Adobe Premiere Pro

4.0

記事更新日: 2020/07/14

執筆: 編集部

編集部コメント

Adobe Premiere Proは、無料体験があり月額2,480円~利用可能、YouTubeから映画まで使い方は自由に高品質な動画を作成できる動画編集ソフトです。簡単でありながら高品質の編集が行えるため、YouTubeクリエイターからプロの映画製作者まで、幅広く愛用されています。本格的な動画を簡単に作成したいと考えている人にはおすすめの動画編集ツールです。

1. ファイル形式が多彩

一眼レフ、GoPro、iPhoneなどあらゆるデバイスに対応可能

2. プロも利用する豊富な機能

アニメーション・音響効果・モーショングラフィックスなどプロも使用しているレベルの機能を搭載

3. アプリ連携

Adobeアプリとのシームレスな連携

良い点

様々なファイル形式に対応しており、一つのアプリで動画編集が行えます。Adobeのアプリとのシームレスな連携により、より効果的な動画も作成できます。

悪い点

買い切りのソフトとは異なり毎月コストがかかります。ただ、そのコストの分だけ最新の機能が利用できます。

費用対効果:

年間プランの場合、月々払いでは月額2,480円(税別)、年払いでは26,160円(税別)となり、年間一括払いにすると12%お得です。

UIと操作性:

あらゆるファイル形式に対応しています。付属のPremiere Rushを利用すればスマートフォンで撮影から投稿まで可能です。

知名度:

プロの世界でも汎用されているアプリのため、知名度は抜群です。

Adobe Premiere Proの特徴3つ

1. マルチデバイスに対応

Adobe Premiere Proの最大の特徴は様々なファイル形式に対応していることです。そのため、使用できるデバイスも選びません。

一眼レフ、GoPro、iPhoneやその他のスマホなどで撮影した映像ファイルが利用できます。

撮影した映像はドラッグ&ドロップで移動しただちに編集が開始できます。様々なデバイスに対応しているにも関わらず、ファイル変換の手間なくすぐに編集に取り掛かれるのは、大変効率的といえます。

映像素材は8K素材からバーチャルリアリティまでフォーマットを問いません。思いのままのメディア操作が可能です。

あらゆるデバイスに対応

2. 多彩な編集機能

次に紹介するAdobe Premiere Proの特徴は、多彩な編集機能が搭載されていることです。Adobe Premiere Proひとつで、効率よく動画編集ができます。

まずはトリミングです。Adobe Premiere Proではタイムラインに沿って、直感的でありながら高精度な編集が可能です。

その後、アニメーションの追加や音響効果により、効果的な動画作成を行います。これらの機能もオールインワンで搭載されているため、効率的に作業が行えます。

モーショングラフィックスは搭載されたツールにより独自の作成も可能ですが、テンプレートも利用できます。動画効果には欠かせない音響は、エッセンシャルサウンドパネルをワンクリックするだけで、編集や同期などが可能です。

プロの世界でも通用する動画編集が、Adobe Premiere Proひとつで行えるのは、大きな魅力といえるでしょう。

トリミングからオーディオ編集まで行えます

3. 他のアプリとのシームレスな連携

Adobe Premiere Proの特徴3つ目は、他のAdobeの他のアプリとのシームレスな連携が可能なことです。それにより、より効果的な動画編集が行えます。

Adobe Premiere ProはPremiere Rushが付属アプリとして利用できます。

Premiere Rushは撮影、編集、投稿がひとつでできるオールインワンアプリです。Premiere Rushを用いてスマホで撮影した動画をAdobe Premiere Proで編集し、そのままソーシャルチャネルへの投稿が可能です。

あらゆるデバイスで簡単に使用でき、高画質画像を次々と投稿できるのは、Adobe Premiere ProとPremiere Rushの連携ならではです。

その他にも、AIテクノロジーを搭載したAdobe Senseiによるオートリフレーム、Adobe Stockを活用したオーディオの強化なども可能です。

Adobeのアプリとの連携は、機能の強化とともに、動画編集の可能性を広げることでしょう。

Adobeアプリとのシームレスな連携で機能拡張

Adobe Premiere Proの料金プラン

年間プランの月々払いの場合は月額2,480円(税別)です。

年間プランの一括払いの場合は26,160円(税別)となり月々払いよりも12%お得になります。

月々プランの場合は月額3,480円(税別)になります。

7日間の無料体験もあるので、お試し利用が可能です。

Adobe Premiere Proの評判・口コミ

編集方法は簡単
YouTuber 水溜りボンド様

編集方法については、選択ツール、カッターやテロップだけ覚えればそんなに難しいことはないです。ワイプの作成方法も、ビデオトラックを重ねるだけで簡単に作成できます。

Adobe PremiereProにより各カメラの映像を統合
映画『シン・ゴジラ』VFXスーパーバイザー・編集担当 佐藤敦紀様

映画は主にARRI Alexaカメラで撮影しましたが、特殊効果にはREDカメラ、メインカメラから追加の角度にはCanon XC10を用いるなど、各シーンに適切なカメラを使用しました。これは、全てのフォーマットをAdobe Premiere Proに統合できたからです。

ライブで編集
映画『ピートと秘密の友達』監督 David Lowery様

必要なショットを取得し、Adobe Premiere Proを利用して撮影しながら素早く編集しています。簡単な編集により、方向性の確認をしています。使いやすく柔軟性があります。

 

まとめ

撮影した動画を効果的に編集したいと考えている人にはおすすめです。それはプロも利用するアプリでありながら、直感的に使えるというのがAdobe Premiere Proの大きな特徴だからです。

利用する動画ファイルは形式を問いません。そのため撮影デバイスに縛られることなくアプリの利用が可能です。

効果的な動画を作成するために必要なアニメーションやサウンドなどクオリティの高い機能がひとつにまとまっています。また、付属のアプリを利用すれば、撮影から編集、投稿までオールインワンで手軽に利用できます。

映像のプロも認める高品質のアプリで、効果的な動画編集を行いたいと考える人にはおすすめのアプリといえるでしょう。

画像出典元:「Adobe Premiere Pro」公式HP

Adobe Premiere Proの評判・口コミ

ゲーム

251〜500人

macでもwinでも使える

利用にかけた費用

アドビクリエイティブクラウドに登録しているので月額6,480円(税込)

 

導入に至った決め手を教えてください。

主流編集ソフトがファイナルカットではなくプレミアに移行していくなかで、仕事での編集用ソフトとして2019年ごろに会社が導入。

 

利用期間

2019年4月〜2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・数多くのコーデックを読み込めるプレミアはデジタイズというデータを変換する作業を行わずとも変種作業ができるので、作業時間の短縮になる。

macでもwinでも使用することができる。OSの壁を越えていけるのはありがたい。(ファイナルカットだと、winで利用できない)

・ショートカットやウィンドウレイアウトを自分好みにカスタマイズできる

・ファイナルカットからプレミアへの移行も大きなハードルにならない。会社でもほとんどの人がスムーズに移行できた。

・利用者が多い編集ソフトなので、わからないことがあった時に解決しやすい。

 

不便だと感じた点を教えてください。

iPhoneで撮影した映像データと相性が悪い

・バージョンが違うと読み込めない(プレミア2021のプロジェクトをプレミア2020では開けない)。フリーズしたり、同じ場面がリフレインしたりと、誤動作を起こすことが多々ある。

・上記症状を防止するために変換作業が必要になるのが手間

・やれることが多すぎて、特に最初は戸惑う

・ほかのソフトと比べると値段の高さがネックに感じる

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

同じアドビ製品である、フォトショップは、プロジェクトデータをそのままタイムラインに乗せることができるので連携しやすいです。

 

他の会社にもおすすめしますか?

映像関係の仕事をしている会社であれば、プレミアはおすすめ。数ある編集ソフトの中でもプレミアが一番汎用性が高く、使いやすいソフトなので。

マスコミ

11〜30人

安いアプリより技術面で優れる

利用にかけた費用

28,000円程度(年間)

導入に至った決め手

仕事で動画編集をする際に使用するため

利用期間

2021年7月〜2022年6月現在も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

・自分でショートカットを設定できるため、その人に合ったショートカットキーをカスタマイズできる。カスタマイズすることで作業効率がとても速くなった。

エフェクトや書体など、初期設定のものでも豊富だが、追加することもできるため、とても便利。

・ワークパネルもカスタマイズできるので、自分が好きな位置に置いて作業をすることができる。

・慣れてくるとスムーズに作業ができるので楽になった。

不便だと感じた点を教えてください。

・操作が多く少し複雑なため、初めて使用した時には少し難しすぎた。どこに何があるのか、それが何の操作のためのものなのかを理解するのに時間がかかった。

・時々エラーが発生し、保存ができていない状態で落ちてしまうことがあった。

・値段が非常に高く、買い切りタイプもないので、もう少し安いとありがたい。

動画編集が初心者の方には難しすぎると感じた。

他の会社にもおすすめしますか?

動画編集の会社やyoutuber、念入りに作成したい方におすすめできる。他の無料動画編集アプリや、少し価格が低いアプリなどど比べると、プレミアの方が技術性に特化している。

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ