【保存版】必ず知っておきたいレンタルオフィスの選び方と注意点

【保存版】必ず知っておきたいレンタルオフィスの選び方と注意点

記事更新日: 2022/09/07

執筆: 編集部

起業計画と同時に考えたいレンタルオフィス。賃貸オフィスよりも敷居が低いということもあり、スタートアップの起業家には人気のオフィス形態ですよね。

しかしながら、事業内容や会社規模によってメリット、デメリットがあるのをご存知でしょうか?

また、レンタルオフィス以外にも、バーチャルオフィス、シェアオフィス、賃貸オフィスとオフィス形態は様々です。

今回は、必ず知っておきたいレンタルオフィスの選び方と注意点を紹介します。

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスのメリットは、低コストかつ事務所初期開設にかかる機能も充実していること!個人事業主やSOHO、副業など多様な働き方に適したスペースとして近年人気があります。

個室空間があり、机や椅子はもちろん、通信設備も完備。各レンタルオフィスごとに様々なサービスもあり、中にはレンタルオフィス主催の交流会で、情報交換ができることをメリットに感じている方々も増えています。

レンタルオフィスとシェアオフィス、バーチャルオフィスの違い

レンタルオフィスと一見すると似ているのが、シェアオフィス、バーチャルオフィスですが、実はそれぞれ環境が全く異なります。

まずシェアオフィスは、提供する事業会社によってサービスが多岐に渡ります。

専用スペースを借りることができるのか、はたまたフリーアドレスだけの利用になるのかによって、コストも仕事の空間も異なるため、事前に念入りな確認が必要となります。

次にバーチャルオフィスは、文字の通りバーチャルですので、物理的な作業場所がなく、実家などで作業するけれど会社登記やその他の手続きのための住所が必要な人が利用します

 

レンタルオフィスと賃貸オフィスの違い

賃貸オフィスの最大の特徴は、オフィス内のレイアウトを自由に変更できることです。これにより、会社のカラーを出すことも可能です。

ただし、初期の設備投資コストや家賃、従業員数の変動による対応など、長期的な事業計画とのバランスを慎重に考える必要があります。

 

レンタルオフィスのメリット・デメリット

レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスでは、デスクや椅子などが含まれているだけでなく、最初にかかる保証金も、賃貸オフィスに比べて少ないため、初期費用などのコストが抑えられることが最大のメリットです。

また、立地が良いところも多いのが魅力の1つ。

さらに、事業の大きさによって柔軟にオフィスのサイズも変更できるため、特に起業初期にはメリットが多いですね。

レンタルオフィスのデメリット

様々なサービスがあるゆえに、課金していくと、実は賃貸オフィスと変わらないくらいのコストがかかる場合があるので要注意です。

また、小さなレンタルオフィスの場合、運営元の会社自体が廃業してしまうケースもあります。

レンタルオフィスが適している人は?

  • 初期コストを抑えて起業をしたい
  • 専用スペースがほしい
  • 立地が良いところにオフィスを持ちたい
  • ランニングコストを抑えたい
  • シェアオフィス利用者との交流、仲間を増やしたい

という方にオススメです。事業内容や会社規模に合わせて選択していきましょう。

レンタルオフィスの選び方

抑えておきたいポイントは?

まず、立地は重要です。事業内容にもよりますが、お客様が来社される時のアクセスや、営業マンの交通の便も加味して選ぶこともポイントです。

次に、契約形態の確認。レンタルオフィスは様々な契約形態がありますので、きちんと契約条件を確認してから契約しましょう。

最後に、見落としがちなのは、オフィス運営元の信頼性。せっかくスタートさせてもすぐに運営元が潰れてしまっては、余計なコストもかかってしまいます。必ずチェックしましょう。

こんなところも要チェック!

お客様や一緒に働く人の目線で考えると、実は外観や内観も会社のイメージアップにつながる重要な要素です。

会議室など共有スペースや完備されている備品など、総合的なランニングコストも試算してから決めることをオススメします。

おすすめのレンタルオフィス

ビジネスエアポート


画像出典元:「ビジネスエアポート」公式HP

概要

ビジネスエアポートは、東急不動産が提供するレンタルオフィスで、都内の一等地を中心に複数の拠点を構えています

コンシェルジュが常駐しており、その高いホスピタリティは競合サービスと比較しても高い評価を得ています。

「お客様を招いての会議が多いが、案内には人員を割けない」など、臨時のサポートを求める企業に最適のサービスといえるでしょう。

国際空港のラウンジを思わせる、上質で居心地の良いオフィス空間が魅力で、サービスオフィス・シェアワークプレイス・会議室・イベントスペースなど多様な設備を備えています。

コンシェルジュが利用者同士を引き合わせてくれるサービスもあり、ビジネスチャンスのひろがりも期待できます。

料金プラン

ビジネスエアポート料金プランは複数用意されており、事業規模や利用方法によって選択できます。

その他、見学やコワーキングスペースとしての利用も可能です。

プラン ROOM BOOTH DESK OPEN DESK
月額利用料
(税込)
107,800円~ 104,500円~ 93,500円~ 82,500円~
入会事務手数料 月額利用料2ヶ月分
形態 個室 半個室 固定席 オープンデスク会員用
共有デスク
定員 1名~複数名 1名
仕様 居室施錠可・デスク・チェア・収納付き デスク・チェア・収納付き
契約期間 2ヶ月~応相談
利用可能時間 全日24時間
共有ラウンジ利用 全拠点営業時間内利用可能

 

ビジネスエアポート含むコワーキングスペースの資料DL

 

 

 PLUG-AND-PLAY Shibuya


画像出典元:「PLUG-AND-PLAY Shibuya」公式HP

概要

「PLUG-AND-PLAY Shibuya」は、東急不動産が開設した渋谷のインキュベーション施設で、レンタルオフィスサービスも提供しています。

頻繁にイベントやセミナーが開催されており、一般的なレンタルオフィスよりも他企業のメンバーと交流しやすい環境が整っています。

個室オフィスやブース利用など、シーンによって利用ブースを選択できるのも魅力の一つで、130席分のイベントスペースになるラウンジや4Kカメラとスイッチャーの貸出なども行っています。

1日だけのドロップイン利用も可能ですが、法人のサテライトオフィス、個人事業主のセカンドオフィスとしての利用もおすすめです。

料金プラン

  サービス
オフィス会員
アドレス会員 シェアワーク
プレイス会員
1DAY会員
初期費用 月額利用料2ヶ月+利用開始月日割 月額利用料1ヶ月+利用開始月日割
月額費用
(税込)
82,500円~
(BOOTH)
192,500円~
(ROOM)
55,000円 22,000円 3,300円/日
利用可能時間 BOOTH:平日
8:00-20:00
ROOM:全日24時間
平日8:00-20:00 平日8:00-20:00 当日の入館~営業終了時間
オプション
(税込)
・ロッカー:4,400円/月
・イベントスペース:49,500円/時
・会議室:6,600円~/時
・複合機シュレッダー:カラー50円/枚、白黒10円/枚

・ロッカー・イベントスペース・会議室・複合機などの利用はオプション料金が必要となります。

PLUG-AND-PLAY Shibuya 含む資料を一括DL

 

 

その他おすすめのレンタルオフィス

  • Regus(世界最大手)
  • ShareOffice Assets(税務相談ができる)
  • アントレサロン(東京・神奈川12店舗、6000社利用)
  • Ginza Venture Desk(モダンカジュアルなオフィス)
  • THE EXECUTIVE CENTTRE(ハイグレードなオフィス環境)

まとめ

今回は、必ず知っておきたいレンタルオフィスの選び方と注意点について解説しました。

これから起業する方には、コストを抑えて様々なサービスを利用することができるレンタルオフィスはとても魅力的です。

しかし、敷居が低いからといって安易に選んでしまうとNG。

賃貸オフィスと同等のコストがかかってしまう、レンタルオフィスの運営元自体が廃業してしまうといったリスクがあるので、様々な角度から慎重に選ぶ必要があります。

ぜひ事業内容や会社規模を踏まえた上で、理想のレンタルオフィスを選んでくださいね!

画像出典元:pixabay

この記事に関連するラベル

コワーキングスペース提供サービスの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

起業ログが厳選するコワーキングスペース提供サービス
コワーキングスペース提供サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求

コワーキングスペース提供サービスに関する記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ