エンジェル投資家の探し方 | 出資を受けるためのポイント教えちゃいます!

エンジェル投資家の探し方 | 出資を受けるためのポイント教えちゃいます!

記事更新日: 2019/09/04

執筆: 武地昭憲

事業を育てるうえで必ず必要になってくるのがお金。それを解決してくれるのがエンジェル投資家と呼ばれている人たちです!

この記事では、エンジェル投資家の探し方から出資をしてもらうためのポイントを分かりやすく解説します。

エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家とは、起業したばかりの経営者に対して出資を行う投資家のことです。

出資は融資とは違って、返済の義務がありません。

そのためエンジェル投資家は、なんの実績もない起業家に資金を投じてくれる、まさに天使のような存在だといえます。

同じようにベンチャーやスタートアップに投資する組織としてベンチャーキャピタルがありますが、エンジェル投資家は個人で活動しているため、ベンチャーキャピタルに比べると比較的少額の投資を行うのが特徴です。

起業をして間もない、少額(数百万円単位)を集めたい起業家が資金調達するのに、エンジェル投資家が向いています。

エンジェル投資家の探し方3つ

エンジェル投資家の探し方としては、

  • ピッチコンテストへの参加
  • マッチングサイトの利用
  • 交流会やイベントへの参加

の主に3つあります。

その中で私が一番お勧めをする方法は、ピッチコンテストに参加をすることです。

なぜならエンジェル投資家に対して自社をアピールできるだけではなく、起業をしようとしている自分以外の人のレベル感を知ることができるため刺激になるからです。

そしてより起業へ向けて熟考できるだけではなく、コンテストで上位に入賞をするとエンジェル投資家へ向けて期待値が高いことをアピールでき、出資へのスピード感が上がってきます。

ピッチコンテストに参加をする

ピッチコンテストに参加をすることは、エンジェルが投資家に出会う方法の一つです。エンジェル投資家がピッチコンテストの審査員をしている場合も多いので、ピッチコンテストでのアピールを通して出資が決まる可能性があります。

さらに、自分の会社の魅力をしっかりとアピールできた場合、記事などで取り上げてもらえるため会社の広報にも繋がります。

そして何よりコンテストで賞を獲得すると賞金や支援金などを副賞で得ることができるのでエンジェル投資家と出会えるだけではなく、実際に起業する際に助け舟になるお金を獲得できるチャンスでもあります!!

しかし順位づけされるため、自信の喪失になる人もいます。

選ばれるかどうかというのと準備に時間がかかるためとても大変ですが、コンテストで成果を収め、注目度の高い起業家を目指しましょう!!

コンテストは、地方自治体が開催しているものから企業が開催しているもの、規模も大小それぞれあるので力試しに挑戦してみるのも面白いのではないでしょうか?

☆オススメのコンテスト

Infinity Ventures Summit

年に2回(今年2019年度は7月、12月に開催 ※参加は完全招待制)

Industry Co-Creation ™ (ICC)  サミット

年に2回(今年2019年度は2月、9月に開催)

B Dash Camp


年に1回(今年2019年度は10月29~31日開催、応募締め切りは未だ間に合う9月17日です!)

マッチングサイトを利用する

マッチングサイトの一番のメリットは簡単に多くの投資家から自分にあった投資家を見つけることができるということです。

あなたが、マッチングサイトを使う場合は、実名制のマッチングサイトを使いましょう。

なぜなら、実名制のマッチングサイトは安心材料が多く、料金も良心的なものが多いです。

それに対して匿名性や審査のないマッチングサイトは月額のお金がかかる場合が多いです。

そして、投資ではなく融資の相談を持ちかけられることがあったりと不安材料が多くお金を払って登録をしても損をしてしまうケースがあるのも事実です。

以上のことを踏まえて実名制の安心して使える、オススメのマッチングサイトを2件紹介いたします。

☆オススメのマッチングサイト

Startup List 月額5,000円(登録のみ0円)


特徴:国内のVCやCVC、事業会社のスタートアップに興味がある方もほぼ登録をしており、実名制で審査制があること。

法人としてエンジェル投資家も在籍(個人名義の方は現状入っていないですが、将来的にエンジェル投資家個人を入れる可能性ありです。)

ANGEL PORT 月額0円


フリマアプリ「Fril」創業者 堀井翔太さんが作ったマッチングサイト。

投資家はエンジェル投資家のみ。

SNSのDMと同じような機能のため気軽にご相談ができます。

全て実名、Facebookによる個人認証で登録利用可です。

交流会やイベントに参加する

交流会やイベントへの参加は、投資家にすぐに直接会えるという点ではメリットがあり、熱意をアピールできる場だと言えます。

しかし、どうしても会える投資家の数は限られてしまうので、自分にマッチする投資家と会えるかはわかりません。

交流会やイベントは、平日の夜に多く開催されています。

探せば探すほど交流会やイベントは多く開催されているので是非、あなたに合うエンジェル投資家が登壇するイベントをネットまたはFacebookなどで探してみてください。

エンジェル投資家が投資を決める5つの要素

エンジェル投資家が投資を決めるポイントは、起業経験ありのエンジェル投資家の場合、個人が起業家を応援したいか、起業経験がないエンジェル投資家の場合はリターンのために投資をすることが多いです。

それらのことに加えて投資を決める要素が5つあります。

市場:規模と成長性。プロダクトを展開する上で顕在する市場がどれだけあるか。

プロダクト:ターゲットとなるペルソナを理解できているか。既存の競合への勝ち目。

トラクション:KPIの成長率

事業計画:競争優位性などの勝ち筋の有無

経営チーム:志の高さとファクトベースで今の状態を話してくれる人

有名なエンジェル投資家

最近では、有名な起業家の方や著名人もエンジェル投資家として活躍をしていたりします。

以下で一部ではありますが、有名人エンジェル投資家を紹介させていただきます。

本田圭佑さん (元サッカー日本代表)

有安伸宏さん (コーチ・ユナイテッド創業者)

青柳直樹さん (メルペイ代表取締役)

家入一真さん (CAMPFIRE創業者)

伊藤穰一さん (MITメディアラボ所長)

川田尚吾さん (DeNA共同創業者)

松山大河さん (East Ventures創業者)

山田進太郎さん(メルカリ創業者)

木村新司さん (アトランティス設立)

出資を受ける際の3つの注意点

1. 出資金は使い方に気をつけなければいけない


出資金の使い方に気をつけなければ出資者から見放されてしまい、信用問題に関わります。

出資金は、会社が危ないときに助け舟になるので大事に使ってください。

2.完全に自由な経営ができなくなる


出資を受ける際には、出資金に応じて投資家に株式数に応じた「議決権(経営権)」を譲渡しなければいけません。

そして企業側よりも多い投資額をもつ投資家がいる場合、経営者よりも投資家が経営の実権を握ることになるため自由な経営ができなくなると言えます。

3.詐欺や事件に気をつける


エンジェル投資家を名乗る人からの「投資詐欺」が多い。「投資してあげるから、この事業に投資してみなよ」というパターンが多いので気をつけてください。

また、出資してくれた投資家が実は暴力団関係者だった場合、大企業、上場会社との取引をする際や株式上場の場面で深刻な問題になりかねないです。

まとめ

エンジェル投資家の探し方は、大きく分けて3通りありますが私の一番のオススメはピッチコンテストに参加をすることです。

準備は大変ですが自信があるのならピッチコンテストに出場し、優秀な成績を目指して起業家ライバルと競い合ってみてください。

そしてピッチコンテスト以外のエンジェル投資家の探し方は、多くの投資家の中から自分に合う投資家を探したいならマッチングサイト、実際にすぐに会い熱意を伝えたいなら交流会やイベントに参加をしてみてもいいかもしれません。

画像出典元:Unsplash

この記事に関連するラベル

最新の記事

ページトップへ