yahoo!サジェスト対策:25,000円~
※監視サービス(ビジネスプラン):20,000円~
法人向け総合顧問対策プラン:
50,000円~
スポットプラン:各50,000円
・キーワード対策、逆SEO対策、
監視サポート など
逆SEO対策(法人名):目安88,000円~
Googleサジェスト対策:55,000円~
Yahoo!サジェスト対策:33,000円~
※監視サービスの提供はなし
完全報酬制 あり あり 要問合せ
無料トライアル なし なし なし

(税込) 

W-PROTECTを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

Webリスクを軽減し、ネガティブ情報を非表示にしたい企業

W-PROTECTは、誹謗中傷や風評被害などのWebリスクを軽減したい企業の導入がおすすめです。

ネガティブ情報はそのままにしてしまうと売上や集客に影響が出てしまうため、迅速な対応が求められます。

素早い対応ができればネット炎上防止だけでなく、情報漏えいやユーザーサポート強化にも繋がるでしょう

悪意のある口コミや投稿を監視したい企業

W-PROTECTでは、24時間365日Web上のネガティブな口コミや投稿を監視してくれるOWL eyeサービスが利用できます。

初期費用もかからずに監視サービスが利用できるので、コストを抑えて風評被害対策に備えられるでしょう。

システム監視、有人監視とダブル体制で監視するOWL eyeは、悪意のある口コミや投稿をすぐに削除したい企業におすすめです。
 

向いていない企業

非表示キーワード設定に悩む企業

Webリスク対策には、事前に非表示にしたいキーワードやネガティブ情報を確認しておく必要があります。

W-PROTECTには、経験豊富な専任スタッフが抽出する条件やキーワードを提案してくれますが、自社の方針を定めないと効果的な対策ができません。

複数の非表示キーワードを設定することもできますが、コストがかかるため予算に合わせた設定をしておきましょう。

まとめ

W-PROTECTは売上や集客アップをしながら、自社のネガティブイメージを払拭できる風評被害対策サービスです。

初期費用をかけずにインターネット監視サービスが利用できるほか、万が一の時は経験豊富な弁護士へネガティブ投稿の削除依頼もできます。

誹謗中傷や風評被害で悩んでいる企業は、自社のイメージや社員を守るためにも対策を急いだ方がよいでしょう。

画像出典元:「株式会社ライフデザイン」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ネット風評被害対策の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ネット風評被害対策
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ