Marketia

記事更新日: 2019/09/24

執筆: 編集部

運営コメント

今回ご紹介する「Marketia」はリスティング広告の管理や最適化を行えるツールです。製品の効果的な戦略として挙げられるのがリスティング広告の利用です。「Marketia」を導入すれば、リスティング広告による効率的な製品販売に役立つでしょう。

1. 統合マネジメント

各媒体、指標、成果などを統合管理できる

2. 運用の高速化

PDS(計画・実行・監視)サイクルを高速化できる

3. 分析の高度化

デジタルマーケティングにおける分析を高度化できる

良い点

「Marketia」は、特に専門的な知識を持たない方でも見積もりからシュミレーションまで即座に確認できるというメリットがあります。

悪い点

運用は販売元・株式会社アイレップの担当者が行うため、現在のところは利用者が画面を閲覧できません。

費用対効果:

「Marketia」はPCやスマホ、リサーチチャンネルやアフィリエイト等の計測が可能、さらにスマホアプリからのダウンロード計測もできるため、汎用性が高いサービスだといえるでしょう。

UIと操作性:

システム導入時や導入後の操作が必要ありません。

社外連携:

現在のところ、社外連携には非対応です。

Marketiaの3つの特徴

1. データの統合管理が可能

「Marketia」は、ダッシュボード機能によってリスティング広告、ディスプレイ広告、アフィリエイト広告などの効果データを一括で管理でき、そのデータを用いて効果をモニタリングすることができます。また、PCやスマホなどからの流入も計測できるため、より良いマーケティング対策に役立つでしょう。

さらに、煩雑に設置された各アフィリエイトサイトなどのタグをワンタグで管理できるため、スッキリと整ったWEBページの実現にも役立ちます。


ワンタグの導入でスッキリと整ったWEBサイトが実現

2. 運用の高度化で掲載データの一括管理が可能

Yahoo!プロモーション広告やGoogleアドワーズ広告を、共通フォーマットで一括インポート・エクスポートできます。これにより、計画・実行・監視のスピードアップ効果を期待できるでしょう。

また、ルールベース入札機能により、入札意図に沿った入札が可能になるほか、広告の不意な自動停止も防止することができます。


計画・実行・監視のスピードアップ効果

3. アナリシスレポートによる問題の可視化

「Marketia」のクロス集計レポートでは、成果の妨げになっている課題を探り、今後の戦略に役立てることができ、課題となる可能性がある事柄を並べて比較できます。

また、アナリシスレポートでは独自の視点で開発された分析軸が用意されているため、問題が生じている場合にはそれを瞬時に可視化、その場で確認できます。

問題を素早く可視化

 

料金プラン

詳細については「Marketia」公式HPへお問い合わせください。

まとめ

リスティング広告は、ただ出せば成果が出るというものではなく、正確にデータ分析を行い、さらにそれを最適化した上で出稿・管理する必要があります。

とはいえ、それをまとめて行うのは至難の技で、そのようなときに役立つのが、今回ご紹介してきた「Marketia」なのです。

リスティング広告によってより高い成果を得たいなら、この機会に「Marketia」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Marketia」公式HP

その他の【広告統合管理】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ