Adobe Premiere Elements

記事更新日: 2020/07/15

執筆: 編集部

編集部コメント

無料版も利用可能、YouTube・Vimeo等への投稿など高品質で使い方が簡単なツールを求めている人におすすめの動画編集ソフトです。シンプルな操作とガイド付きの編集機能で、直感的に動画編集が可能なため、初心者にもうってつけです。AI技術を活用することで、人物や場所などによって写真が自動的に整理されるので、写真の管理も手間いらずです。

1. 作品の自動生成機能

AI技術を活用し、写真やビデオからスライドショーやコラージュを自動生成

2. 画像補正機能

画像のノイズ・手ぶれ・かすみの補正、ムービー全体の明るさやカラーを調整できる

3. 動画の共有

YouTube、Vimeo、ご自分のWebサイトへの動画共有、DVDへの書き出しが可能

良い点

初心者でも、手間いらずで写真の整理・動画編集が行える点が魅力です。シンプルな操作画面でありながら、写真の補正や、本格的な加工、動画の共有まで充実した編集機能が便利です。

悪い点

より高度な編集機能を求める方には物足りないかもしれません。本格的な動画編集には、同社の「Adobe Premiere Pro」が向いています。

費用対効果:

個人で利用する場合は17,800 円(税別)です。「Photoshop Elements 2020 & Premiere Elements 2020バンドル版」を購入すると、それぞれ単体で購入するよりも割安になります。

UIと操作性:

ガイド付きで編集が初めてでも安心。クイック編集機能とドラッグアンドドロップでムービーの作成が簡単にできるのが良いです。

知名度:

「Illustrator」や「Photoshop」など、Adobe社が提供する多様な編集ツールは多くのシェアを獲得しており、「Adobe Premiere Elements」も多くの利用者がいます。

Adobe Premiere Elementsの特徴3つ

1. 動画を高品質に編集する豊富な機能

「Adobe Premiere Elements」の特徴1点目、それは動画を高品質に編集する豊富な機能です。

暗いところで撮影し、ノイズの入ってしまった粗い映像の修正やかすみ、手ぶれの修正が可能です。動画撮影に慣れていない初心者でも、高画質な映像に加工することができ、完成度を高めることができます。

また、映像の中で気に入った瞬間はスナップ写真として抽出できるなど、柔軟な動画編集が実現可能です。

さらに動きに合わせて表示されるモーションタイトルや、アニメ調の編集、50以上の楽曲と250以上の効果音など、豊富な編集機能が搭載されているため、組み合わせ次第で自由にオリジナリティ溢れる作品づくりを楽しむことができます。

アニメ調に編集した動画

2. 動画の整理を簡単にするスマートタグ機能

次に紹介する「Adobe Premiere Elements」の特徴、それはAdobe SenseiのAI技術を活用したスマートタグ機能です。

ビデオを取り込む際に人物の顔が自動的に認識され、仕分けられます。

人物をタグ付けして検索できるので、後から写真を探すときに便利です。撮影した場所や、夕焼けなどの情景によっても自動的に写真が振り分けられるので、カテゴリごとに写真を整理する手間がいりません。

また、顔検出を使って特定の人物を画像の中央に表示したり、スライドショーを自動で生成することもできます。

Adobe SenseiのAI技術で人物をタグ付け

3. 直感的に操作できるクイック編集機能

「Adobe Premiere Elements」の特徴3つ目は、直感的に操作できるクイック編集機能です。

画面上に表示された操作メニューをドラッグアンドドロップするだけで簡単に編集ができます。

ビデオのトリミングも手順に沿って簡単にできます。さらにタイトルや音楽なども画面上で自由に組み合わせができ、すぐにオリジナルムービーを作ることが可能です。

「ノイズを軽減」メニューをドラッグアンドドロップすると編集が実行される

また、縦長の画面を横長のビデオに合わせたり、横長の画面を縦長にあわせるなど、フレームの編集も画面上で簡単に行うことができます。余白部分をシームレスに表示でき、柔軟な動画編集が可能な点が便利です。

縦長の動画も画面上で横幅調整が可能

Adobe Premiere Elementsの料金プラン

個人で購入する場合は17,800円(税別)です。既に購入し、アップグレード版を追加購入する際には、11,800円(税別)です。

また「Photoshop Elements 2020& Premiere Elements 2020バンドル版」をまとめて購入すると、24,800円(税別)とそれぞれを単体で購入するよりも割安になります。アップグレード版は18,800円(税別)です。

無料で試すこともできるので、まずは無料体験版を利用してみるのが良いでしょう。

Adobe Premiere Elementsの評判・口コミ

AIエンジンでスライドショーやイベントを自動作成
Hillary Grigonis 様

「Photoshop ElementsとPremiere Elements 2019にAdobe SenseiというAIエンジンが搭載され、まったく手を触れなくても、写真やビデオのスライドショーやいくつものイベントからコラージュを作成することができます。両アプリケーションともにパフォーマンスが強化され、インストールが高速になったほか、編集ツールが使いやすくなっています」

簡単で編集しやすいインターフェース
Jackie Dove 様

「クイック編集モードが刷新。便利なインターフェイスで2種類の編集方法を選択でき、それぞれの編集で必要なツールにすぐにアクセスできます。驚くほどわかりやすく、家庭用のムービーも短時間で簡単に作成できるでしょう」

*「Adobe Premiere Elements」公式HP参照

まとめ

今まで無料編集ソフトを使ってきたけれど、これから本格的な動画編集を始めたいという方に使ってほしい動画編集ツールです。

それはシンプルな操作性やガイド編集といった初心者に優しい編集機能と、高品質な画像補正や編集機能を兼ね備えていることが「Adobe Premiere Elements」の大きな特徴だからです。

動画を取り込む際のAI技術を活用した写真のカテゴリ分けによって、写真整理・写真を探す手間が大幅に削減されることや、ドラッグアンドドロップといった直感的な操作で編集ができるなど、動画編集をする際に起こる手間や難しさを減らす機能が充実しています。

まずは無料体験版でその豊富な機能や操作性を試してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Adobe Premiere Elements」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ