TERRACE MAIL Security

記事更新日: 2021/04/20

執筆: 編集部

編集部コメント

メールセキュリティに必要な機能がオールインワンとなっているE-mailセキュリティソリューションです。情報化社会における対策は必須ですがスパムメールやウイルス対策そして情報漏洩など目に見えない部分での攻撃や嫌がらせは多岐にわたっています。そんな攻撃に負けずさらに便利なメール機能まで付随しているのでこれから先も確実に重宝するセキュリティです。

メール暗号化ソフトを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

メール暗号化ソフトツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. 情報漏洩防止

メールからの情報漏洩を防ぐために暗号化や送受信メールモニタリングが可能

2. スパム・ウイルスメール対策

4段階の多段階専用フィルタによるスパムやウイルス対策ができる

3. ランサムウェアや標的型メール攻撃対策

わかりにくくなりつつある不審メールを検知し注意喚起を促す

良い点

RBL遮断やDNS検査といったスパムフィルタは強力で機密保持能力が非常に高くメール保管と復旧などのメールセキュリティに必要な機能も揃っています。

悪い点

あくまでもE-mailセキュリティソリューションになるので、ランサムウェア対策に必要なWebサイト経由やアプリ経由の感染防止対策までは網羅していません。

費用対効果:

メール流量1日平均10万通以下のモデルが本体価格120万円で、メール流量1日平均30万通以下のモデルが本体価格240万円とやや高めの料金設定になっています。

UIと操作性:

暗号化の作業がそれほど手間には感じられず、日常的な業務への支障はほぼありません。わかりにくい不審メール検知機能によって不要な作業も減ります。

セキュリティ:

トータルE-mailセキュリティソリューションであることから、メール全般へのセキュリティレベルは非常に高く4段階多層フィルタはなかなか突破できません。

TERRACE MAIL Securityの特徴3つ

1. メール暗号化機能

「TERRACE MAIL Security」の特徴の一つが非常に高度なメール暗号化機能です。

送信メールの暗号化の実施はもちろんですが、添付ファイルへの暗号化送信設定も可能であり暗号化条件のポリシー設定も多種多様に可能となっています。

メール全体を暗号化して送信することも可能ですし、誤送信防止機能とセットで運用すれば送受信ミスも軽減し、ウイルス感染の可能性や情報漏洩の可能性も一気に低下します。

送信メール暗号化のチャート

2. 送受信メールの一時保管機能

次に紹介する「TERRACE MAIL Security」の特徴は、送受信メールの一時保管機能です。万が一が発生してメールの復旧が必須となった場合でも問題なく復旧が可能となります。

これは送受信メールをリアルタイムで保存しているから可能な機能であり、リアルタイムモニタリング機能と合わさって正常と判断されたメールをいつでも再送できるようになっています。

また、送信メールの経由国がどこなのかもチェックも可能であり国ごとのメール受信設定も可能です。

国外とのやり取りが多くそういったシーンでの情報漏洩が不安という企業にも重宝する機能となっています。

一時保管機能が便利

3. 非常に精度の高いランサムウェア対策機能

メールによるウイルス感染、特に昨今ではランサムウェアの感染は非常に多く、いくつもの会社がこのランサムウェアの被害にあっています。

昨今のランサムウェアは安全なメールを装うために有名な企業のロゴを使用したり、ユーザーにあったメールを作成するようになっているのです。

「TERRACE MAIL Security」の特徴の一つとして、攻撃型メールやフィッシングメールを開かないようにするために4段型のフィルタを用意して最終的には無害化または通知および遮断をしてしまうのです。

この機能により、誤って開いてしまった、うっかりクリックしてしまった、というミスからの情報漏洩やランサムウェアの感染を防げるようになり、企業の大切なデータをきちんと守れるようになります。

接続段階・SMTP段階・Contents段階・APT段階の4段階スパムフィルタとパターンフィルタ・学習型フィルタ・RPDフィルタ・ウイルスフィルタ・スパムフィンガープリントの5つのルールによってメールによる被害は一気に減らせます。

メール無害化の流れ

 

TERRACE MAIL Securityの料金プラン


上の表の通り、Standardモデルは定価で120万円、Enterpriseモデルは定価で240万円となっています。Enterprise Plusモデルの価格についてはお問い合わせをする必要があります。

1日でどれだけのメールをやり取りするのかによって価格が変動する為、社員が利用するメール量を考慮しながら選択する必要があります。

まとめ

インターネット上の情報のやりとりに欠かせないメールですが、このメールを悪用したスパムやウイルスやランサムウェアや情報の抜き取り方法も永遠と進化し続けます。

「TERRACE MAIL Security」はRBL遮断やDNS検査といったスパムフィルタにより機密保持能力が非常に高く、メールの保管や復旧などメールセキュリティに必要な機能が揃っていることから最新のセキュリティ対策が期待できるでしょう。

国内はもちろん、海外との取引が多い企業でも、メールからの情報漏洩を防ぐツールとして重宝するはずです。

画像出典元:「TERRACE MAIL Security」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

メール暗号化ソフトの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するメール暗号化ソフト
メール暗号化ソフト
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ