InterSafe WebFilter

記事更新日: 2020/06/24

執筆: 編集部

運営コメント

InterSafe WebFilterは、携帯キャリア採用率100%の高精度データベースに基づくフィルタリングで万全な情報漏洩対策が可能、テレワークにもおすすめの国産Web/URLフィルタリングソフトです。複数のフィルタリング、異常やトラブルを知らせる通知機能などにより、管理者の手間や負担を軽減でき、過剰な規制や漏れのない適切なセキュリティ環境を整備することができます。

1. セーフサーチロック機能

検索エンジンのセーフサーチ機能を強制適用

2. サービスフィルタ機能

特定サービスの利用を許可制にする

3. メール通知機能

サービス異常、設定変更があった際メールで通知

良い点

フィルタリング設定やWebサービスの規制設定などが、簡単にできるので、専門的な知識が無い方でも簡単に利用できます。国産という点でも安心です。

悪い点

スマホやタブレットを使用する場合は「InterSafe MobileSecurity」という別のサービスを利用する必要があります。

費用対効果:

端末数と契約年数が増えるごとに料金は割安となるので、ユーザー数が多い企業(団体)ほど、コストパフォーマンスは良いといえます。

UIと操作性:

サイトへのアクセス状況やログをわかりやすく可視化して把握でき、簡単な操作で閲覧・分析ができるようになっています。

サポート体制:

製品サポートのFAQが充実しているだけでなく、電話での問い合わせにも対応してもらえます。

セキュリティ:

社内外からのサイバー攻撃やウイルス侵入に対する万全対策がなされていて、情報漏洩やシステム損傷の心配なく利用できます。

InterSafe WebFilterの特徴2つ

1. サイバー攻撃対策がしっかりされている

1つ目の特徴は、「サイバー攻撃対策(外部脅威対策)がしっかりされている」ことです。

InterSafe WebFilterでは、2つのフィルタリングエンジンを用意することで、外部からの侵入やウイルスを二重で防止することができます。

今までアクセスしたことのないURLなどへのアクセスの際にも二重のフィルターをかけることで安全に閲覧ができます。

例えば、未分類サイトへのアクセスが発生した際は、ユーザは閲覧申請等の手間なく、ブラウザコンテナ経由で安全に閲覧できるようになるため、申請の許可を判断する管理者の確認業務の軽減にも役立ちます。


2つのフィルタリングエンジンでサイトへ安全にアクセスできる

2. 内部からの漏洩対策も万全

2つ目の特徴は、「内部からの漏洩対策(内部脅威対策)も万全にできる」ことです。

InterSafe WebFilterは多くの従業員が在籍している企業や、多くの学生がWeb環境を利用する学校でも活躍しています。こうした場では、様々な人たちがWebサイトへアクセスし、社内・学内のシステムやソフトとの情報共有によって、内部から情報が漏れてしまうことを恐れている担当者もいるでしょう。

そのような不安も解決してくれるのがInterSafe WebFilterの特徴で、柔軟にWebアクセスを制御することができます。

例えば、閲覧は許可し、書き込みのみブロックするといった設定をおこなうことが可能です。担当者では手が回りきらない部分までもきめ細かい管理ができるので、情報漏洩防止だけでなく業務効率の向上も実現できます。


柔軟にWebアクセスを制御


さらに、業務中使用するWebサービスやアカウントのみ許可して、私的利用や情報漏洩を防止することもできます。

Webアクセスに関する過剰な規制は業務効率を低下させることから、柔軟な選択が可能という点は大きな魅力といえるでしょう。このサービスフィルタ機能を使用すれば、利用したいサービスを管理画面で選択するだけで利用を許可することができるので、手間や負担もかからずに企業にとって安心・安全な環境を保つことができます。


必要なWebサービスだけを利用許可できる


また、社内や学校の授業でYouTubeなどを視聴する場合も、閲覧すべきチャンネルのみを許可するという設定が可能です。SNSやブログの閲覧の際にも、閲覧は許可する一方で書き込みを規制したり、Webアクセスのログ管理などもできるようになっており、InterSafe WebFilterによってあらゆるWebアクセスへのセキュリティ環境を整備することが可能です。

InterSafe WebFilterの料金プラン

「一般ライセンス」、「ガバメントライセンス」、「アカデミックライセンス」と3つのプランが用意されています。

官公庁、教育機関以外の一般企業向けには一般ライセンスが適用となり、1~5ユーザあたり5万円~(1年契約)となっています。

ユーザー数と契約年数に応じて料金設定がされていて、契約年数が長ければ長いほど、1年あたりの料金は割安となります。

オプション製品などが必要な場合は別途費用がかかります。

InterSafe WebFilterの評判・口コミ

高負荷がかかるWeb環境でも、利便性を損なわずに運用できる
ソフトブレーン株式会社

事業の拡大と併せて従業員数が増え、クラウド業務アプリの利用も拡大していき、管理が難しくなったことで導入を決めました。Gmailの利用で閲覧トラブルなども起きていましたが、InterSafe WebFilterのフィルタリング機能のおかげで利便性を保ちながら従業員たちのWebアクセスが可能となりました。

高いフィルタリング精度で、容易なアクセス管理を実現
株式会社システム・コミュニケート

昨今の情報漏洩事件・事故の頻発により、取引先が求めるセキュリティ対策もより高度なものとなり、対策強化のため導入を決めました。国産製品ならではのフィルタリング精度の高さで容易なアクセス管理を実現することができ、カスタマイズも多く必要ないのも負担軽減となっています。取引先からの評価も高く運用できています。

*「InterSafe WebFilter」公式HP参照

まとめ

InterSafe WebFilterはなんといってもフィルタリング機能が充実しています。発売されて20年近く経っており、多くの実績やノウハウがも蓄積されているので、ユーザーのあらゆるニーズに応えられるようになっています。

企業だけでなく官公庁や学校で使う場合も、標準で用意されているルールで十分に対応できるのでおすすめです。

また、わかりやすい操作フローで、専門的な知識が無い方でも戸惑うことなく利用できます。

充実したFAQだけでなく、迅速かつ的確な電話サポートまで受けられるという点も安心です。

何か異常やトラブルがあった際にはアラート機能で通知してもらえるので、管理者の業務効率を向上させながら、セキュアな環境での運用が期待できるでしょう。

画像出典元:「InterSafe WebFilter」公式HP

その他の【フィルタリング】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ