Applications Manager

記事更新日: 2020/07/01

執筆: 編集部

編集部コメント

Applications Managerは、データベースやアプリケーションなど幅広いコンポーネントを一元監視できるAPM(アプリケーション性能管理)です。自動マッピングによるアプリケーション同士の依存関係を視覚的に把握し、トラブルの発生装置も一目瞭然です。システム状況を簡単に把握し、安定稼働を維持したいと考えている企業にはおすすめのシステムです。

1. 一元監視

様々なアプリケーションを一元監視

2. 予兆検知

アノマリ検知などでトラブルを回避

3. レポート機能

監視データから自動で統計データを算出

良い点

様々なアプリケーションを一元監視できます。可変しきい値やアノマリ検知など、トラブルの予兆検知機能があります。

悪い点

日本語での利用が可能ですが、一部制限事項があります。

費用対効果:

年間ライセンスと通常ライセンスがあります。3年を超えて使用する場合は、通常ライセンスの方が安くなります。

UIと操作性:

マッピングによるアプリケーションの依存関係など視覚的に把握できます。トラブル発生も、マッピング画面から原因装置の特定が可能です。

サポート体制:

専用サイトの設置があります。利用料金には年間保守サポートサービスが含まれています。

Applications Managerの特徴3つ

1. Webアプリケーション・データベース・ネットワークなどを一元監視

Applications Managerの最大の特徴は一元監視ができるところです。様々な監視対象をApplications Manager一つでカバーできます。

Applications Managerの監視対象は多種多様です。Webアプリケーションやデータベースはもちろんのこと、ネットワーク、プログラムソースコードなど様々なコンポーネントを対象としています。

システム障害の原因になりやすいデータベースの監視は項目が多く、管理者にとっては手間のかかる作業といえます。しかし、Applications Managerではわかりやすい管理画面を用い、異なるデータベースサーバーで構成された環境もエージェントレスでモニタリングします。

また、エンドユーザーが体感するサービスのタイムアップを計測すると同時にアプリケーションパフォーマンスを監視するなど、ユーザーの影響を最小限にするモニタリングもApplications Manager一つで行うことができます。


わかりやすい監視画面

2. トラブルの予兆検知

次に紹介するApplications Managerの特徴はトラブルの予兆検知です。Applications Managerでは、システムに問題が発生しトラブルが大きくなる前に、わずかな変化をキャッチします。

システム監視の異常検知にはしきい値が用いられています。Applications Managerでは、このしきい値に加え、過去のパフォーマンスデータをもとに可変しきい値を設定し、障害に繋がる動作を検知します。

例えば、過去一週間のデータの平均をもとにしきい値を決定した場合には、実情にあったしきい値が毎週更新されるため、予兆キャッチの他に、不要なアラートの発生を抑える効果もあります

また、平常時のパフォーマンスから外れた場合を異常とするアノマリ検知という方法もあります。過去一週間のデータをもとに正常範囲を設定することで、上昇や下降のトレンドなど、しきい値では気づきにくい変化も把握できます。

アノマリダッシュボードの画面イメージ

3. 自動マッピングで素早いトラブルシューティング

Applications Managerの特徴3つ目は自動マッピングです。それぞれのアプリケーションをマッピングして表示し、依存関係を把握しやすくします。

Applications Managerでは、ADDMというプラグインを用い、インフラをマッピング化し、その関係性の把握を簡単にします。従来はスプレッドシートなどを用いて行っていた作業も、ADDMで自動化され、複雑なIT環境を把握するための時間的なコストが削減できます。

マッピングは、それぞれの依存関係を把握することはもちろんですが、障害が発生した場合に原因となる装置をすぐに特定できるため、素早いトラブルシューティングが可能になります。


アプリケーションのマッピング
 
 
 

Applications Managerの料金プラン

年間ライセンスは306,000円~、通常ライセンスは734,000円~となっています。

年間ライセンスは年間保守サポートサービスが含まれており、1年ごとの更新になります。通常ライセンスは無期限の製品ライセンスと初年度のみの保守サポートサービスになります。

保守サポートサービスは1年毎の更新が必要ですが、3年を超えて利用する場合は通常ライセンスの方が割安になります。

30日間無料ですべての機能を試用できる評価版があります。この期間に限り、メールによる技術サポートも無料で利用できます。

Applications Managerの評判・口コミ

一元監視でコスト削減
株式会社バロックジャパンリミテッド

導入前に使用していた監視ツールはシステムごとだったため、運用コストが大きな負担でした。Applications Managerは各システムを一元監視できるため、運用負荷も削減しつつ、以前は監視していなかったシステムの状況も把握できるようになり、コストも1/5になりました。

情報システムの安定稼働に成功
金融機関

銀行業務のアプリケーションを多数抱えているため、正常稼働、問題の未然防止が必須です。Applications Managerの導入で、世界中で運営する銀行業務の情報システムの安定稼働に成功しています。

*「Applications Manager」公式HP参照

まとめ

様々なシステムを一元監視し、トラブルを未然に防ぎたいと考えている企業にはおすすめのシステムです。

それは豊富な監視対象をマッピングすることで視覚的に把握できる、というのがApplications Managerの大きな特徴だからです。

自動マッピングでのシステムの可視化に加え、可変しきい値やアノマリ検知などトラブルの未然防止機能も充実しています。

少しの変化もキャッチし大きなトラブルへの発展を回避する機能はApplications Managerならではといえるでしょう。可視化された管理画面では、異常を発生した装置が一目でわかるため、その後のトラブルシューティングも素早く行えます。

エンドユーザーからインフラまでのモニタリングをカバーし、トラブルの自動検知を行うApplications Managerは、工数削減だけでなくユーザー満足度の向上にも役立つシステムといえるでしょう。

画像出典元:「Applications Manager」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ