roundz

記事更新日: 2020/09/30

執筆: 編集部

編集部コメント

roundzは操作が簡単なボイスチャットツール・バーチャルオフィスツールです。ビデオ会議を設定するほどではないけれど、会話で情報共有がしたい、できれば画面を見ながら簡単なディスカッションも行いたいという希望をかなえる便利なツールです。テレワーク・リモートワークでも社員同士のコミュニケーションを大切にしたいと考える企業にはおすすめのツールです。

1. 会話機能

キーボードを押すだけで会話可能

2. 画面共有

ワンクリックで画面を共有しながらの会話が可能

3. クロスプラットフォーム

Windows、Macの交互の会話が可能

良い点

キーボードを押すだけで会話ができます。またワンクリックで画面共有もできるので、会議を設定しなくても、気軽に会話ができます。

悪い点

ダウンロードやインストール後、メンバーの招待など最初の設定はやや手間がかかります。

費用対効果:

UIと操作性:

キーボードを押すだけで会話ができます。また、ワンクリックで画面共有も可能です。

セキュリティ:

通信はすべてSSL/TLSで暗号化されます。WebRTCの通信はSRTP/DTLSで暗号化され第三者への情報漏洩を防ぎます。

導入ハードル:

ダウンロード後インストールが必要です。画面構成は直感的に利用可能になっています。

roundzの特徴3つ

1. ボイスチャット機能

roundzの最大の特徴は、チャットやメールではなく、声にこだわっているところです。リモート環境でも隣にいるかのように会話ができます。

リモートワークを行う中で、会議を設定するほどではないけれど、メールでは伝えにくいから直接会話がしたいという状況を経験している人も多いのではないでしょうか。

そのような状況では声にこだわるroundzが最適です。

ログインしていれば、キーボードのキーを押すだけで簡単に会話ができます。わざわざ電話をかける必要もありません。文字だけでは伝わりにくい微妙なニュアンスも、直接会話をすることですばやく正確に伝わります。


文字ではなく声で伝えられます

2. 画面共有が可能

次に紹介するroundzの特徴は画面共有も可能なところです。詳細な打ち合わせも簡単にできます。

メールに資料を添付してのやり取りは時間もかかり、具体的な部分まではなかなか話が詰められません。変更や修正を行うにしても、数回のやり取りが必要で、時間も手間もかかります。

しかし、roundzではワンクリックで画面とマウスが共有できるので、資料をもとに会話をすることができます。自分の画面を共有して、マウスで指しながら会話ができるので、より細かい打ち合わせが可能になります。

まるでオフィスにいるかのような感覚でコミュニケーションが図れるのが魅力です。


会議を設定しなくても仕事が進みます

3. セキュリティも万全

roundzの特徴3つ目は、セキュリティがしっかりしているところです。気軽で簡単な一方で、セキュリティ対策も万全なので、安心して利用できます。

roundzでは全ての通信にインターネットで広く使われているSSL/TLSを利用しています。これは第三者に情報が漏洩することを防ぐため、通信の内容を暗号化するという世界標準のセキュリティ技術です。

また、通話や画面共有にはWebRTCを利用して、その中継サーバーとしてNTTコミュニケーションズ社のSkywayサーバーを利用しています。こちらも第三者への情報漏洩を防ぐためSRTP/DTLSにより暗号化しています。

その他にも、データの保管については、Google社が提供するFirebaseの利用、ラウンズ社内でのアクセス制限など、厳重な管理が行われています。


セキュリティ対策も万全

 

roundzの料金プラン

料金の詳細については、お問い合わせをする必要があります。

roundzの評判・口コミ

メニュー選びの参考になり、売上アップ
Ruten エンジニアAさん

基本的に繋がっていて話しかけられる環境は、億劫な電話やWEB会議よりもありがたいです。

いつでも数字を把握でき、分析もしやすい
Parasol CEO Iさん

事業を拡大している最中でテレワークが増員している中、重要なインフラとして利用しています。

*「roundz」公式HP参照

まとめ

この記事ではroundzの特徴・評判・料金を解説しました。

メールやチャットではなく、声でコミュニケーションをとりたいと考えている企業にはおすすめのツールです。それはトランシーバーのように気軽に会話ができる、というのがroundzの大きな特徴だからです。

リモートで仕事をしていても、ビデオ会議を設定するほどではないけれどちょっとしたことを伝えたい場合、メールではなく言葉で直接説明したいなどというときに活躍するツールです。

ワンクリックで画面共有をしながら会話もできるため、まるで隣にいるかのように仕事がはかどります。

リモートワークで全員そろって仕事をする機会が減っている昨今、気軽なコミュニケーションツールとして利用できます。

文字だけでなく、会話をすることで生まれるコミュニケーションから仕事の進捗を期待する企業にはおすすめのツールといえるでしょう。

画像出典元:「roundz」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ