快速仕訳

記事更新日: 2020/05/20

執筆: 編集部

編集部コメント

アプリをインストールするだけで簡単に白色申告、青色申告の帳簿を直感的な入力で作成できます。ユーザー登録不要で無料なので個人事業主や法人など幅広く活用できます。

登録不要ですぐに使用可能

アカウント作成は必要なく、登録不要でインストール直後にすぐに使用可能。

数タップで仕訳入力

白色申告、青色申告の帳簿を直感的に数タップで入力できるスマホでの仕訳入力支援アプリ。

会計ソフトへのデータ出力

作成した仕訳帳の一覧はCSV形式でデータ出力可能で、弥生会計・やよいの青色申告、会計freee、MFクラウドの会計ソフトにインポートできる形式でも作成可能。

良い点

ユーザー登録なしですぐに使用でき、いつでもどこでも、直感的な操作で仕訳入力ができます。

悪い点

Androidのみのアプリです。マニュアルなどがないので簿記の知識が全くない方には少しハードルが高いようです。

費用対効果:

無料版は全ての機能が使えますが、仕訳入力が月20件の制限(削除しても入力20件)があります。

UIと操作性:

アカウントの作成は必要なく、登録不要でインストール直後にすぐ使用可能で、数タップで直感的な操作で入力できます。

快速仕訳の3つの特徴

1.家計簿感覚で入力可能

支払・受取方法と科目(勘定科目)を選択して家計簿感覚で入力でき、複式簿記をあまり意識せずに青色申告に使える帳簿が作成できます。

仕訳帳は自動的に複式簿記の形式のように表示されます。収入と支出の金額が青色と赤色の金額で表示されるため入出金が分かりやすく、フリーワードでの検索ができ、表示内容を絞ることができます。

2.経営分析に役立つ残高管理

試算表で科目ごとの月別、年別の残高管理が行えます。今月何にいくら使ったかを確認でき、経営分析にも役立ちます。

また補助科目明細からは対象の補助科目のみが使われている仕訳一覧を表示して確認することができます。

3.便利な機能

仕訳入力時に便利な”連続入力”、仕訳をコピー(複写)で毎日・毎月の入力がさらに便利になります。

電卓入力は、消費税の10%、8%に対応。

快速仕訳の料金プラン

無料版は全ての機能が使えますが、仕訳入力が月20件の制限(削除しても入力20件)があります。

プレミアム登録すれば、月の入力は無制限になります。

300円/月または3000円/年の2プランがあります。

まとめ

快速仕訳の特徴・評判・料金について解説しました。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「快速仕訳」公式HP

その他の会計アプリ

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ