Clearswift SECURE Email Gateway

記事更新日: 2021/10/21

執筆: 編集部

編集部コメント

オンプレミス・ホスト型・クラウド・マネージドサービスなど自社に最適なスタイルを選択できるメールセキュリティシステムです。Microsoft Office 365やGMailなど普段利用しているメールに対しセキュリティを強化できるので、メールセキュリティシステムを導入するにあたって、手間と時間をかけたくないという企業におすすめです。

メールセキュリティを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

メールセキュリティツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. ウィルス対策機能

Avira、Sophos、Kasperskyの3つのウイルス対策エンジンによってウィルスの脅威から保護する

2. セキュリティ機能

スパム防御メカニズム、暗号化のオプション、DMARCやDKIMなどのセキュリティ対策機能を搭載

3. 情報漏えい防止機能

コンテンツ分析や検出対象の添付ファイルのタイプ・サイズの指定などを通して情報の漏えいを防ぐ

良い点

オンプレミス・クラウドなど自社に合ったスタイルを選択でき、このシステム一つでウィルスからの保護や情報漏洩対策のすべてをカバーできる点が魅力です。

悪い点

イギリスに本社があるため、導入に際しての問い合わせ対応に時間がかかる可能性があります。

費用対効果:

UIと操作性:

日本語版の製品が用意されているわけではので、英語に慣れている方でないと使いにくい可能性が高いです。

Clearswift SECURE Email Gatewayの特徴

セキュリティ対策として高度な性能を搭載

高度なインバウンド脅威からの保護やスパム検出、光学式文字認識(OCR)、複数の暗号化オプションなど、社内の重要メールを保護するための機能が充実しています。

また、脅威に関するレポート機能を利用すれば、より効果的なウィルス対策を打ち出すことも可能です。

さらに、高度なフィッシング攻撃データ漏洩の防止までカバーしているので、このシステム一つで社内のセキュリティ対策を万全にすることができます。

いつも利用しているメールを保護できる

社内または取引先とのメールのやり取りでMicrosoft Office 365やGMailを利用している企業は多いのではないでしょうか。

Clearswift SECURE Email Gatewayでは、Microsoft Office 365やGMailという普段利用しているメールに対し、セキュリティを強化できるので、他のメールアカウントをわざわざ作成する必要はありません。

導入に際して手間やコストをかけたくないという企業にはうってつけといえるでしょう。

Clearswift SECURE Email Gatewayの料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

まとめ

Clearswift SECURE Email Gatewayの特徴・評判・料金について解説しました。

オンプレミス・ホスト型・クラウド・マネージドサービスなど自社に最適なスタイルを選択できるメールセキュリティシステムなので、自社にフィットしたものを手間をかけず無駄なく導入できます。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Clearswift SECURE Email Gateway」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

メールセキュリティツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するメールセキュリティツール
メールセキュリティツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ