LibreOffice

記事更新日: 2021/03/17

執筆: 編集部

編集部コメント

「LibreOffice」は、無料で使えるMS Officeの互換ソフトです。Officeソフトの代替をコストを抑えて探しているという方にはうってつけのソフトです。インストールすればすぐに、MS OfficeのWord、Excel、Powerpointに対応した機能が利用できます。さらにWindows・Macどちらにも対応しているのも便利なポイントです。

良い点

MS officeと互換性があり無料で利用できるので、Officeソフトの基本機能を使えれば良いという方には、魅力的なソフトです。バージョンアップとともに互換性もさらに高まっています。

悪い点

Wordで作った文章やExcelのファイルを「LibreOffice」で開くと表のレイアウトが崩れるなど、100%互換性があるわけではないため注意が必要です。

費用対効果:

期間に関係なく、MS officeの代替機能が無料で使い続けられます。

UIと操作性:

シンプルで使い勝手の良いUIです。MS officeのWordやExcelに対応するソフトでも、ツールバーのレイアウトが似ているのが使いやすいポイントです。

サポート体制:

機能全般を網羅したマニュアル等がない点が惜しいポイントですが、「LibreOffice」のHPで機能やよくある質問を確認できます。

LibreOfficeの特徴3つ

1. 「LibreOffice」全体の特徴

仕事での文書・資料作成にMS Officeを利用している方は多いと思います。しかし、たまに使用する程度、という方や、送られたファイルを閲覧するために必要、という使用頻度の低い方には導入費用がかかることが少々デメリットになると思います。

「LibreOffice」の最大の特徴は、MS Officeと互換性があること、そして無料で利用できるという点です。

「LibreOffice」にはWord、Excel、PowerPoint、Publisherに対応する機能を持っています。MS Officeで作られたファイルを開くほか、「LibreOffice」で作ったファイルをMS Officeの拡張子で保存することも可能です。

筆者も初めて利用してみましたが、シンプルなUIで、基本的な操作についてはすぐに使いこなせるようになりました。

さらに、期間に限りがなく無料で利用できるのも嬉しいポイントです。まずは試しに利用してみるというのも良いでしょう。


Word、Excel、Powerpoint、Publisher、Accessに互換性がある

2. WriterとWordの比較

次にMS OfficeのWordに対応するWriterの機能を紹介します。WriterではWordファイルを編集できることはもちろん、最新のバージョンでは検索/置換機能やスペルチェックも可能で、よりWordの使用感に近づけています。

「LibreOffice」は、国際標準のオープンドキュメント形式であるODFを使用しています。そのため、Writerで文書を作成すると、拡張子が 「.odt」の形式になります。MS Officeに慣れている方は戸惑うかもしれませんが、もちろんMS OfficeのWordのように、「.docx」で保存することが可能です。さらにファイルをPDF化することもできるので便利です。

「Wordに組み込まれている表のレイアウトが、Writerで開くと崩れてしまう場合があるので注意が必要」という情報もありましたが、利用してみたところ、基本的な図表については不便なく使えています。


Writerの画面(スペルチェック機能)

3. CalcとExcelの比較

次に利用頻度が高いと想定されるCalcについて紹介します。CalcはMS OfficeのExcelに対応するスプレッドシートプログラムです。

「LibreOffice」ではスタイルの変更や背景色、枠線など書式設定の変更に柔軟に対応できます。さらに、関数を使った計算のほか、クロス集計やピボットテーブルにも対応しているので、売上予測や売上推移などを表やグラフで表すといった、一般的な業務利用が可能です。

組み込み関数を使ったテンプレート等も用意されており、使いやすさと高度な機能を両立しています。

実際に使ってみても、簡単な表作成やグラフ作成では問題なく使えます。操作の不慣れについては、各機能がアイコンでわかるのですぐに克服することができそうです。


Calcでグラフを作成

 

LibreOfficeの料金プラン

「LibreOffice」は、初期費用や追加費用が発生しない無料のツールです。利用期限もありません。

まとめ

この記事では「LibreOffice」の特徴・料金を解説しました。文書作成や表計算、資料作成をしたいけれど、費用は抑えたいという方や、WordやExcel、Powerpointの閲覧だけなど使用頻度が少ないという方にはおすすめです。それは無料でずっと使えてMS Officeの基本機能は網羅している、というのが「LibreOffice」の大きな特徴だからです。

シンプルなUIでMS Officeとの類似性もあるため、概ね不便を感じずに利用できます。

ただし、MS Officeと完全に互換性があるわけではなく、表やグラフはレイアウトが崩れてしまう場合もあるため、複雑な資料のやり取りをする場合には注意が必要です。

画像出典元:「LibreOffice」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ