Smart Drive Fleet

記事更新日: 2021/04/27

執筆: 編集部

編集部コメント

会社を出発した車両はその後の追跡が難しく、位置情報の確認も困難になることがほとんどです。そのため、適切な指示を出すことができない状況になることも少なくないでしょう。「Smart Drive Fleet」を導入すれば車両の走行状況を正確に把握できるため、指示も出しやすくなるでしょう。

1. リアルタイムGPS管理機能

走行車両の位置を把握して指示を出せる

2. コンプライアンス強化機能

長時間労働や私的利用などを可視化できる

3. 安全運転診断機能

危険運転を自動検知し、走行ごとに管理者へ通知できる

良い点

「Smart Drive Fleet」は車載デバイスを車両のシガーソケットに装着するだけで準備完了、管理画面または専用アプリへのログインですぐに利用できます。そのため、特別な知識を持たない方でも難なく導入、利用できるというメリットがあります。

悪い点

安価で利用できるサービスですが、有償サポートサービスやオプションは初期費用や月額プラン料金に含まれておらず、別途費用が必要になります。

費用対効果:

安価に導入できる割には高性能な製品で、導入が作業の効率化や事故予防に役立つでしょう。

UIと操作性:

車両のシガーソケットに車載デバイスを装着するだけで利用でき、それ以外の特別な操作は必要ありません。

社外連携:

社外連携には対応していません。

Smart Drive Fleetの特徴3つ

1. リアルタイムな位置確認が可能

走行中のドライバーに指示を出したいと考えても、現在ドライバーがどこを走行中か把握できなければ適切な指示は出せません。

また、たまたま連絡がとれて指示を出せる環境だったとしても、ドライバーの現在位置によっては、指示を出すことで逆に業務が非効率になってしまうこともあるでしょう。

一方、「Smart Drive Fleet」はドライバーがどこを走行中か正確に把握できるだけではなく、速やかに的確な指示を出すことができるため業務の効率化に役立ちます。

このように業務の効率化を図れれば、それをセールスポイントとして営業活動にも利用できますね。


ドライバーの位置を正確に把握

2. 走行履歴・日報機能で勤怠を可視化

「Smart Drive Fleet」の走行履歴や日報機能を活用すれば、ドライバーの勤怠を正確に管理でき、長時間労働の有無や運行ルートの合理性などを把握できます。

特にルート営業の場合では1日の訪問件数を把握し、できるだけ効率良く車両を活用する必要があります。

そのようなときに「Smart Drive Fleet」を導入すれば、運行ルートをすぐに確認できるため、より効率の良いルートを探し出して業務を円滑に進めることができるでしょう。

また、働き方改革で多種多様な働き方を選択する人が増えている中、「Smart Drive Fleet」があればスタッフの業務量を的確に把握することも可能になります。


勤怠の可視化にも応用可能

3. 安全運転診断機能で安全運転促進・交通事故の激減を目指す

近年、社会問題として取り上げられることが多くなったのが”あおり運転”です。もちろん、プロのドライバーならあおり運転はもってのほかです。

しかし、ドライバーの運転の癖によってはあおり運転と捉えられることもあり、これが思いもよらぬトラブルに発展する可能性もあるのです。

「Smart Drive Fleet」では、安全運転診断という機能があり、ドライバー1人ひとりの運転の癖を可視化できるため、それをもとに適切な指導を行うことが可能になります。

安全運転診断の結果はドライバー自身も専用アプリで確認できます。


安全運転診断機能で危険運転を排除

 

Smart Drive Fleetの料金プラン

初期費用:50,000円~/社(初回契約時のみ)

車載デバイス代:37,800円~/台

月額プラン料金:2,480円~/台

なお、体験無料版も利用できます。

Smart Drive Fleetの評判・口コミ

労基法遵守目的で導入を決定
有限会社One up様

介護タクシーは、保険で利用する車両とは異なる課題を持っていました。それは、ドライバーの労働時間管理です。今までは自己申告制でしたが、万が一、基準を越えてしまうと労働基準法違反になりますし、ドライバーも過労で体調を崩すかもしれない。そこで労基法を遵守するために管理が徹底できるツールを探したところ、確実に記録を残すことができるうえ、誰もが簡単に設置と管理ができる「SmartDrive Fleet」を試してみたいと思ったのです。

導入が安全運転の啓蒙に
株式会社セガエンタテイメント様

導入から3カ月が経過し、管理者視点では普段の走行距離、安全運転診断によるドライバーの運転状況、走行ルートが明確にわかるようになり、非常に助かっています。また、個別に運転の点数が出ますので、ドライバー自身の安全運転に対する意識が高まりましたね。利用者(ドライバー)からは、「運転日報が手書きから自動に変わって手間がなくなった」「走行記録が見直せるようになった」「安全運転診断で自分の運転を見直せるようになった」など、ポジティブな声が上がっています。 

*「Smart Drive Fleet」公式HP参照

まとめ

車両管理システムにはさまざまな種類があり、その中には車載デバイスの取り付け作業が複雑なものもあります。

「Smart Drive Fleet」は車載デバイスを車両のシガーソケットに装着するだけで利用可能になりますので、最短で車両管理システムを導入したい場合には特におすすめです。

このシステムでは、走行中の車両の位置を正確に把握して指示を出せるだけでなく、安全運転診断機能でドライバーの運転の癖を把握し、適切な安全運転指導を行えるというメリットもあります。

業務の効率化はもとより交通事故の削減を目指すのなら、この機会に「Smart Drive Fleet」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Smart Drive Fleet」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ