FENCE-Mail For Gateway

記事更新日: 2021/04/13

執筆: 編集部

編集部コメント

「FENCE-Mail For Gateway」はメール無害化や個人情報チェック、誤送信対策に対応した、受信・送信両面でセキュリティを強化できるゲートウェイ型メールセキュリティです。既存のメール環境やネットワークインフラを大きく変更することなく容易に導入できます。また、ファイル無害化ソフトとの連携で自治体強靭化対策も可能、地方自治体での導入にもおすすめです。

メール暗号化ソフトを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

メール暗号化ソフトツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. メール無害化

受信HTMLメールをテキスト化。添付ファイルを自動削除や転送、ウィルスチェックが可能。

2. メールチェック

送信ルールに違反したメールを中断または保留し、確認後送信。

3. メール暗号化

メール本文と添付ファイルをパスワード付き暗号化ファイルやFENCEブリーフケースとして安全に送信。

良い点

簡単に導入できて、メールセキュリティを自動化して個人情報漏洩対策ができるため、安全なメール環境が可能となります。

悪い点

自社の中で情報システムを保有し運用しているオンプレミスの為、クラウドサービスと比較するとスタートにやや時間や費用がかかります。

費用対効果:

1アドレスあたりの価格は導入数によって変わります。50アドレスの利用で約350,000円~などですが詳細はお問い合わせください。

UIと操作性:

社内のメールシステムに導入するだけで使用できます。各種設定項目のUIも分かりやすいです。

社外連携:

ユーザー管理ではAzure Active Directory連携が可能です。

FENCE-Mail For Gatewayの3つの特徴

1. 送信メールを安全に、誤送信・不正持出し防止!

FENCE-Mail For Gateway(フェンスメール フォー ゲートウェイ)には、送信メールを安全に送るための多彩な機能が搭載されています

まず、ワークフローの面からは、上長確認などの承認フローをシステム化。

個人の意識不足での確認漏れを防ぎ、誤送信リスクや運用負荷を軽減します。

また、メール本文や添付ファイルの中にある個人情報や指定の語句を自動的にチェックする優れた機能も。

企業ごとの送信ポリシーに沿って、人名やクレジット番号、マイナンバーなどが検出された場合、メールを中断または一旦保留します。

さらに、受信者に合わせた暗号化形式で、メール本文や添付ファイルを自動暗号化します。

復元パスワードを自動で時間差通知できたり、あらかじめ送信先と取り決めた固定パスワードの設定もでき、一律だけではない柔軟な利用が可能な点も嬉しいですね。

送信メールの安全化の例

 

2. 受信メールを無害化、あらゆる感染から防御!

FENCE-Mail For Gatewayでは、受信メールを安全に受け取るための仕組みにも優れています。

まず、受信したHTMLメールの本文をテキスト化、リンクを無効化することで、マルウェア感染のリスクを軽減します。

また、ファイル無害化ソフト「FENCE-Works」との連携で、添付ファイルの自動分離も可能。分離したファイルを無害化して安全なファイルにしたのち、自動的にもとのフォルダに戻してくれます。

受信者は確認のための一手間を挟まずに自動的に安全なものを受け取れるため大変有用です。

自治体強靭化などでも有効なため、地方自治体での利用にもおすすめしたい機能です

なお、オプションで、本文内のIPアドレスやURLがあらかじめ設定した危険度を超えた場合、受信の中断などの処理をすることもできます。

ファイル無害化ソフトとの連携

 

3. 柔軟な管理機能

FENCE-Mail For Gatewayは、管理機能も利用しやすいです。

ポリシー管理については、自社の利用用途に応じて柔軟に設定できます。

営業部門やシステム部門など、対外的なやりとりの頻度や扱うデータの種類にあわせて適用できる点は有り難いですね。

また、ゲートウェイ型なので、既存のメール環境やネットワークインフラを大きく変更することなく容易に導入できる点も便利です。

フィルタリングも用途に合わせて様々な設定ができるため、社内のポリシーが複雑で簡便なメール暗号化・セキュリティソフトでは対応できないという企業にもぜひおすすめしたいサービスです。

導入形式

 

FENCE-Mail For Gatewayの料金プラン

1アドレスあたりの価格は導入数によって変わります。

メールサーバー1台、50メールアドレスの利用で約350,000円~などです。

送受信時の対策の種類によっても価格が変動しますので、詳細は公式HPから価格表をダウンロードしてみてください

FENCE-Mail For Gatewayの評判・口コミ

柔軟な対応と全体のコストパフォーマンスを評価
東京海上日動火災保険株式会社

添付ファイルを手作業で暗号化する作業が負担となっていたため導入を検討しました。メール送信時に暗号化の形式を任意に選べるようにしたいという、当社の要望に対して、カスタマイズではなく製品の標準機能で実現するなど、非常に柔軟に対応いただけたのが最大の決め手でした

*「FENCE-Mail For Gateway」公式HP参照

まとめ

この記事では、FENCE-Mail For Gateway(フェンスメールフォーゲートウェイ)の特徴・評判・料金について解説しました。

ファイル無害化ソフトとの連携でメールと添付ファイルを自動で分離、無害化した状態で受け取れる機能は大変便利です

自治体強靭化対策の推進にお悩みの地方自治体でも導入を検討いただきたいシステムです。

公式HPより詳細の紹介資料も入手できますので、ぜひ一度お問い合わせくださいませ。

画像出典元:「FENCE-Mail For Gateway」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

メール暗号化ソフトの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するメール暗号化ソフト
メール暗号化ソフト
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ