GMOあおぞらネット銀行を知ってる?法人口座も便利でお得と大評判

GMOあおぞらネット銀行を知ってる?法人口座も便利でお得と大評判

記事更新日: 2019/07/23

執筆: 編集部

2018年7月からサービスを開始した「GMOあおぞらネット銀行」をご存知でしょうか。

まだ新しい銀行なので、まだ知らないという方もいらっしゃるでしょう。

実は利用者から「ほかの銀行にはない便利なサービスがたくさんあって使いやすい!」と評判の銀行なんです。

この記事では、GMOあおぞらネット銀行の特徴だけでなく知ってお得なサービスを徹底解説します!

GMOあおぞらネット銀行とは?

GMOあおぞらネット銀行は「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げるネット銀行です。

あおぞら銀行の経営管理、リスク管理、金融商品に関する知見といった経営インフラと、GMOインターネットグループのインターネット関連ソリューションや先進的テクノロジーの組み合わせによって新しいサービスを多数展開しています。

顧客目線でのサービスに強いこだわりを持っているようで、私たち顧客側からしてもとても便利なサービスがたくさんありますので、最初にざっくりご紹介いたします。

  • 振込、振替の手数料が安い!
  • 24時間365日ネットバンキングができる
  • Visaビジネスデビットで経費管理も楽にできる!
  • 入金管理が楽になる振込入金口座
  • 定額自動振込で毎月の振込が簡単!
  • 取引でポイントも貯まる!
  • 提携ATMや出金手数料の無料枠もある!
  • 充実したスマートフォンアプリ!

気になるポイントはありましたか?続いてはあおぞら銀行やGMOインターネットグループとの関わりや銀行の強みを見ていきましょう。

あおぞら銀行とGMOインターネットグループ

繰り返しになりますが、GMOあおぞらネット銀行は、あおぞら銀行を母体としてインターネットや金融事業の技術力に強みを持ったGMOインターネットグループの力を集結したネット銀行です。

あおぞら銀行のはじまりは1957年に設立された日本不動産銀行ですので、歴史がありますね。

そういった面でも安心感がありそうです。

またGMOインターネットグループも1995年にインターネット事業を開始した、ネット業界では古株にあたります。

インターネットを利用した金融事業にも定評がありますので、このあたりでもさらに期待値があがります。

この二つのグループが融合した銀行、どんな化学変化があるのか楽しみですね。

どんな強みがあるの?

GMOあおぞらネット銀行の強みは、技術を軸にした5本の柱で表現できます。

安心:

充実の認証機能と万全のセキュリティ 
速さ:
常に処理速度の向上に努めていてストレスなくインターネットバンキングを利用可能に
安さ:
ATM出金、他行あて振込が業界最安値級(※)の無料回数で利用できる  
便利さ:
365日24時間、スマホやパソコンで取引が可能 
新体験:
バーチャル(仮想)口座の「振込入金口座」の利用や、様々なAPI機能をサービスに組み込み入金消込作業のスピード・精度アップにより業務効率化を実現

ざっくりと見ただけでも、魅力的な銀行であることがわかります。

次の項では具体的な特徴をナビゲートしていきましょう。

GMOあおぞらネット銀行法人口座の特徴

では、GMOあおぞらネット銀行法人口座の特徴をあげていきます。

振込、振替の手数料が安い

GMOあおぞらネット銀行は、他の銀行と比較しても手数料が安く設定されています。

  GMOあおぞらネット ジャパンネット 楽天 三井住友

振込手数料
(同行)
税込・1件あたり

無料 54円 51円

3万円未満:216円
3万円以上:432円

振込手数料
(他行)
税込・1件あたり

3万円未満 163円 
3万円以上 257円 

3万円未満:172円
3万円以上:270円

3万円未満:165円
3万円以上:258円

3万円未満:540円
3万円以上:756円

またGMOあおぞらネット銀行間での振替手数料はかかりません。

少額のことですが、積み重なると、けっこうな負担になりますから手数料は安ければ安いほど助かりますね!

この点も大きなメリットと言えそうです。

これは便利!「定額自動振込」

毎月の税理士報酬や駐車場代の支払いといった決まった額やタイミングでの振込に利用できるサービス。

一度振込先や金額を登録すれば、以後は指定した振込日に自動で振込が行われるという優れた機能です。

忘れがちな毎月の振込もこの機能があれば手間も省けますし、確実な対応が可能になります。

ちなみに定額自動振込のサービス利用料はかかりません。

入金管理が楽になる「振込入金口座」

振込入金口座とは、法人や個人事業主に向けた振込入金専用の仮想(バーチャル)口座のサービスです。

注文ごとや取引先ごとに振込入金口座を割り当てることで、どこから入金されたかを簡単に特定することができるというとても優れた機能。

この機能があれば、1件1件帳簿と見比べながら入金を確認するという手間もなくなります。

例えば同姓同名の人からの振込や家族名義での振込なども正しく入金の内訳管理を行うことが可能になるのは経理担当者にとってはとても有用です。

作業効率アップ「総合振込」

総合振込は、事前に作成した振込データをアップロードすることで、最大9,999件の振込みをまとめてお手続きできるサービスです。

この機能は他の銀行でもありますが、やっぱり便利ですよね!事務作業の効率化に活用したいです。

なんとポイントも貯まる

対象となるサービスの利用やキャンペーンなどで、ポイントが貯まるサービスです。

貯める対象とするポイントは、「GMOポイント」または「Pontaポイント」のどちらか。

銀行取引ごとに1ポイントずつ貯まるようになっているので、使えば使うほどポイントが貯まります。

対象となるの取引は下記です。

  • 他の金融機関あての振込
  • 他の金融機関からの振込
  • 口座振替(引き落とし)
  • 口座振替登録完了
  • 給与受取

ポイントの連携手続きをしないと利用できないので、そこは注意が必要です。

提携ATMはあるの?出金手数料の無料枠は?

セブン銀行およびイオン銀行のATMが、24時間365日使用可能です。

国内で一番店舗が多いコンビニといえばセブンイレブンですから、とても便利ですね!

手数料は以下の通りです。

入金 出金 残高照会
108円(税込) / 回 108円(税込) / 回 無料

(※1)ATM利用の無料回数は、毎月1日から末日までの利用回数をカウント

Visaビジネスデビットで経費管理もスマートに

GMOあおぞらネット銀行では、法人でも個人事業主でもVisaデビットが利用できます。

利用代金がそのまま口座から引落されるので、立替清算の手間が省けるなど、経費の管理がやりやすくなります。経理担当者に優しい!

しかも利用額の1%がキャッシュバックされるので、現金で決済するよりも断然お得です。

また、クレジットカードと違って、Visaビジネスデビットには与信枠がありません。

口座に残高があれば金額の大きな経費の支払いもでき、経費の管理がしやすくなります。

利用限度額については、一日あたり500万円までの範囲で設定・変更できるとのことです。

充実したスマートフォンアプリ

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで利用できるアプリがリリースされています。

取引アプリと認証アプリがあるのでセキュリティ面でも安心ですね。

GMOインターネットグループのテクノロジーが存分に生かされているのか、アプリ自体の評価も高いようです。

最大20口座までの複数口座開設が可能

法人の場合、目的に応じて最大20口座まで追加で開設できる仕組みもあるようです。

追加で開設した口座には、「口座名義+任意名」を設定することができるので、管理がしやすくなること間違いなしです。

ビジネスID管理

法人では「ビジネスID管理」を使うことで、取引責任者とは別になんと最大100名まで口座を使うユーザーを追加できます。(個人事業主はこのビジネスID管理機能の利用はできません)

振込や残高照会などの取引や各サービスについて操作・承認の権限を設定したグループを作成し、追加したユーザーを所属させての利用が可能なので経理担当が複数いる場合も分業がスムーズですよね。

Aさんが振込入力を担当して、上長のBさんが承認をするなど作業を分ける際にも安全に行えそうです!

個人事業主も「屋号」で口座開設可能

GMOあおぞらネット銀行は、個人事業主向けの「屋号付きの口座」をネットから簡単に申し込みすることが可能です。(個人の口座を同行で開設する必要があります。)

フリーランスや個人事業では個人名での振込より、屋号での口座の振込の方が、お互いに安心してやり取りができます。

一般には屋号の名前で口座を作るときはさまざまな手続きが必要といわれています。

しかしGMOあおぞらネット銀行では、そこまでハードルが高くなく、比較的簡単に手続きができるようですので、口座を開設したい個人事業主の方は要チェックと言えそうです。

GMOあおぞらネット銀行法人口座のデメリット

比較的弱点の少ないGMOあおぞらネット銀行ですが、しいてあげるなら以下の2つのデメリットがあります。

1. 海外送金のサービスがない

振込に関して、海外への送金サービスがないようです。

事業によっては海外に送金する機会もあるかと思いますが、GMOあおぞらネット銀行ではこのサービスがないので、もし海外との取引があるのであれば注意が必要です。

2. 使えるATMの種類の少なさ

さきほど前項で「セブン銀行およびイオン銀行のATMが、24時間365日使用可能です」と書きましたが、他行にくらべてしまえば少し物足りなさはあるかと思います。

メインバンクが他にあり入金を振込で行えるのであれば、この点は大きな問題にはならないかもしれません。

ただ、GMOあおぞらネット銀行をメインバンクとする場合はこの点は不便さに繋がりかねないといえそうです。

法人口座開設の流れ

1. 口座開設申込(ネット上)と必要書類の送付

まずは口座開設申込フォームに必要事項を入力します。

フローの中で表示される口座開設申込書を印刷して押印。

記載内容を確認し必要書類(次項で解説)と一緒にGMOあおぞらネット銀行まで送ります。

2. 必要書類確認・開設審査

郵送した口座開設申込書と必要書類の到着後、最短1営業日で確認、口座開設審査が行われます。

※ 審査の結果、口座開設ができない場合もあるようです。

3. キャッシュカードが届く

GMOあおぞらネット銀行での審査完了後、最短2営業日後に、キャッシュカードが送られてきます。

4. 初期設定を行い、利用開始

届いたログインID、ログインパスワードをもとに、初回ログイン時の設定画面で「取引パスワード(必須)」と「ログインパスワード(任意、変更する場合のみ)」を設定して、取引スタート!

初期設定には、口座開設申込み時にご登録いただいたメールアドレスが必要です。

※個人事業主の場合はこちらを確認してください。

法人口座開設の必要書類は?

口座開設に必要な書類は以下の通りです。

  • 履歴事項全部証明書(登記簿謄本)
  • 印鑑証明書
  • 会社案内、パンフレット・チラシorホームページのアドレス
    ※上記がなければ以下から1つ
    ・各行政機関発行の許認可証
    ・請求書、発注書、受注書、納品書等
    ・各種契約書
    ・企画書、提案書
  • 法人番号指定通知書(写し)or法人番号印刷書類
  • 取引担当者の確認書類(以下から1つ)
    ・運転免許証
    ・各種健康保険証
    ・各種年金手帳
    ・住民基本台帳カード
    ・パスポート
    ・在留カード・外国人登録証明書
    ・特別永住者証明書
    ・住民票の写し
    ・印鑑登録証明書
    ・マイナンバーカード(個人番号カード) 表面のみで可
    ・外国人登録証明書

 

法人口座開設の審査は?

GMOあおぞらネット銀行の口座開設の審査の厳しさについても気になるところです。

独自に調査したところ、インターネット系のビジネス等とは親和性が高いようで、会社案内等の提出時にしっかりとビジネスの実態が把握できるような内容のものを提出できれば口座の設立がしやすいようです。

とはいえ、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行といったメガバンクに比べれば、審査が比較的ゆるいことはたしかです。

他のネット銀行(楽天銀行・ジャパンネット銀行)などとくらべると簡単なのかどうかというのは、一概にはいえないので、まずは申し込みをして結果を待ってみることをおすすめします。

まとめ

GMOあおぞらネット銀行についての特徴と法人口座開設の流れ、必要書類や審査について解説してきました。

顧客目線でのサービス展開に注力しているというだけあって、手数料を節約したい経営者にも、業務の効率をアップさせたい経理担当者にも嬉しいサービスが満載でしたね。

新しい銀行だけあって知名度はそんなに高くないものの、信頼できる地盤とサービス精神を持った優良銀行だといえそうです。

すでに法人の銀行口座をお持ちの企業にも、これから口座を開設する企業にもおすすめです。

銀行口座は複数あっても便利ですし、GMOあおぞらネット銀行での口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:写真AC、GMOあおぞらネット銀行公式HP

最新の記事

ページトップへ