VideoProc Vlogger

記事更新日: 2021/12/15

執筆: 山川知沙

編集部コメント

無料・簡単・高機能がそろった動画編集ソフト

「VideoProc Vlogger」は完全無料にもかかわらず、有料版並みの機能が充実した動画編集ソフト。簡単な操作でプロ並みの動画コンテンツを作成でき、動作も軽くサクサク編集できます。

ロゴや広告も入らず、出力形式も多様なので、各種SNSの企業アカウンへの投稿にも最適です。低コストと高機能を両立した動画編集ソフトを探している企業は必見です。

良い点

無料ですが機能は充実。基本的な動画編集機能から高度な機能まで備わっているので、誰にでも簡単に凝った動画コンテンツを作成できます。

悪い点

有料の動画編集ソフトと比較してしまうと、オーサリング機能がなかったり、モバイルで作業できなかったりと敵わない部分もあります。

費用対効果:

完全無料にもかかわらずプロ仕様の高度な機能が充実!コスパは最高です。

UIと操作性:

直感的に操作できます。4K映像編集や多様な画面比率に対応でき、YoutubeなどSNSコンテンツの作成にも向いています。

サポート体制:

公式HPにダウンロードやライセンスコードの入手方法、基本~応用の編集方法など、詳細な説明ビデオを視聴できます。

VideoProc Vloggerとは?

「VideoProc Vlogger」は完全無料にもかかわらず、有料版並みの機能が充実した動画編集ソフトです。

時間や解像度制限、その他機能の制限は一切なく、ロゴや広告も入りません

しかも簡単な操作でプロ並みの動画コンテンツを作成できます。

画面比率も複数に対応でき、各種SNSの動画コンテンツ作成にも最適。サクサク編集できるので、SNSへの高頻度な投稿にも十分対応できるでしょう。

また、4K映像の編集もできるので、YouTubeでも美しい動画コンテンツを作成できます。

公式ホームページには詳細な説明ビデオが用意されています。

ダウンロードやライセンスコードの入手方法や、編集方法も基本から応用まで幅広い内容です。

はじめてでも戸惑わず作業できるでしょう。

▶公式ガイドはこちら

VideoProc Vloggerの導入メリット4つ

1.完全無料でも機能充実

「VideoProc Vlogger」は完全無料の動画編集ソフト。

時間制限、解像度制限、その他機能制限は一切なし。

アップグレードにかかる費用も発生しません。

初めから終わりまでロゴも広告も入ることなく、企業用のコンテンツ作成にも大いに利用できます

VideoProc Vloggerの基本機能
・画面分割
・映像の長さ調整
・クロマキー合成
・PIP
・カラーコレクション
・テロップとタイトル
・字幕追加
・エフェクトとトランジション追加…など

上記の基本機能だけでもかなりの充実度ですが、さらに高度な編集機能がプラスされるのが「VideoProc Vlogger」の大きな魅力。

無料でありながら、プロ並みの映像コンテンツを作成できるのです。

次の項では、この高度な動画編集機能について解説します!

2.プロ仕様の凝った動画が作成できる

「VideoProc Vlogger」には基本的な動画編集機能に加え、高度な編集機能も搭載されています。

「VideoProc Vlogger」の売りポイントである高度な編集機能は以下。

高度な機能
①高度な色編集
②素材のインポートスピードが速い
③スピードランプ
④モーションエフェクト
⑤音声編集機能


①高度な色編集

90+プリセットのLUT設定が用意されていて、色調補正を簡単に実行できます。
LUTで行う色補正以外にもマニュアルで行える色調補正機能が搭載されていて、明るさの調整や色彩の調整が細かくできます。

②素材のインポートスピード

動画、写真、音声などの素材を高速で取り込めます。
他の動画編集ソフトと比較しても速いです。

③スピードランプ

動画をスローモーションにしたり、スピードアップさせたりすることで、メリハリのある映像を作成できます。

④モーションエフェクト

28のモーションプリセットが搭載されています。
ズーム、回転、角度変更など様々なカメラの動きを模倣できます。

⑤音声編集機能

プロ仕様の音声波形編集画面で音声を編集できます。
BGMを自動的に検出できるので、音楽編集作業を効率よくできるでしょう。


④モーションエフェクト機能

3.SNSに最適

「VideoProc Vlogger」は様々な動画の画面比率に対応しているので、SNS用のコンテンツ作成も手軽です。

16:9、4:3、1:1、9:16、3:4で画面編集を行えるので、YouTubeやTwitter、Instagram、Tiktok、Facebookへのアップロードも簡単に行えます。

SNS投稿では小まめな配信が重要。

複雑な操作が要求される動画編集ソフトや動作スピードが遅いソフトでは、効率よく投稿することが困難です。

その点、「VideoProc Vlogger」の操作感はとてもシンプルな上、初心者にも扱えるぐらい簡単なので安心。

スピード感を持ってSNS投稿に対応できるでしょう。


様々な画面比率に対応

4.4K動画の編集もできる

「VideoProc Vlogger」では4K動画の編集が可能。

YouTube向けの動画でも、4Kなら鮮明で美しい動画が作成できます

まだまだテレビはHDが多いですし、4Kに対応していなくてもいいと思うかもしれませんが、完成した映像のインパクトは4KとHDでは格段に違います

画面に吸い込まれるような、そんな臨場感溢れる映像は4Kの強みなので、映像のクオリティにこだわるなら、4K編集に対応できる動画編集ソフトがおすすめです。


4K動画対応可能

VideoProc Vloggerのデメリット2つ

1.モバイル端末に対応していない

非常に残念ですがモバイル端末には対応していません。

外出先や移動時に編集したい場合にも、必ずパソコンを準備する必要があります。

「VideoProc Vlogger」のサービス提供元であるDigiarty社は「今後、モバイル端末でも使用可能なバージョンをお届けできるよう努めています」と公言しているので、今後のサービス展開に期待しましょう。

2.情報収集にはライセンス登録が欠かせない

「VideoProc Vlogger」は完全無料で、ライセンス登録なくともソフトの利用は可能です。

しかし登録することによって、技術サポートや最新情報など諸々の情報を入手できます。

登録がひと手間と感じるかもしれませんが、ライセンスコードの入手・登録はとても簡単です。

まず、新規のライセンスコード登録画面にメールアドレスを入力。

同画面上のコード取得ボタンを押せば、入力したメールアドレスにライセンスコードが送られます。

後は、再度ログイン画面で発行されたライセンスコードを入力するだけです。

一つのライセンスコードで最大2台のパソコンでの利用が可能です。

VideoProc Vloggerの料金プラン

「VideoProc Vlogger」は完全無料のフリーウェア。

WindowsでもMacでも完全に無料で利用でき、ロゴや透かし、広告はいっさい入りません。

競合製品との料金比較

有料版の動画編集ソフトは、それなりに費用がかかります。

しかし有料版は、オーサリング機能がついていたり、サードパーティーとの連携に優れていたりするなど、無料版では叶わない便利な機能が搭載されているので、自社の動画作成の目的と予算に合わせ選びましょう。

  VideoProc Vlogger PowerDirector Final Cut Pro
対応OS Windows・Mac Windows・Mac Mac
費用 無料 ・買い切り版
 12,980円〜

・サブスク版
  6,200円/月〜
36,800円

 

VideoProc Vloggerを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

1.とにかく費用をかけたくない企業

「VideoProc Vlogger」は完全無料の動画編集ソフトです。

動画コンテンツ作成にあまり費用をかけられない企業にとっては、非常にありがたいツールと言えます。

他の無料ソフトのMicrosoftフォトやiMovieMacと比較すると、PIPやクロマキー合成、4K映像編集機能など高度な機能が多く備わっています。

無料の動画編集ソフトの中では「VideoProc Vlogger」はズバ抜けてオススメです。

2.凝った動画を作成したい企業

「VideoProc Vlogger」には基本的な動画編集機能に加え、凝った動画作成に対応できるよう高度な編集機能も搭載されています。

色彩調整、映像のスピードコントロール、画面のモーションエフェクト、音声編集などをプロ仕様で、かつ簡単に行いたい企業にはぜひおすすめのツールです。

3.SNS向けの動画を作成したい企業

「VideoProc Vlogger」は様々な画面比率の動画編集に対応できるので、各種SNSに簡単に共有することが可能。

また、4Kの映像編集にも対応できるので、より鮮明でインパクトのあるYoutube動画の作成も実現できます。

編集は手軽に行えるので、スピード感が求められるSNS用のコンテンツ作成には向いているでしょう。

向いていない企業

DVDやBlu-ray用にも映像を作成したい企業

「VideoProc Vlogger」にはDVDやBlu-rayディスクに書き出すためのオーサリング機能は備わっていません。

DVDやBlu-ray向けの動画を編集するには、有料版の動画編集ソフトを選ぶ必要があるでしょう。

まとめ

「VideoProc Vlogger」はプロ仕様の高度な編集機能が利用できるにもかかわらず、費用は無料!

簡単なUIでサクサク、直感的に動画編集が行えます。

コストはできる限りおさえ、でも機能は欲張りたい!

そんな企業にうってつけの動画編集ソフトです。

 

画像出典元:「VideoProc Vlogger」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ