SansanとEightの違い|使い方、機能の比較、名刺管理ソフトのメリットも

SansanとEightの違い|使い方、機能の比較、名刺管理ソフトのメリットも

記事更新日: 2021/11/17

執筆: 編集部

名刺を効率よく管理できるツールとして名刺管理ソフトが普及してきました。

特にシェアが大きいサービスとしてSansanとEightがあります。

これから名刺管理ソフトを導入しようと考えている方にとって

  • SansanとEightはどう違うのか
  • どのような機能や使い方があるのか

という点は気になりますよね。

今回はSansanとEightとの違いを説明した上で、使い方や機能、料金の比較をしていき、名刺管理ソフトの代表的なメリットについて解説していきます。

SansanとEight Teamの違い

SansanとEightの大きな違いは対象としているのが「個人」か「法人」かという点です。

Sansanは企業向けのシェアが80%を超えている対法人向けのサービスです。

Sansanは名刺管理だけではなく、顧客情報をデータベース化し、営業力強化やマーケティングに活用することを目的としています。

そのため、企業全体として名刺管理を導入し、営業力強化にも繋げたいという企業に向いているサービスです。

一方でEightは個人向けのサービスとなっています。

その代わりに、基本無料で使用できるという利点があります。
(※ただし、中小企業向け名刺管理サービスとしてEight Teamというサービスを提供しています)

Sansanは月額料金がかかるため、コスト面ではEightの方が安く始めることが出来ます。

表にまとめてみましょう。

次の章では、各サービスの詳細について掘り下げていきます。

Sansanとは|名刺データを社内で共有

Sansanとは、社内の名刺を経営やマーケティングに活用するための名刺管理サービスです。

主に下記のサービスがあります。

  • CRMとの連携
  • メール配信機能
  • オンライン名刺交換機能

具体的に説明していきましょう。

CRMとの連携

SansanはCRMとの連携が可能です。

自社の顧客データはもちろん、帝国データバンクや決算書の情報、インターネット上のニュースの確認もすることができるという特徴があります。

そのため、名刺を交換した時点ですぐに相手先の情報を把握でき、リアルタイムの営業活動に活かすことができます。

メール配信機能

高性能のメール配信機能も特徴の一つです。

具体的には下記の機能があります。

  • 名刺を交換した人物を差出人として、一括配信できる
  • メール本文のURLがクリックされたか確認できる
  • フィルター機能も付帯されており、受信拒否や配信除外も容易に可能

もちろん、名刺を元にデータ化された顧客情報を入力しているので、氏名や役職の記入ミスの心配もありません。

名刺交換後のアプローチまで配慮されているサービスです。

オンライン名刺交換機能

オンラインで名刺交換できる機能が2020年6月にリリースされました。

相手がSansanユーザーであればどちらかが相手にURLを送るだけで、名刺交換ができます。

相手がSansanユーザーでない場合も指定のURLをクリックするだけで、名刺交換できます。

名刺の代わりに相手の名前や情報をメモするといった作業が不要となり、効率的かつ正確に情報交換を行うことが出来ます。

 

Eightとは|名刺データを個人で管理

Eightとは、「社内の名刺を一括管理する」ための名刺管理サービスです。

販売元の会社はSansanと同じSansan株式会社となっています。

Sansanと異なる点は原則として個人向けのサービスであるという点と基本無料から始められるという点です。

Eightには下記のサービスがあります。

  • フィードやメッセージの送信
  • Bluetoothでの名刺交換
  • QRコードでの名刺交換

具体的に説明していきます。 

フィードやメッセージの送信

Eightには、メッセージ送信機能、フィード機能があり、多くのSNSと同様に情報共有のツールとして活用できます。

メッセージ機能では1対1でメッセージを送信できるほか、グループでのやりとりでも利用できます。

定型文の自動入力機能もあるため、効率的なメッセージの送信が可能です。

フィード機能は自社の近況を報告するサービスとなっています。

新商品の発売や採用活動、イベントの告知など様々なシーンで利用できます。

大々的に周知したいことがあるときに便利な機能です。

Bluetoothでの名刺交換可能

Eightユーザー同士であればBluetoothでの名刺交換も可能です。

距離を保ったままの名刺交換や名刺を忘れた、切らしている時でも対応ができます。 

また、1対多人数でも一括で名刺交換ができるので、効率的な名刺交換が可能となっています。

QRコードでの名刺交換可能

EightではQRコードでの名刺交換ができます。

Web会議ツールで活用するバーチャル背景にQRコードを埋め込むことで利用できます。

テレワークやオンライン会議、在宅勤務時などでも問題なく、名刺交換が可能です。

有料版 Eight Team(中小企業企業向けサービス)もある

Eightには有料版のEight Teamも用意されています。

Eight Teamは1チーム月額10,000円+(400円/人×利用ユーザー数)で加入できます。

Eight Teamには無料版の機能に加えて、下記の機能も付帯されています。

  • 名刺データをCSVダウンロード
  • 社内のメンバーと共通のタグを発行し、登録した名刺をグループ化できる
  • HubSpotと連携できる(オプション)
  • 自社をアピールする共通のバーチャル背景が設定できる

Eight Teamは上記の機能を社内一括で管理できるシステムを追加できます。

 

SansanとEightのデータは移行・共有が可能

「Sansan」と「Eight」はデータの移行・共有が可能となっています。

そのため、まずは無料のEightを導入し、その後企業規模の拡大や使い勝手に応じてSansanに移行できるというメリットがあります。

EightからSansanにデータを移すときはSansanの担当者がデータ移行手続きをサポートしてくれます。

そのため、データ移行手続きを間違って大事な名刺データが消えてしまったという失敗もありません。

データは安心して移行できるので、まずは無料のEightでお試しをしてみるというのも良いでしょう。

名刺管理ソフトのメリット

名刺管理ソフトのメリットは下記の2点です。

  • 必要な名刺をすぐに検索可能
  • 名刺を社内で一括管理できる

具体的に確認していきましょう。

必要な名刺をすぐに検索可能

必要な名刺をすぐに検索できるというのが名刺管理ソフトの大きなメリットです。

名刺を紙で保管する場合、もらった名刺をファイリングして保管しておく必要があります。

必要な名刺を中々探せないということも少なくありません。

一方、名刺管理ソフトであれば、名刺の情報がデータ化されていますので、検索に時間はかかりません。

氏名や会社名、役職など一目で分かることができるため、業務の効率化につながります。

名刺を社内で一括管理できる

名刺管理ソフトであれば、名刺を社内で一括管理できます。

受け取った名刺を一括で管理することで、社内で顧客情報を共有できます。

また、CRMとの連携もできますので、二重に営業することを避けることができます。 

おすすめの名刺管理ソフト3選

最後に、おすすめの名刺管理ソフトを3つご紹介いたします。

Sansan

画像出典元:Sansan公式HP

Sansanは法人における名刺管理サービスシェア83%の大手の名刺管理ソフトです。

1社月額10,000円から導入することができます。

特徴は下記の通りです。

  • 名刺をスキャンして文字を認識する制度が99%と高性能
  • 多彩なCRMとの連携が可能
  • 従業員間でのコミュニケーション機能

高性能の名刺認識と多彩なCRMとの連携が魅力的なサービスです。

名刺管理ソフトから顧客の管理に繋げていきたいという企業に適しているといえるでしょう。

 

HotProfile

画像出典元:HotProfile公式HP

HotProfileは株式会社ハンモックが運営している名刺管理ソフトです。

月額3,000円から導入できます。

最大の特徴はマーケティングや営業に特化しているという点です。

名刺を獲得した後のマーケティングオートメーションやインサイドセールスを活用し、商談の獲得まで繋げられる仕組みが整っています。

そのため、営業やマーケティングを強化したい、あるいはセールスが重要な企業に適しているといえるでしょう。

 

CAMCARD BUSINESS

画像出典元:CAMCARD BUSINESS公式HP

CAMCARD BUSINESSはワウテック株式会社が運営している名刺管理ソフトです。

料金はスタンダードの場合は月1,400円~、プロフェッショナルの場合は月2,200円~となっています。

CAMCARD BUSINESSの最大の特徴は高度なOCR機能(文字認識)にあります。

素早く認識してくれるため、データ化されるまでが早いです。

また、スタンダードであれば20枚まで、プロフェッショナルであれば50枚までオペレーターが補正してくれるサービスもあります。

スピード感を重要としている企業におすすめの名刺管理サービスといえるでしょう。

 

まとめ

今回は名刺管理ソフトの「Sansan」、「Eight」の違いと他の名刺管理ソフトの特徴について解説いたしました。

ポイントは以下の4つです。

  • Sansanは中~大企業向けの法人向けのサービス
  • Eightは個人向けのサービス
  • Eight有料版は利用者20名未満の小規模事業者や中小企業向けのサービス
  • データ移行が可能なので、まずは無料版のEightからはじめることをおすすめ

名刺管理ソフトは名刺を管理するのはもちろんのこと、その後の商談や営業に繋げられるソフトです。

社内で一括して顧客管理したい、営業やセールスを強化したいという方はぜひ導入を検討してみてください。

画像出典元:O-DAN

法人向け名刺管理ソフトの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

起業ログが厳選する法人向け名刺管理ソフト
法人向け名刺管理ソフト
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ