テレマティクスサービス

記事更新日: 2021/04/12

執筆: 編集部

編集部コメント

テレマティクスサービスは、移動体に通信システムを利用した車両管理システムです。多くの車などを管理している企業には、効率よく配車指示や状況把握ができるようになるのでおすすめです。

1. 運行管理サービス

業務の効率的な管理をサポート

2. 安全運転管理サービス

事故防止のための管理をサポート

3. 動態管理サービス

位置情報取得で、状況をリアルタイムに把握

良い点

GPS情報を利用したサービスで、効率的な状況把握やシステム運用が可能です。

悪い点

導入費用や運用コストなどの料金の詳細については問い合わせる必要があります。

費用対効果:

UIと操作性:

スマートフォンやタブレット端末にも対応していて、QRコードを読み取り、ボタンを押すだけでシステムに接続できます。

デザイン:

誰でも直感的に操作が出来る簡単な画面設計です。

導入ハードル:

車載器やデバイス契約毎にアカウント情報を管理する必要がないので導入ハードルは低く、既に社内で利用しているシステムとも連携可能です。

テレマティクスサービスの特徴3つ

1. マルチデバイスに対応している

テレマティクスサービスの1つ目の特徴は、「マルチデバイスに対応している」ことです。

導入する際も、車載器やデバイス契約毎にアカウント情報を個別で管理する必要はありません。そのため導入しやすく、既に社内で利用しているシステムとも連携可能です。

マルチデバイスに対応

2. ランニングコストを大幅に削減できる

2つ目の特徴は、「ランニングコストを大幅に削減できる」点です。

テレマティクスサービスでは、ゼンリン地図やクラウドサーバを利用したサービスでランニングコストの削減が実現できます。

また、画面設計も現在位置情報や走行履歴の確認など直感的に操作が出来るものになっています。

このように、知識がない方でも使いやすいため、社用車に設置する場合でも社内マニュアルを用意するなどの手間が省け、業務の効率化アップにも繋がります。

簡単な画面設計で操作に手間取る心配もない

3. スマートフォンやタブレット端末へのサービスも可能

3つ目の特徴は、「スマートフォンやタブレット端末へのサービス提供も可能」なことです。

連携機能を利用するステップは、固有のIDが記録されたQRコードを読み取ったあとボタンを押すというかんたんな操作だけです。

位置情報はクラウドサーバにアップロードされるので、地図上で現在位置情報や移動履歴を見ることができます。この機能があれば、営業担当の社員の動向や、運送業者の無駄のない配送ルートの確定など、様々なビジネスシーンで活用できるでしょう。

画面イメージ

テレマティクスサービスの料金プラン

料金の詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

テレマティクスサービスの評判・口コミ

作業員の手を煩わせることなくシステムの運用が可能に
東北地方整備局

除雪機械(約400台)の位置と状態をリアルタイムに監視できるシステムを求めて、テレマティクスサービスの導入を決めました。現場作業員の手を煩わせることなく除雪機械の 動態管理ができるようになり、効率よく情報共有や指示ができるようになりました。

*「テレマティクスサービス」公式HP参照

まとめ

テレマティクスサービスは、複数の車載器やデバイスの情報を一元管理できるので、多くの車体を管理している企業におすすめです。

マルチデバイスに対応していて操作が簡単という管理者にとってのメリットだけでなく、車のシガーソケットなどから電源をとる端末を取り入れているなど、管理されている車の運転者にとっても負担が少なく利用できます。

車両管理システムを手軽に、操作の負担なく導入したいという企業にうってつけです。

画像出典元:「テレマティクスサービス」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ