PowerDirector

記事更新日: 2020/12/01

執筆: 編集部

編集部コメント

PowerDirectorは無料版あり、一ヶ月517円~インストールするだけで利用可能で、簡単に効果音や字幕を入れたい方におすすめの動画編集ソフトです。5年連続国内シェアNo.1の安心の実績もあり、初心者でもクオリティの高い動画を作成することができます。正方形サイズでの編集やモーショントラッキング対応なので、効率的に見栄えのいい動画を作成したい人にもうってつけです。

1. シェイプデザイナー機能

矢印、吹き出し、長方形などを追加できる

2. タイトルの特殊効果機能

炎などタイトルに動きのある特殊効果を追加

3. 背景のサポート機能

タイトルに背景を追加し、見やすくする

良い点

サブスクリプション版を利用すれば、PowerDirector18の機能はもちろん、エフェクト・効果音などのコンテンツが毎月追加されるので、最新の機能で動画を編集することができます。

悪い点

スマートフォンやタブレットでの利用はできません。利用したい場合には、端末に対応したアプリをインストールする必要があります。

費用対効果:

通常版でも基本的な機能は十分に備わっており、サブスクリプション版を選択すれば一ヶ月517円~という低コストで利用することができます。

UIと操作性:

豪華でインパクトのある操作画面で、モチベーションを上げながら動画編集ができます。操作方法は簡単で、初心者の方でも安心して利用できます。

他言語対応:

日本語や英語の他、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語など全部で10言語に対応しています。

導入ハードル:

無料体験版が用意されていて事前にお試し利用が可能、正規版もインストールすれば利用できるので導入ハードルは低いといえます。

PowerDirectorの特徴3つ

1. 編集作業が楽になる機能が豊富にある

PowerDirectorの1つ目の特徴は、「編集作業が楽になる機能が豊富にある」ことです。

例えば、最近新しく追加された「1:1 正方形ビデオ編集」の機能では、Instagram や Facebook など SNS にビデオをアップロードする際、編集段階でサイズを縦横比1:1の正方形にして編集ができるので、編集後にサイズ変更する必要がありません。

動画サイズを正方形にして編集できる

他にも、「プレカット(前編集)」の機能では、あらかじめ必要な部分だけ切り抜いておくことができ、長時間のビデオ素材も扱いやすくなります。

複数の媒体で利用する場合にも何度も同じ作業をする必要がなくなりますし、タイムラインでの作業もあらかじめ不要な部分はカットしておけるので、効率化が図れます。

2. 高度な動画編集を行いたいというニーズにも十分対応

2つ目の特徴は、「高度な動画編集を行いたいというニーズにも十分対応」していることです。

例えば、細かなモーショントラッキングにも対応していますし、クロマキー合成の際に複数の色の指定も可能です。

モーショントラッキングでは、スポーツやダンスなど動きの激しい内容の動画でも、しっかりと動きを追って細かなエフェクトなどを付けることができます。

動画のクオリティも上げることができ、視聴者から高評価を得ることが期待できるでしょう。

精細なモーショントラックで動画のクオリティをアップ

3. 色やオーディオの幅広い調整が可能

3つ目の特徴は、「色やオーディオの幅広い調整が可能」なことです。

カラー補正をする際には、ワンクリックで適正な色合いまで調整してくれるので、専門的な知識が無い方でも、簡単に綺麗な動画を作り出すことができます。色味を変えることで、生き生きとした見栄えのいい動画にしたいと思っている方にこの機能はおすすめです。

カラー補正もワンクリックで簡単にできる

音響について、「オーディオダッキング」の機能では、動画内での音声の大小に合わせてBGM の音量を自動的調整することができ、聞き取りやすくすることができます。

他にも、再生ボタンを押さなくても音声を確認を確認できる「オーディオスクラブ」機能や音の歪みを防ぐことができる「ボリュームメーター」など、PowerDirectorには豊富な調整機能が備わっています。

 

PowerDirectorの料金プラン

上の表の通り、PowerDirectorは、通常版とサブスクリプション版が用意されています。

サブスクリプション版は、通常版と比較して多くのサービスが利用可能で、その中にはプレミアムコンテンツも含まれています。また、クラウドストレージや、BGM・効果音も多く、充実した環境で利用できます。

無料体験版が用意されており、30日間プレミアム機能を含めた全ての機能を試すことができます。

 

まとめ

PowerDirectorは、通常版とサブスクリプション版がありますが、最新機能を取り入れながら利用したい方、容量を気にせず利用したい方にはサブスクリプション版がおすすめです。

一ヶ月あたり517円から利用できるので、コスト面でも大きな負担にはなりません。

新しいコンテンツが毎月追加されていくので、楽しみながら動画のクオリティを上げていくことができるでしょう。

Windows、Macどちらも対応しており、言語も10言語に対応しているので、世界へ独自の動画を発信したいと考えている方にとっても、役立つツールとなるはずです。

操作は簡単で、知識がない方や初心者の方でもスムーズに効果音や字幕をいれることができます。

無料体験版も用意されていて、全ての機能を利用することができるので、気になっている方はお試しでPowerDirectorを体験してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「PowerDirector」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ