リモート産業保健

記事更新日: 2021/12/23

執筆: 山川知沙

編集部コメント

法令遵守と業務負荷低減の両立をサポートしてくれる産業保健サービス

「リモート産業保健」は働き方改革関連法「産業医・産業保健機能の強化」に対応できる産業保健サービス。ICTを活用し大企業でも、50名未満の小規模事業所でも、しっかりメンタルヘルスケアを実施できます。

また、業界ではめずらしい産業医と産業看護職の2名体制で手厚いサービスを提供。産業医との面談調整など細かな業務を産業看護職が代行してくれるので、人事労務担当者の業務負担を大きく削減できます。

健康経営優良法人認定取得のためのサービスも実施しているなど、企業の労務担当者を作業面と知識面から支えてくれます。

健康管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

健康管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

リモート産業保健だけ知りたい方はこちら

リモート産業保健の資料を請求
良い点

他社サービスには見られない産業医+産業看護職の2名体制で産業保健業務を万全にサポート。料金は月額3万円と業界最安価格帯です。

悪い点

「リモート産業保健」は2019年にリリースされた新しいサービスであるため、サービスの運用実績は競合サービスと比べると短いです。

費用対効果:

月額3万円で産業医選任や各種記録の作成、無料のストレスチェックなど、産業保健業務一連をカバーできるサービス内容で大変お得です。

UIと操作性:

産業看護職による産業保健業務代行やアウトソーシングが可能。人事労務担当者の産業保健関連業務の負担が削減できます。

多言語対応:

産業看護職オプションでは英語対応も可能。外国人従業員を抱えていても安心です。

サポート体制:

別途有料で、24時間365日匿名で相談可能な相談窓口の設置が可能。福利厚生サービスの充実化に貢献します。

知名度体制:

サービス運営元は介護や医療の分野で多くの有名プラットフォームやサービスを開発提供しているエス・エム・エス社。優秀な医療人材を確保しています。

リモート産業保健の導入メリット3つ

1.産業医と産業看護職の2名体制による手厚い支援サービス

「リモート産業保健」は産業医と産業看護職のセットで産業保健支援を行うめずらしいサービス。

医師と看護職の2名体制でのサポートにより、産業医との連絡・面談調整をスムーズに行えます

また、低ストレス層と中ストレス層は気軽に相談できる産業看護職が、優先度の高い高ストレス層を医師が対応することで、ストレス度合いの異なる従業員を満遍なくサポートできます。


産業医と産業看護師によるストレス別の面談実施

さらに、産業看護職による産業保健業務の代行やアウトソーシングも可能。

各種記録作成をはじめとする事務作業や衛生委員会のサポートなど、産業保健関連業務を産業看護職が代行することで、人事労務担当者の作業負担を大きく削減できます。


2名体制により人事労務担当者の負担を軽減

2.健康経営優良法人認定取得にも対応できる

産業保健サポートに留まらず「リモート産業保健」とは別に、健康経営実現に向けた企業の健康経営の取り組みを評価・促進するための「健康経営優良法人」の認定取得支援サービスも展開しています。

「健康経営優良法人を取得したいけど何から始めていいかわからない」「難しくてどう対応したらいいかわからない」「専門家の助けがほしい」などの悩みを解決してくれます。

認定基準の適合チェックから始まり、認定に向けての方針の策定と実施申請書類の作成などの業務を常に伴走しサポートしてくれます。

専門知識がなくても安心です。


健康経営優良法人認定取得支援サービス

3.小規模事業所の従業員のメンタルヘルスケアもバッチリ

「リモート産業保健」は訪問とオンラインを組み合わせ面談を実施。

リモートワーク推進中の企業でも不便なく利用できます

また、産業医選任業務が発生するのは従業員が50名を超える企業ですが、「リモート産業保健」なら50名未満の小規模な拠点でも対応可能

オンラインと訪問を組み合わせ、産業医と産業看護職の面談を全拠点の従業員に平等に受けてもらうことができます。

さらに、Webでの無料ストレスチェックも利用できるので、小規模拠点でも従業員のメンタルヘルスケアをしっかり実施できます。



リモート産業保健の資料を無料でダウンロード

 

リモート産業保健のデメリット

サービス運用年月が短い

「リモート産業保健」は2019年にリリースされた新しいサービス。

そのため、サービスの運用実績は競合サービスと比べると短いです。

しかし、「リモート産業保健」のサービス提供元エス・エム・エス社は2003年から介護や医療向けの人材プラットフォームをいくつもリリース

そこで築き上げた医療従事者ネットワークには高度な医療人材が在籍し、優秀な産業医や産業看護職を紹介することが可能です。

サービス運用実績は短いですが、バックグラウンドがしっかりしているので安心です。

リモート産業保健の料金プラン

基本プランは月額3万円(税別)から。

産業医選任、ストレスチェック、職場巡視、衛生委員会サポート、各種記録作成支援、産業保健の実務相談などのサービスが含まれます。

基本プランに限らず、頻度や時間、面談方法など要望に合わせ、自社に最適なプランを提案してもらうことも可能です。

競合製品との料金比較

初期費用無料の健康管理サービスが多くある中で「リモート産業保健」の5万円の初期費用は目立ちます。

しかし、求職者フォローアップや面談日程調整など、本来なら労務担当者が担うべき業務を産業看護職に代行してもらえるため、労務担当者の業務を大きく削減可能。

その作業分のコストを削減できるので、5万円の初期費用は早期に回収できるでしょう。

  リモート産業保健 A社 B社
初期費用 5万円 無料 無料
月額費用 3万円 3万円 10万円
特徴 産業医と産業看護職の
2名体制
メンタルヘルスケアに
強い
医師紹介実績18年

 

リモート産業保健の評判・口コミ

利用企業からは

産業医選任届や衛生委員会議事録など各種書類作成のサポートがあるので手間が軽減された

産業看護職が専属担当としてサポートしてくれるため、医療的なことやわからないことも気軽に相談できる

などの声が上がっています。

詳しくは資料をご確認ください。

 

リモート産業保健の資料を無料でダウンロード

*「リモート産業保健」公式HP参照

 

リモート産業保健を導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

自社の人事労務部門の負担を削減したい企業

「リモート産業保健」は業界ではめずらしい産業医と産業看護職の2名体制。

医師との面談調整など細かな業務を看護職が行ってくれるので、人事労務担当者の作業負担を軽減できます。

自社の人事労務部門だけでは産業保健対策まで手が回らない、または、法令改正についていけないと感じている企業にはおすすめのサービスです。

向いていない企業

訪問面談はしてほしいが交通費の負担を重荷に感じる企業

訪問面談の際の産業医や看護師の交通費は自社負担です。

ですが、「リモート産業保健」は自社の要望に合わせた柔軟なプラン設定が可能。

交通費の負担を重荷に感じる場合には、例えば、法令遵守の範囲内でオンライン面談の割合を多くしてもらうなど、相談してみるといいでしょう。

 

まとめ

「リモート産業保健」は産業医選任、訪問/オンライン面談、ストレスチェック、衛生委員会運営サポートなど産業保健業務全般と健康経営をサポートしてくれるサービス。

産業医と看護職の2名体制で企業の人事労務部門をしっかり支えてくれます。

ICTを活用したサービスなので、リモートワーク推進中の企業でも不便なく利用できるでしょう。

 

リモート産業保健の資料を無料でダウンロード

画像出典元:「リモート産業保健」

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

健康管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】社食サービス選びのお役立ち資料
健康管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ