ACMS WebFramer

記事更新日: 2021/01/21

執筆: 編集部

編集部コメント

「ACMS WebFramer」小規模な取引先を数多くもつ企業におすすめのEDIサービスです。多言語にも対応しているので、海外取引にも重宝します。

EDIを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

EDIツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

取引先にはウェブブラウザ環境を用意してもらうのみ。2,300社以上の導入実績もあり、高いシェアを誇っています。

悪い点

「ACMS WebFramer」単体では利用できず、B2Bサーバの「ACMS B2B」が必要となるという点は導入ハードルを上げています。

費用対効果:

UIと操作性:

業界ごとのテンプレートがあり、すぐに使い始められます。また、伝票印刷等の日頃発生する作業はアイコンが表示されるので、直感的に操作できます。

社外連携:

他社の基幹システムとの連携も可能。複数の顧客対応があっても、顧客に負担を掛けずに取引業務を始められます。

多言語対応:

多言語・タイムゾーンに対応しているため、海外取引業務のリスクを減らすことができ、グルーバル展開を検討している会社にとっても魅力的です。

ACMS WebFramerの特徴3つ

1. ITに詳しくなくても始められる

「ACMS WebFramer」の最大の特徴、それは、ITの知識や技術を持つ専門家がいなくても、Web-EDIシステム構築ができること。

小売企業での購買業務や販売業務をインターネットを介して行えるほか、商品マスター情報や生産情報、販売実績の参照・更新、社内情報共有等を一元管理。専門家がいなくても、企業内外のさまざまな業務を簡単にIT化できます。

社内にいくつもあるWeb-EDIシステムも、1つのシステムに統合でき、複数の業務を管理できます。

業務上必要な帳票の印刷、PDF化ができるほか、編集したデータのアップロードも可能。業務DBをベースにWeb画面上でレイアウト変更ができるなど、柔軟な操作性が魅力です。


販売、発注業務等を統合的に管理

2. 豊富なWeb-EDIテンプレートによるスピード導入

次に紹介する「ACMS WebFramer」の特徴、それは「Web-EDI用Webアプリケーション構築支援ツール」、「流通BMS対応Web-EDIテンプレート」、「電子機器業界調達業務向けWeb-EDIテンプレート」等のテンプレートが豊富に用意されていて、すぐに導入できること。日々の取引業務を効率化できます。

「Web-EDI用Webアプリケーション構築支援ツール」は、Webの専門的な知識がなくてもWeb-EDIシステムを短期間に構築できる機能。「ACMS WebFramer」本体が持つ業務管理やアカウント管理、セキュリティポリシー管理などの管理機能をすべて利用するため、システムの開発やテストにかかる時間やコストの大幅短縮が可能になります。

また、「流通BMS対応Web-EDIテンプレート」は、小売向けの業務テンプレートです。このテンプレートを使うことで、先方の小売業から採用を求められた場合も、すぐに対応が可能です。一方自社が先導する場合にも、取引先にブラウザが使える環境があれば利用できるため、調整負荷がかかりません。

このテンプレートでは、発注や出荷等、業務で利用する主要6メッセージがアイコンで表示されます。さらにメッセージ毎の状況確認とデータ入力ができる点の使いやすさに定評があります。


流通BMS対応Web-EDIテンプレートで一連の業務をスムーズに処理
 

マルチブラウザ対応のWeb-EDIシステムを構築

3. マルチタイムゾーン・クロスブラウザ対応の柔軟性

「ACMS WebFramer」の特徴3つ目は、マルチタイムゾーンやクロスブラウザに対応した柔軟性です。

多言語対応、マルチタイムゾーン、クロスブラウザにより、国内外・様々な企業と取引する上で制約を気にする必要がありません

また、管理機能としては、業務管理やアカウント管理、セキュリティポリシー管理などがあり、利用業務、利用時間などの権限設定を組織やポジションごとに細かく設定可能。効率的で安全な業務管理を推進できます。


複数企業に対してもSaaSで柔軟に対応可能

 

ACMS WebFramerの料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

ACMS WebFramerの評判・口コミ

短期間でのスムーズな流通BMS対応への移行を実現
株式会社ヤスサキ

利用していたEDIシステムの老朽化が顕著だったため、刷新を検討していました。「ACMS WebFramer」は実質2ヶ月足らずで構築ができ、スムーズなデータ移行にも成功しました。これによって取引先とのより正確なデータ共有、効率の高い店舗業務が実現、結果として取引先に配慮しつつ店舗オペレーションを効率化、法改正にも余裕で対応できるようになりました。

課題となっていた発注定常業務を大幅に削減
アズビル株式会社

当社はビルシステムから工場の監視制御システムまで、さまざまな製品・サービスを提供しています。このため、多様な部材・部品を調達する購買部の発注ボリュームは年間約50万件に達し、発注業務の効率化が課題となっていました。「ACMS WebFramer」稼働後は、同社とサプライヤー間の受発注データの煩雑な管理が解消され、バイヤー業務が大幅に簡素化されました。

*「ACMS WebFramer」公式HP参照

まとめ

この記事では「ACMS WebFramer」の特徴・評判を解説しました。小規模取引先を多くかかえる企業におすすめのEDIツ―ルです。なぜならば取引相手にWebブラウザ環境さえあれば取引業務を開始できるという手軽さが「ACMS WebFramer」の大きな特徴だからです。

規模としては、取引業務が多く作業が煩雑になってしまいがちな中規模以上の会社におすすめです。また、多言語・タイムゾーンにも対応しているので、グルーバル展開を検討している会社でも効果を発揮するでしょう。

画像出典元:「ACMS WebFramer」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

EDIの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

EDI
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ