SPinno

記事更新日: 2019/09/24

執筆: 編集部

運営コメント

今回ご紹介する「SPinno」は、煩雑になりがちな販促ツールを一元管理したり、販促ツールに関わるコンプライアンス管理を行ったりできるサービスです。販促活動に際し、販促ツールの種類が増えれば増えるほど管理が煩雑になり、最終的に販促ツールだけで赤字計上が出てしまうことも少なくありません。「SPinno」はそのようなお悩みを持つ企業にうってつけの販促ツールです。

1. 販促物の実態把握

各店舗ごとの販促物を把握でき、適材を適所に配分可能

2. 在庫管理

販促物の在庫を把握でき、余分な発注を避けられる

3. コンプライアンス管理

コンプライアンス違反の有無を確認できる

良い点

「SPinno」は、販促ツールやコンプライアンスルールの順守などを一元で管理できるサービスであるため、販促活動における混乱の予防に役立つでしょう。

悪い点

機能が多いため、慣れるまでに少々時間がかかる可能性があります。この点については各部署ごとに連携をとって対処すれば問題はないでしょう。

費用対効果:

UIと操作性:

機能が多いサービスですが、公式サイトから基本操作を確認できるため、機械操作が苦手な方でも確認しながら操作できます。

知名度:

「SPinno」は大手企業に導入されているサービスであるため、その認知度は高いと考えられます。

サポート体制:

PCやスマートフォンで資料を確認しながらの電話相談に対応しています。

SPinnoの3つの特徴

1. 業務フローの効率化

販促活動をするに当たっては、販促ツールの管理や販促物のデザイン管理、発注管理など、さまざまなシーンにおける管理業務が発生します。そのため、それらをバラバラに管理していると人件費がかさむだけでなく、労務環境の悪化で人為的ミスが発生するリスクが高まります。

「SPinno」では、わかりやすい画面から各フローごとの管理を行うことができ、効率的に業務を進められるので、人件費の削減と人為的ミスの防止に役立つでしょう。


業務フローの効率化でミスを予防

2. 在庫を正確に把握

販促物の在庫を把握していない現場が本部に販促物製作を依頼した場合、大量発注によって必要以上の在庫を抱えるリスクが高まります。すると、倉庫内で販促物を管理しきれずに廃棄せざるを得ない状況が起き、販促コストが二重にかかる可能性があります。

そこで、「SPinno」で導入すれば、在庫を一括管理でき、大量発注を防ぐことが可能です。つまり、販促コストの軽減につながるということです。


在庫の一括管理で販促コストの軽減に役立つ

3. コンプライアンスルールの確認

できているようで意外とできていないことが多いのが、コンプライアンス・ルールの理解です。たとえば、販促ツールとして画像やイラストなどを使用する場合などでは、メーカーのサイトなどから無断で拝借すると著作権法違反となる可能性があります。

このようなリスクを未然に防ぐには、、「SPinno」の「素材画像配置禁止エリアチェック機能」や「禁止文言・警告文言チェック機能」がおすすめです。この機能があれば、コンプライアンス・ルールに則った販促活動を実現することが可能です。

さらに、「デザイン編集機能」もあるため、より鮮明な画像を販促活動に役立てることも可能になります。


コンプライアンス・ルールに則った販促活動が実現

 

料金プラン

詳細については「SPinno」公式HPへお問い合わせください。

まとめ

「SPinno」は、システム内で販促業務に関わるすべての管理を行える便利なツールです。それだけでなく、コンプライアンス・ルールもチェックできるため、複数人で販促業務を管理する場合でも混乱が起こりにくいというメリットがあります。

さらに、「SPinno」の導入で販促活動の効率化も図れるため、労務環境の改善にも役立つでしょう。

販促コストがかかり過ぎているなどでお困りなら、この機会に「SPinno」を導入し、業務フローの効率化を目指してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「SPinno」公式HP

その他の【広告統合管理】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ