USEN GATE02

記事更新日: 2020/06/24

執筆: 編集部

運営コメント

幅広い分野で高い導入実績を誇るデジタルアーツ社の「i-FILTER」により、最新のWeb脅威に最適化されたカテゴリ分類で、万全のWebセキュリティを実現します。

1. クラウド型の「入口・出口対策」

ウイルスの侵入や危険なサイトへのアクセスを防止する「入口対策」と重要情報の漏洩などを検知・遮断する「出口対策」をクラウドで実現

2. 情報漏えい対策とフォレンジックを強化

Webアクセスの可視化による故意・不用意な情報漏えいを防ぎフォレンジック(証跡)を強化。

3. 標的型攻撃に対するサンドボックス機能

隔離された仮想環境で外部から取得したファイルを実行、未知のマルウェアも検知。

良い点

クラウド型の「入口・出口対策」やWebアクセスの可視化による情報漏えいを防ぎフォレンジック(証跡)を強化します。

悪い点

無料トライアルはありません。

費用対効果:

UIと操作性:

すでにプリセット登録されている業界最多の101種類の規制カテゴリにより、設定も簡単です。

USEN GATE02(ユーセンゲート)の3つの特徴

1.Webフィルタリング「i-FILTER」

幅広い分野で高い導入実績を誇るデジタルアーツ社の「i-FILTER」を採用し、最新のWeb脅威に最適化されたカテゴリ分類で、万全のWebセキュリティを実現します。

デジタルアーツが培ってきたデータベース収集技術のノウハウと、特許を取得したフィルタリング方式「ZBRAIN」により、未知のサイトに対応します。

2.充実した管理インタフェース

サイトごとのアクセスの許可・不許可、管理強度設定、様々なルール設定ができるので、社内のポリシーや社員のアクセス状況に合わせて自由にカスタマイズが可能です。

SNSなどの掲示板への閲覧だけを許可し、書き込みやアップロードをブロックすることができます。IDやパスワードなど必要最低限のバイト数に書き込みを制限したり、書き込みに含まれる単語によってブロックするよう設定したりすることも可能です。

また、設定内容をCSV形式で出力できるので管理も簡単です。

3.国内最高水準の「実用的な101種のカテゴリ」

掲示板やSNSからフィッシングサイトまで、規制の対象となり得るサイトをほぼ網羅した、業界最多の101種類の規制カテゴリ(デフォルト92種とユーザー定義が10種)をプリセット登録しているため設定が簡単です。

URLデータベース数、精度ともに業界最高水準で、悪意ある誘導を遮断する最新の「出口対策データベース」を搭載しています。また、従来のWebフィルタリング製品では対応できていなかった、主要ポータルサイトのキャッシュ検索に完全対応しています。

USEN GATE02(ユーセンゲート)の料金プラン

予算・要望によって金額が異なります。お問い合わせが必要となります。

まとめ

USEN GATE02(ユーセンゲート)の特徴・評判・料金について解説しました。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「USEN GATE02」公式HP

その他の【フィルタリング】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ