VideoPad

記事更新日: 2020/09/15

執筆: 編集部

編集部コメント

「VideoPad」は海外の編集者おすすめ賞に選ばれた実績があります。企業の商品プロモーション動画などを、専門外の社員でも動画再生を手早く行いたいと感じている部門に適しています。人事採用にて使用する自社の紹介動画作成など、都度最新情報を盛り込んだ動画をパパっと作りたいと思っている企業にも適しています。

1. 高機能な動画編集機能を簡単操作で実現

わかりやすいインターフェースで十分な機能を実現

2. 豊富なエクスポート機能

DVDへの媒体保存・オンライン視聴対応・静止画保存など

3. 多彩な読み込み画像フォーマットに対応

DV規格のカムコーダ・HDD/Webカメラからの画像など

良い点

基本的な動画編集を簡単操作で行えるため、必要十分なクオリティの動画が出来上がります。動画編集に詳しい担当者が居なくても対応できる点も魅力です。

悪い点

ドル建ての料金体系になっているため、契約時の為替レートによって料金に多少差がでます。動画ファイル変換など便利に使える関連ソフトも用意されていますが、別料金となります。

費用対効果:

PC1台1ライセンスの他に、3カ月更新プランもあるため、必要な期間だけ導入する使い方も可能です。

UIと操作性:

複雑な動画編集操作が簡単にできるよう工夫されたインターフェースを備えています。

他言語対応:

製品ページではアメリカ・ドイツ・フランス・スペイン・イタリアなど6か国語での案内と10か国向けの購入方法が記載されています。

導入ハードル:

インストール作業はありますが、とりたてて難しい作業はありません。無料版で操作性を十分に確認できます。

サポート体制(運営会社の):

基本的にはサイトのサポートページからの問い合わせとなります。電話対応は有料となります。

VideoPadの特徴3つ

1. 柔軟な画像編集

せっかく動画編集ソフトを使うので、豊富な機能をできるだけ簡単に操作したいものです。

VideoPadでは動画編集が直感的に行える各種機能を取り揃えています。

不要な部分を切り取る場合は、狙った範囲の始点と終点に旗を付け、ドラッグするだけで操作完了。

その他にも各種エフェクト機能・再生速度の調整・手振れ補正・背景合成機能など、本格的な機能をシンプルで分かりやすいインターフェースで操作できるようになっています。

画像編集イメージ

2. 効果的な音声編集機能を搭載

動画編集では画像はもちろん、音声処理も大事なポイントです。

VideoPadでも画像に適切なバランスで音声を調整できる機能が揃っています。

ナレーションやBGMの素材となる音については、マイクからの音声録音取り込み・音楽CDからの取り込み・合成音声の挿入が可能。音声にはリバーブやエコーなどの各種エフェクトも用意されています。

さらに画像に合わせてフェードイン・フェードアウトの調整も行えますので、より臨場感あふれる動画作成が可能です。

音声編集画面例

3. 多彩なエクスポート機能

せっかく作成した動画ですから、そのままPC上で再生するだけではなく、スマホやオンライン上でも再生できると、使い勝手が広がります。

VideoPadのエクスポート機能を使うと、まずはFullHD形式で保存できるため、良い画質で作成動画を残せます。もちろんDVDやブルーレイへの保存も可能です。

また、オンラインで視聴できるようYoutube/Facebook/Flickrへのアップロード機能・スマホやPSPでの再生に対応しています。

さらに動画の一部を取り出して、JPG/PNG形式の静止画としての保存も可能です。

エクスポート機能操作イメージ

VideoPadの料金プラン

プラン名 料金
マスター版 $150(為替概算¥13,899)
マスター版3ヶ月プラン $150(為替概算¥13,899)

 

まとめ

この記事では[VideoPad]の特徴・評判・料金を解説しました。

「VideoPad」はプロ級の動画を初心者でも簡単に作りたい方におすすめです。

またライセンスを買い取るのではなく必要な期間だけ使いたいという場合には、3カ月プランを利用すれば費用も抑えられるので便利です。

英語版を始め複数の言語に対応したソフトがあるため、世界中に支社がある企業にも、適しています。

画像出典元:VideoPad 公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ