Paidy

記事更新日: 2021/04/28

執筆: 編集部

編集部コメント

「Paidy」は、クレジットカードなしでも翌月支払いが行える後払い決済サービスです。クレジットカード情報を登録せずに利用できるため、購入者の購入意欲を下げることなく、新規顧客の獲得を実現できるでしょう。初期費用・月額費用が無料で利用できるので、コストをかけずに後払い決済サービスを導入したい企業にうってつけです。

1. 分割払い機能

分割払いの選択肢が多いので購入者が利用しやすい

2. 売上金の保証

売上金額は「Paidy」側で100%保証

3. 返金処理機能

スムーズな返金処理により業務負担を軽減

良い点

費用は決済手数料のみで、初期費用や月額費用なしで利用できるという高いコストパフォーマンスが魅力です。

悪い点

「Paidy」で支払いが行えるのは10万円までです。それ以上の商品を扱っている企業にとって「Paidy」は利用しずらい傾向にあります。

費用対効果:

月額料金や初期費用は無料です。決済手数料のみで利用できます。

UIと操作性:

誰にでもわかりやすくシンプルなサイト画面になっています。

知名度:

加盟店はどんどん増えており、ほとんどのネットショップで利用できるほど知名度は上がってきています。

導入ハードル:

審査を行い、加盟店として登録するだけで企業側のネットショップで活用できます。導入に面倒な手間は一切かかりません。

Paidyの特徴3つ

1. 新規顧客の獲得に効果的

「Paidy」はクレジットカードを持っていなくても後払い決済が行えるオンライン決済サービスです。

ネットショップを利用して買い物を考えている方の中には、クレジットカードを持っていない、クレジットカード番号の入力がめんどくさいまたは心配という理由で購入を諦める場合もあります。その離脱率は70%以上と非常に高い確率となっています。


決済方法がない場合の離脱率

 

「Paidy」なら、メールアドレスと電話番号を登録するだけで利用できるシステムなので、スマホから簡単に決済が行えます。また、3回、12回、36回の分割支払いが選択可能なので、高額の商品であっても購入者の購入意欲を下げることなく売り上げに繋げることが可能です。

このように、登録が簡単でかつ多様な分割払い選択できる「Paidy」は購入者にとっても便利であることから、今までの支払い方法では獲得できなかった新規顧客の獲得を目指せるでしょう。

さらに、ネットショップの売上は、決済環境を整えるだけでぐんと上がります。「Paidy」は主に、クレジットカードを持っていない若い世代の方がよく利用している決済方法です。ターゲット層が10代~20代であれば、なお導入効果が得られるでしょう。

2. セキュリティ面も安心

「Paidy」は重要な情報が取り扱われるオンライン決済サービスだからこそ、セキュリティ対策も万全です。ネットワーク通信の暗号化はもちろん、決済する際の本人確認は毎回行われます。登録した携帯番号へ4桁の認証コードが送信され、コードを入力しなければ購入ができない仕組みになっています。

このようなセキュリティ対策により、なりすまし行為による商品購入のリスクが低くなります。

また、「Paidy」では詐欺行為やなりすまし行為については365日24時間体制で決済状況を監視しています。このような強固なセキュリティ対策は購入者だけでなく事業者にとっても安心して利用できるサービスといえるでしょう。

   
セキュリティ対策も万全

3. どんな企業でも活用できる

一見、「Paidy」はネットショップでの活用が向いているように感じますが、実は様々な業種で幅広く利用されています。衣料品や食品などはもちろんのこと、デジタルコンテンツやホテルの宿泊費用の支払い、定期購入が可能な化粧品やサプリの支払いにも利用可能です。つまり、ネットショップだけでなく加盟店として登録すればどんな業種でも利用できます。

さらに、「Paidy」では、購入者の利用を促すキャンペーンも実施可能です。初回支払いを「Paidy」にしてもらえばお得になるキャンペーンを実施することで、新規顧客の獲得にも繋げられます。


どんな業種にもおすすめ

 
 
 

Paidyの料金プラン

「Paidy」は初期費用・月額料金なしで利用できます。かかる費用としては、決済手数料だけです。

詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

Paidyの評判・口コミ

想像以上に利用率が高く、反響も大きかった
合同会社DMM.com 

「Paidy」を利用している方がどれくらいいるのか把握できていない中の導入だったので、導入して利用されるのか不安でした。導入から1年たった現在、常に一定の利用率を保っています。クレジットカード決済の際に必要な番号入力などの手間がないため、UI/UX的にも非常に優れているといえるでしょう。

弊社の目標とするターゲットと「Paidy」が一致
株式会社ピーチ・ジョン

「Paidy」は10代~20代の若い女性が多く利用しているとうかがっていました。弊社のブランドは30代前後の女性の購入者が多かったのですが、若い年代の方にも手に取ってもらいたいと考え、導入しました。キャッシュバックキャンペーンも行えたのは新規顧客獲得に有効だったと思います。

*「Paidy」公式HP参照

まとめ

既存の決済方法から選択肢を広げて新規顧客を獲得したいと考えている企業におすすめのサービスです。

クレジットカード情報の入力が不要な後払いサービスは利用者にとっては安心感があり、企業側にとっては未回収リスクがないよう上限などの設定が行えるため運用しやすいです。

クレジットカードを所有していない若い世代には人気の決済方法なので、とくに若い世代をターゲット層としている企業にとっては最適な後払い決済サービスといえるでしょう。

画像出典元:「Paidy」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ