safie

記事更新日: 2021/03/08

執筆: 編集部

編集部コメント

「Safie」は、カメラの購入価格と月額のクラウド使用料のみという明確な料金プランでシェアNo.1のクラウド型録画カメラです。安価ながらも、HD画質・100万画素・30fpsの高画質な録画機能と、スマホからも閲覧できる手軽な使用感も高評価です。ポータブルタイプは設置場所を自由に変えられるのでクラウド型セキュリティカメラの導入が初めてでも安心です。

クラウド型セキュリティカメラを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

クラウド監視カメラツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

他社サービスに比べ安価でありながら高画質な録画機能を備え、スマートフォンから簡単に閲覧できるなど、手軽な使用感も備えています。

悪い点

既存の建物にカメラを導入するための現地調査を希望する場合は有償となり、調査費33,000円と交通費がかかります。

費用対効果:

カメラの本体価格+クラウド使用料のみの明確な料金体系のもと、最安は月額1,320円~利用が可能。HDD修理が不要になり、ランニングコストも下がります。

UIと操作性:

ポンとカメラを置くだけで利用できたり、スマートフォンからの閲覧が可能だったり、任意の箇所だけを録画できたり、便利で使いやすいUIです。

導入ハードル:

屋内用カメラならオンラインで購入でき、最短3営業日以内の発送が可能。基本的に工事は不要ですが、必要な場合は、設置工事業者を手配してもらえます。

safieの特徴3つ

1. バラエティ豊かなカメラの種類と高画質機能

「safie」の一つ目の特徴は、とにかく扱っているカメラの種類が多いことです。屋内用・屋外用・Wi-Fi仕様・PoE給電仕様・PTZ機能・360度カメラなど、実に多くの種類のカメラを取り扱っていて、その種類は200を超えます。

中にはWi-Fiに接続し、ポンと置くだけで利用できるコンパクトなカメラもあり、工事など面倒な準備なしで利用開始できるものもあります。

価格も2万円台で購入できるカメラから、AXIS社製の高価なカメラまでと幅広く、心許ない予算でも安心です。公式ホームページには数種類のカメラしか掲載されていませんが、問い合わせれば、自社の設置環境や予算に合わせ、最適なカメラを提案してもらえます。

肝心な画質については、HD画質の100万画素、1秒間に30フレームの表示が可能な高画質映像で、テレビと同程度のなめらかさ・鮮明度です。


取り扱うカメラは200種類以上
 

2. 安価でシンプルな料金体系

「safie」の二つ目の特徴は、シンプルな料金体系のもと、リーズナブルに利用できることです。

初期費用は21,780円~、月額料金は1,320円~と、他社に比べてもかなり低価格で利用できます。かつ料金体系は、カメラの本体価格としての初期費用月額で発生するクラウドの使用料のみという明確さです。

シンプルな料金体系ではありますが、細やかな料金設定も可能です。

例えば、カメラを複数台導入する場合、1台は7日間録画プラン、他は30日間録画プラン、というような料金設定もできます。カメラごとに適切な料金プランを選べるので、コストに無駄がありません。

さらに、カメラのレンタルができるプランもあるので、詳細な料金プランを知りたい場合は、一度お問い合わせをしてみるのがおすすめです。


月額料金
 

3. いつでもどこでも、スマホからも閲覧できる

「safie」の三つ目の特徴は、パソコンやタブレット、スマートフォンからも映像が確認できる手軽さです。

導入企業からは、「スマートフォンやパソコンで映像が見られるので、現場の担当者がタイムリーに状況を把握することができる」、「日々の業務の空き時間に、スマートフォンから簡単に映像を確認できる」と、その利便性について高評価を得ています。

safieのクラウド録画サービスでは、上記モバイル端末からの閲覧機能の他にも、映像をシェアしたり、必要な部分だけを録画したりできる便利な機能を備えています。

スマートフォンからでも映像の閲覧ができる

safieの料金プラン


初期費用

基本的にカメラ本体の購入料金のみですが、必要に応じて、関連のPoE機器や設置工事の費用が発生します。

Web購入の特典として、カメラ本体の注文から30日以内の場合は返品が可能です。

その他、現地調査を希望する場合は有償となり、調査費33,000円と交通費がかかります。

月額料金

特徴2でご紹介した表のとおりです。

クラウドサービスの利用料金で、録画できる期間により料金が異なります。カメラ台数分の費用がかかります。

オプションサービス

オートタイムラプス360日 1台あたり5,500円 / 月

録画データを自動でタイムラプス動画として保存。
建設現場におすすめ

オートスナップショット 1台あたり1,650円 / 月 指定した曜日・時間帯に自動的にスナップショットを撮影。
建設現場におすすめ
YouTube Live連携 1台あたり3,300円 / 月 撮影したハイビジョン映像を、YouTubeにてLIVE配信。
防災イベントにおすすめ
データ無制限ダウンロード 1台あたり3,300円 / 月 クラウド上の録画映像を無制限でダウンロード。(通常は月72時間まで)

 

safieの評判・口コミ

施工過程の見える化も視野に入れたカメラ活用
株式会社ユニバーサルホーム

セーフィーさんの製品は簡単に設置場所を変更できるので、使い勝手もよいと感じています。将来的には建築現場を工事が始まったときから完成するまでずっと撮影し、残しておくことも考えていて、正しく施工されているか、進捗はどうか、安全に作業されているかなどが遠隔で管理でき、記録に残せる、これはクオリティコントロールにつながると考えています。

スマホからもタイムリーに状況が把握できる
関西エアポート株式会社

実際に導入してみると、思っていたよりも鮮明な映像でした。何よりスマートフォンやパソコンで映像が見られるので、現場の担当者がタイムリーに状況を把握することができるという利便性の高さが気に入りました。保安検査場や各ゲートの混雑状況をタイムリーに把握して、ゲートの数を増やしたり空いているレーンを案内したりということに役立てています。

工事不要・低価格が導入の決め手
アールアンドケーフードサービス株式会社

工事不要で2時間かからずにカメラの設置ができたことと、初期導入費用もランニング費用も安かったのが導入の決め手でした。あとから映像を振り返るとき、◯月◯日の分をピンポイントで取り出せますし、映像をチェックする時間も自由に設定できるので、使い勝手が非常に良いなと思いました。映像を使えばミスが起きた瞬間を確認できるので、トラブルが起きるたびに全国各地の店舗まで出向く必要がなくなり、訪問は3回から1〜2回に減りました。

*「safie」公式HP参照

まとめ

今回は「Safie」の特徴や評判・口コミ、料金について解説しました。

他社サービスに比べ低コストでありながら、高画質の録画機能を備えているなど、性能面は安心です。

200種類のカメラの中からオフィスや店舗、建設現場など、現場それぞれの環境に合ったカメラを選ぶことができるので、クラウド型セキュリティカメラを初めて導入する企業でも安心です。

クラウド型セキュリティカメラの導入を考えているなら、一度「Safie」を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Safie」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

クラウド監視カメラの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するクラウド監視カメラ
クラウド監視カメラ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ