tenposAir

記事更新日: 2021/01/28

執筆: 編集部

編集部コメント

「tenposAir」は飲食店専用に設計されたiPadPOSです。ホール業務での操作性を重視して設計されているため、多彩なメニューや複数ワンオーダーもストレスなくスピーディに対応できます。端末にデータが蓄積されるため、一時的なネットワーク障害発生時でも店舗オペレーションが滞ることはありません。柔軟なシステム構成は、小規模店舗から複数フロアを有する店舗まで幅広く対応可能です。

良い点

多彩なメニュー数やテンキーでの複数ワンオーダー入力など、居酒屋などでの利用に便利な機能が搭載されています。端末単位で英語表記に変更でき、外国人スタッフの多い店舗にも安心です。

悪い点

飲食店内での利用を想定しているので、店外からのモバイルオーダーなどには対応していません。

費用対効果:

月額1万円(税抜)で利用できます。料金にはヘルプデスクや売上管理システム利用料が含まれ、ハンディやプリンタなどを増設しても追加料金は不要です。

UIと操作性:

メニュー数の多い飲食店のホール業務に特化したデザインです。

知名度:

飲食店の経営を多方面からサポートするテンポスホールディングスの傘下のため、安心して導入できます。

tenposAirの特徴3つ

1. オーダー取りが難しい飲食店に特化した操作性

「tenposAir」は飲食店でのオーダー操作に特化した設計になっています。特に、居酒屋や焼き肉店などオーダー取りが複雑な業態に最適なシステムです。

メニュー数が200を超えても、1画面に表示できるメニュー数を最大にすることで、スピーディなオーダー操作が可能です。

トッピングやドリンクの割り方など注文時の聞き漏れが発生しやすいメニューには、オプション付きオーダー機能で注文忘れ防止と厨房への確実な伝達を実現します。

ドリンクなど同一商品の複数注文時には、数字テンキー入力で迅速な対応ができます。

独特な機能が「オーダーメモ」機能。サビ抜き、大盛り、急ぎなど厨房に伝えたい特記事項を、手書きメモの画像という形で伝票に添付できます。

オーダー操作に利用する端末は英語表記ができ、端末ごとに切り替えが可能です。さまざまな地域出身のアルバイトスタッフを抱える店舗でも安心して運用できます。

このように、「tenposAir」は、オーダー作業に慣れない新人から外国人スタッフまで、さまざまな人材を即戦力として活用できるシステムといえます。


直感的操作が可能なUI

2. 柔軟なシステム構成

「tenposAir」は小規模店舗から複数のフロアをもつ多層階店舗まで幅広く利用できるシステム構成になっています。

オーダー作業を行うハンディは99台まで増設可能、さらにテーブルオーダーを採用する際には、テーブル数に合わせた数が設置できます。そのほか、キッチンプリンタも1フロア9台まで、4フロアで76台まで増設できるので、大規模な店舗でも一括導入が可能です。

「tenposAir」のシステム導入には、データのバックアップやアプリのバージョンアップのためインターネット回線が必須になっています。

通常時はWi-Fiにて運用しますが、一時的にインターネットが利用できなくなっても、オーダーや会計、レシートプリンターの出力に影響が出ることはありません。データは利用している端末に蓄積されるため、復旧時に受送信できます。


ネットに左右されないシステム環境

3. 手厚いサポート体制

「tenposAir」では、月額の利用料金にサポート費用も含まれているため、その体制も手厚いものとなっています。設置から操作指導、導入後のアフターサービスまで一貫した体制でのフォローが受けられます。

全国7ヶ所にある主要拠点では、実機を使ってのデモンストレーション環境が整っているため、実際に触って納得してから導入を決められます。

利用開始時は、機器の設置、操作説明、メニュー登録、本稼働時の立会に対応しており安心です。

また、導入後は365日年中無休のヘルプデスクコールセンターでの対応が受けられます。コールセンタースタッフは飲食店経験者が多いというのも、安心材料のひとつといえるでしょう。


設置は全国対応

 

tenposAirの料金プラン


月額費用には、ヘルプデスク、売上管理システム利用料が含まれています。

周辺機器については、中古品の案内やレンタルもあり、相談可能です。

初期費用は50,000円から機器の初期設定や設置取り付け、メニュー登録、操作説明など、内容によって異なるため、詳細はお問い合わせが必要です。

tenposAirの評判・口コミ

会計作業がスピードアップ
株式会社エイトミリオンエンタープライズ

レジスターを利用していたころは、オーダーミス、会計時のレジ打ちの時間が悩みでしたが、tenposAirを導入してとにかく会計作業が短縮されました。導入の決め手は、飲食店専用に設計されているため、シンプルで操作しやすいところです。ハンディの台数が増えても月額料金がかわらないのもうれしいところです。

*「tenposAir」公式HP参照

まとめ

この記事では「tenposAir」の特徴・評判・料金を解説しました。

「tenposAir」は、多彩なメニュー構成を持ち、スピーディにオーダーをさばきたいという飲食店に最適のオーダーエントリーシステムです。

トッピングや飲み方に対応できるセレクト機能や、複数ワンオーダーにも対応できるテンキー入力機能など、居酒屋や焼肉店といったメニュー展開が複雑な業態で活用できる機能が搭載されています。

また英語にも対応しているため、特別な教育不要で人材を確保できます。システム設計も柔軟であり、今後の店舗拡大にも対応可能なオーダーエントリーシステムといえるでしょう。

画像出典元:「tenposAir」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ