Cariot

記事更新日: 2021/04/27

執筆: 編集部

編集部コメント

車両管理や配車手配を人力だけに頼っていると、車両の現在位置を把握できず、配車予定時間に車両が目的地に到着しないといったトラブルが発生することがあります。それなら、リアルタイムに車両管理や配車手配をオートメーションで確認できる車両管理システム「Cariot」を導入してみてはいかがでしょうか。車両情報をデータ化して一元管理できるため、トラブル回避や業務の効率化を狙えます。

1. 走行状況の改善機能

GPSによる動態管理ルート配送の最適化など、走行状況の改善化を図れる

2. 到着時間の連絡機能

位置情報をさまざまな人と共有し、配送先に到着予定時間を連絡できる

3. 管理の効率化

車両ごとの走行時間や拠点ごとの台数など、目的に応じたレポートを自動作成できる

良い点

「Cariot」の導入は簡単で、対象車両に車載デバイスを取り付けて、デバイスから送られてきたデータを確認するだけで各車両の管理を効率良く行えます。

悪い点

車載デバイスの種類が多く、取り付けが少々難しいと感じる可能性があります。業者による取り付けも依頼できますが、この場合では別途取り付け工賃が発生するため、こちらの分もあらかじめ予算に入れておく必要がありそうです。

費用対効果:

導入によって複数の車両を一元管理できるため、作業の効率化や人件費のコスト削減に役立つでしょう。

UIと操作性:

車載デバイスの取り付けで少々専門的な作業が必要になる可能性があります。

社外連携:

必要なデータだけを選択して社外の人と共有できるほか、Googleマップやスマートフォンアプリにも対応しています。

Cariotの特徴3つ

1. 全車両情報の可視化を実現

「Cariot」には、車両の特定や車両の運行状況・走行記録、車両の滞留位置などの機能が備わっているため、事故の早期発見や渋滞状況などを一目瞭然で確認できます。

また、車両の運行ルートや稼働状況も把握できるため、非効率な運行ルートや車両の老朽化などの問題点の発見・改善にも役立つと言えるでしょう。

全車両の情報を一目瞭然に確認できる

さらに、危険運転情報の自動検知機能も備わっているため、危険運転が多いドライバーには直接指導することが可能です。

これにより、ドライバーの危険運転による交通事故の削減を実現できるでしょう。


危険運転検知機能で事故防止

2. レポート機能が充実

車載デバイス経由であらゆる車両情報が正確に記録されるので、アナログ管理で起こる可能性がある、入力ミスあるいは入力漏れを軽減できます。

また、近年問題になっているのがドライバーの長時間運転による事故の発生です。

「Cariot」では、正確なレポートを作成することにより、深夜運転や長時間ドライバーを抽出できるので、ドライバーの労働環境をも整えられます。


自動レポート作成で手入力によるミスを軽減
 


車両業務管理で業務の効率化やドライバーの保護を実現

3. 専用スマートフォンアプリとの連動が可能

「Cariot」には専用スマートフォンアプリが用意されているため、アプリと連動させることで外出先からでも車両情報をリアルタイムに確認できます。

このアプリは専用デバイスとほぼ同様の使い方で利用できますので、特に外出が多い方はインストールしておいたほうが便利でしょう。

なお、このアプリではレンタカーやカーシェアで利用している車両なども車種に関係なく専用デバイス不要で管理できます。

専用スマートフォンアプリの機能

Cariotの料金プラン

「Cariot」に必要なデバイスと料金は以下の通りで、レンタルまたは購入で導入できます。


シガーGPS、ドライブレコーダー(レンタル)
 

ドライブレコーダー、OBD2(レンタル)
 

シガーGPS、ドライブレコーダー(購入)
 
OBD2(購入)


その他オプションも用意されています。


月額ライセンス料金


なお、複数年契約やキャンペーンなどによりライセンス料金が異なる場合がありますので、詳細については導入時にご確認ください。

Cariotの評判・口コミ

コミュニケーションの業務工数の大幅削減に成功
株式会社THE LUXURY FLEET 様

「車両のリアルタイムな位置情報をシステムで把握し、コミュニケーションにかかる業務工数を削減!煩雑なやり取りを無くし日々の仕事がスムーズになりました」

走行状況をリアルタイムや現場の人材育成を実現
ランスタッド株式会社様

「現場の走行状況がリアルタイムに把握が可能に。「業務効率化」「事故抑制・軽減」だけでなく、課題を洗い出し、具体的な指導でドライバーの「人材育成」を同時に実現。お客様にとってより価値のあるサービスを展開することが今後のミッション」

*「Cariot」公式HP参照

まとめ

車両を取り扱う業務では、車両の走行状況や現在位置、運転状況などをできるだけ正確に把握しておく必要があります。しかし、電話連絡だけでコミュニケーションをとっている状況では、リアルタイムにこれらを把握するのは困難でしょう。

そのような状況でお困りなら、車両管理システムで合理的な管理を行うのが一番の方法です。

「Cariot」は、車載デバイスを各車両に設置するだけですべての車両管理が可能になります。

業務の効率化やドライバー保護体制を強化するためにも、この機会に「Cariot」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Cariot」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ