コンテンツマーケティングとは?成功事例から学ぶコツを解説!

コンテンツマーケティングとは?成功事例から学ぶコツを解説!

記事更新日: 2021/04/07

執筆: 編集部

「自社のサイトの集客率をアップしたいけど、なかなか集まらない…」

「上司からコンテンツマーケティングをするように言われたけど、やり方が分からない…」

このように悩んだことはありませんか?

コンテンツマーケティングとは、簡単に言えば「ユーザーに価値のある情報を提供しファン化させ、問い合わせや商品購入といった行動に繋がせる」というものです。

一見敷居が高そうに見えますが、しっかりと意味を理解してコツを学んでいけば、コンテンツマーケティングの成功率をぐっと上げることができます。

今回はコンテンツマーケティングとは何か、また成功するには一体どうすればいいのかをご紹介していきます。

このページの目次

コンテンツマーケティングとはなにか?そのメリットは?

コンテンツマーケティングとは、先述したとおり「ユーザーにとって価値のある(読み応えのある)コンテンツを作成し、徐々にファン化させ最終的に自社の商品の購入やお問い合わせなどの行動を促す作戦」のことです。

もっと簡単に言えば、「製品の売上げアップを目指す」作戦ということです。

コンテンツマーケティングを行うことで、通常よりも集客率がアップする・継続的に売上を伸ばせるといった効果も出てきます。

ただ、中には「コンテンツマーケティングを行うメリットがどういったものか分からない」といった人もいるでしょう。

ここではそんな人のために、コンテンツマーケティングを行うメリットについて詳しく解説していきます。

1. マーケティングを行うことでSNSシェア率や集客率がアップしやすい

まず、マーケティングを行うことでSNSのシェア率や集客率がアップしやすくなるというメリットがあります。

良質な記事や読み応えのある記事ほど、SNSで拡散されやすく、そして集客も見込めます。

シェア率が上がれば、コンテンツを見る人も増え、そして紹介している商品などに注目されやすくなります。

そういった効果が見込みやすいのが、コンテンツマーケティングの最大のメリットです。

2. 他の方法と比べると参入しやすい

コンテンツマーケティングは広告と違って費用がほぼかからないため、他の方法よりも参入しやすいというメリットがあります。

ユーザーのニーズ(求めている情報)の調査・ペルソナの詳細な設定・コンテンツの制作などで多少時間はかかってしまいますが、その分しっかりとコツを抑えておけば費用をかけずに最大の利益を生むことも可能です。

また、Googleが提供している「Googleキーワードプランナー」といった無料ツールを使えば、ユーザーがどんな情報を求めているのかが端的に分かります。

コンテンツマーケティングの魅力は、「広告よりも低予算で行える」というところです。

3. 継続的にアクセスされやすくなる

また、資産として残るというメリットもあります。

コンテンツマーケティングを行うことで、アクセス率や購入率を上げることに成功したコンテンツは継続的にアクセスされやすくなります。

継続的にアクセスされれば、購入率もほぼ安定しやすいです。

一つのコンテンツに継続的にアクセスされれば、他に公開しているコンテンツも注目されやすく、サイト全体の評価もアップしやすくなります。

すぐに利益を見込めるというわけではありませんが、しっかりと対策をした上でマーケティングを行っていけば将来的に大きなリターンを得ることも可能です。

コンテンツマーケティングとSEOの違い

サイトを多くのユーザーに見てもらうのに必要な「SEO」。

集客するという観点から見て、コンテンツマーケティングとかなり似ていると思う人もいるでしょう。

ですが、実際はかなり大きな違いがあるのです。

ここでは、コンテンツマーケティングとSEOの大まかな違いを3つほどご紹介していきます。

1. SEOはアクセス数・コンテンツマーケティングは購入数の獲得が目標

まず、SEOとコンテンツマーケティングは「目標」が大きく異なってきます。

SEOの場合はあくまで「アクセス数の獲得」、コンテンツマーケティングはアクセス数だけではなく「商品の購入数の獲得」が目標になっています。

SEO対策をしてユーザーアクセス数を獲得→そこにコンテンツマーケティングをして、商品の購入を促すという意味になるので、目標からそもそも違うことを理解しておきましょう。

2. SEOはテキスト中心・コンテンツマーケティングはテキスト以外の媒体も使って集客

SEOとコンテンツマーケティングの違いは、「コンテンツ」にもあります。

SEOは基本的にテキストを中心に使われることが多いです。

文字数や情報量の多さが特徴的で、そこに「ユーザーが求めている情報」「対策キーワードが入っているか」が重視されます。

一方、コンテンツマーケティングの場合は購入意欲を満たすためにテキスト以外の媒体も使います。

動画やメルマガ・セミナーなどの多様な媒体を利用し、購入へ至らせるためSEO対策よりも中身をより重視しているのが特徴的です。

3. SEOは内部対策の強化・コンテンツマーケティングは新規の顧客獲得が目的

SEO対策は、あくまで内部対策を強化するのが目的です。

内部から対策することで、サイトからのアクセス数をチェックし「どれだけのユーザーがサイトを見てくれるか」が重視されます。

一方、コンテンツマーケティングは自社の商品を購入してくれる「新規顧客の獲得」が目的になっています。

SEOとコンテンツマーケティングの最大の違いは、「単純なアクセス数アップ」「商品の購入率のアップ」であることを理解しましょう。

コンテンツマーケティングを成功に導くコツとは?

では、コンテンツマーケティングを成功に導くには一体どうすればいいのでしょうか?

そのコツを下記で詳しく解説していきます。

顧客のニーズをしっかりと調査しておく

まず、顧客のニーズをしっかりと調査しておきましょう。

「顧客は何を求めているか」はもちろんですが、そこからさらに掘り下げて「顧客の購入意欲を上げるには、どんな情報を付随すればいいか」も入念に調査しておくといいでしょう。

顧客のニーズをしっかりと調査しておけば、コンテンツをスムーズに作成することができます。

先述したGoogleキーワードプランナーや、その他の無料キーワード検索ツールを使って調査してみるといいでしょう。

コンテンツを作成する際は入念なリサーチ・ペルソナ設定を忘れない

顧客のニーズがどんなものか判明したら、入念なリサーチおよびペルソナ設定は忘れないようにしましょう。

特にペルソナ設定に関しては、なるべく詳細に設定するのがオススメです。

ペルソナを具体的にしておくことで、「最終的に商品を購入させるにはどうすればいいのか」「ユーザーが知りたいことは何なのか」が分かりやすくなってきます。

情報のリサーチやペルソナ設定は少々時間がかかってしまいがちですが、しっかりと行うことでコンテンツマーケティングを成功させやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

継続的にコンテンツを作成する

コンテンツマーケティングを成功させたい場合は、継続的にコンテンツを作成するようにしましょう。

コンテンツマーケティングは一回だけで成功するということはほぼなく、コンテンツを継続的に作成していくことで成功する確率を上げられます。

調査やペルソナ設定・コンテンツ制作など、やることが多すぎて少々面倒くさく感じてしまう人もいるかもしれませんが、より大きな利益を生みたいなら継続的に行うようにするのがおすすめです。

1人で制作するのが難しい場合は、クラウドソーシングサービスを使って外注スタッフを募集してみるのもいいでしょう。

コンテンツマーケティングの大まかな進め方

ここからはコンテンツマーケティングの大まかな進め方をご紹介していきます。

1. ツールを使って顧客のニーズを調査

2. 調査内容を元に情報のリサーチ・ペルソナ設定

3. 他社サイトと比較

4. 比較内容を元に構成を作成

5. コンテンツ制作を開始

6. コンテンツをアップ後、ツールを使って解析

こういった感じです。

調査~ツールを使ってユーザーの反応を解析するのが一連の流れとなっています。

「コンテンツマーケティングにかかる時間を短縮したい」

「本業の都合で、継続的にコンテンツを制作するのが難しい…」

そういった場合は、コンテンツ作成のみ外注化してみるのもいいでしょう。

ある程度外注化に慣れてきたら、調査~コンテンツ制作まで外注化するのもおすすめです。

コンテンツマーケティングの成功例

ここでは実際にコンテンツマーケティングを行い、成功したサイトを2つほどご紹介していきます。

経営ハッカー

画像出典元:「経営ハッカー」公式HP

会計ソフト「freee」でおなじみ、freee株式会社が運営しているオウンドメディアです。

会計に関することだけでなく、経営・税金・テクノロジーといった読み応えのあるコンテンツを出し続けているサイトです。

1記事1記事が読み応えがあり、なおかつユーザーの細かいニーズまでを網羅しているため人気なのが特徴的です。

Suumoタウン

画像出典元:「Suumoタウン」公式HP

続いてご紹介するのが、「Suumoタウン」。

こちらは大手不動産サイト「Suumo」が運営するオウンドメディアです。

その土地の魅力を、写真や文章で表現したコンテンツが売りであり、よりリアルにその土地の魅力を味わえることからかなりの人気を得ているサイトです。

おすすめのコンテンツマーケティングサービス5選

コンテンツマーケティングの肝は情報の更新性と最新性です。

ですが、オウンドメディアの運営やリサーチ、戦略立案にも工数がかかるため、コンテンツ制作になかなか手がまわらないといったお悩みも多いでしょう。

ここではコンテンツ制作の外注におすすめのサービスをご紹介していきます。

1. 10年以上の実績と自動更新機能!『リファイド』

画像出典元:「リファイド」公式HP
 
 

特徴

リファイドは、開業10年以上の安定の実績で、オウンドメディアの強化やコンテンツマーケティング支援を行う制作代行サービスです。

コンテンツマーケティングという概念が有名になる以前より、ニュース記事・コラム記事運営のノウハウを豊富に蓄積しているため初心者でも安心して依頼することができます。

フリーランスのライターを紹介する他社サービスに比べ、採用合格率10%の狭き門を通過した高品質なライターが在籍しているので、記事の質にも信頼があります。

また、満足度保証システムにより、修正回数無制限でリライトを依頼できる点も嬉しいポイントです。

機能

  • 新聞社レベルの記事品質チェックシステム
  • 海外コンテンツにも対応可能(海外ライター在籍)
  • ニュース型とコラム型記事を掛け合わせコンテンツマーケティング

料金プラン

おおよその記事単価は、1記事数千円〜数万円です。

サンプル記事の無償作成サービスがありますので、本格発注前にお試しすることもできます。

 

 

2. 利用満足度No.1!『ランサーズ』

画像出典元:「ランサーズ」公式HP

特徴

ランサーズ」はライティングをはじめとした様々な専門知識を持つフリーランスが多く集まるプロフェッショナル集団です。

ライティング担当者の経歴や評判などを一目で比較できるため、要望に合ったライティング担当者を選択できます。

クラウドソーシングサービスとしてベンチャーから大手企業まで35万社以上の実績があります。

機能

  • 応募者の提案を比較しての選考が可能
  • 相手探し代行機能
  • 最短即日での担当者決定が可能

料金プラン

【初期費用】なし
【手数料】
・コンペ方式、タスク方式、プロジェクト方式の場合はなし
・時間報酬の場合は打刻承認した時間報酬(税抜)のうち3%

 

 

3. 面倒な作業は丸投げできる!『Shinobiライティング』

画像出典元:「Shinobiライティング」公式HP

特徴

業界最速を謳うスピード納品が特徴のライティングサービスです。

業界最多数の31万人ライターが登録しており、ジャンルを問わず対応できる体制を整えています。

記事の作成だけに留まらず、コピペチェックまで「Shinobiライティング側」が行うため、納品記事をそのまま使用できます。

1文字1円からという明瞭な料金体系も魅力です。

機能

  • 100記事を3日で納品するスピード納品
  • 業界最多数のライターを登録
  • 業界最高水準のコピペチェックシステム対応

料金プラン

  • 初期費用:なし
  • 発注料金:1円 / 1文字~

 

4. SEO対策のコンサルティングも可能!『サグーワークス』

画像出典元:「サグーワークス」公式HP

特徴

サグーワークス」は、ライティングに特化したアウトソーシングサービスです。

簡単なテキスト作成を請け負う初心者向け文書作成から、「サグーワークス」独自のテストに合格したライターへの高難度なライティング依頼も可能です。

SEO対策や企画段階からのコンサルティングも行っており、手続きや発注などは全て「サグーワークス」で一括して行うため、企業側での煩雑な対応は必要ありません。

機能

  • ライターへの発注や報酬支払を一括管理対応
  • 高品質ライターの紹介が可能
  • SEO対策や企画段階からのコンサルティング対応

料金プラン

【初期費用】なし
【発注料金】
・オンライン発注プラン:0.75円 / 1文字~
・オーダーメイドプラン:1.2円 / 1文字~

 

 

5. プランニングから相談できる!『Bizseek』

画像出典元:「Bizseek」公式HP

特徴

Bizseek」は、記事制作以外にも、web制作に関する相談・プランニングも行うサービスです。

専属担当のBizseekワークディレクターが対応してくれるため、はじめてのコンテンツマーケティングに取り組む方でも一から質問しながら進めることができます。

料金プラン

【依頼金額】
・10万円超の部分:依頼金額の5%(税別)
・10万円以下の部分:依頼金額の10%(税別)
【依頼手数料】無料
業務にかかる値段の詳細はお問い合わせをする必要があります。

 

 

 

まとめ

今回はコンテンツマーケティングとは何かについて詳しく解説していきました。

コンテンツマーケティングは、商品の売上げアップに欠かせない手法です。

時間と手間はかかりますが、その分継続して行っていけばより大きな利益を生み出すこともできます。

サイト運営で悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

コンテンツマーケティングを行うのはオウンドメディア(自社サイト)上だけではありません。起業LOGでは、煩わしい管理なしに第2のオウンドメディアとして、商品やサービスをWeb上に展開することができます。詳しくは下記をご覧ください。

おすすめサービスの比較を無料で!

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

画像出典元:burst

この記事に関連するラベル

コンテンツマーケティングの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

起業ログが厳選するコンテンツマーケティング
コンテンツマーケティング
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ