SeciossLink

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

セシオスリンクは、IDプロビジョニング機能を利用するとID情報を自動的にクラウドへ伝達(プロビジョニング)することができるようになるワンタイムパスワードサービスです。あらゆるサービスをつなぐシングルサインオンや、不正アクセスを防止する多要素認証など、企業を守るクラウド時代の新しいセキュリティサービスが、このセシオスリンクです。

ワンタイムパスワードを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ワンタイムパスワードツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. IDプロビジョニング

ID情報を自動的にクラウドへ

2. シングルサインオン

ひとつのIDとひとつのパスワードであらゆるサービスを利用できる

3. 多要素認証

安全なアクセスを確保する多要素認証

良い点

統合ID管理機能によって各システムをシームレスに利用可能で、「SSO(シングルサインオン)」ポータルを活用すれば、利用中のサービスへログイン済みとして遷移することができます。

悪い点

全ての機能を利用できるEnterpriseライセンスは、1ユーザーあたり年額6,000円と、やや高額となっています。

費用対効果:

Enterpriseライセンスは1ユーザーあたり年額6,000円とやや高額ですが、教育機関向けのEducationライセンスは1ユーザーあたり年720円とリーズナブルに利用可能です。

UIと操作性:

連携しているサービスを1つの画面に表示する「SSOポータル」は、視覚的にもユーザーが理解しやすく、管理者によるお知らせメッセージを表示させることができるなど、感覚的にわかりやすいUIとなっています。

知名度:

知名度は高いとは言えず、そのためか導入実績も多いとは言えません。

サポート体制:

セシオスリンクのサイト上にマニュアルが掲載されているほか、平日10時から18時までは電話によるサポートを受けられます。

セキュリティ:

ワンタイムパスワードやクライアント証明書を利用した認証方式を標準で搭載しており、これらを組み合わせることで、多段階の認証を求めるように設定することができます。

SeciossLinkの特徴3つ

1. 高度なセキュリティ要件にも対応するアクセス制御機能

企業によってセキュリティ要件はさまざまです。セシオスリンクは、社内アクセスのみ許可する、特定のユーザーのみ社外アクセスを許可する、重要な情報へのアクセスは管理職のみ許可する、など柔軟なルール設定が可能です。

また、業務時間外はアクセスできないようにすることや、所属する部署ごとにアクセスできる権限を細かく設定するなど、社内のルールに沿ったアクセス制御が可能になっています。


セキュリティ管理を詳細に行える

2. Office365連携

SeciossLinkとOffice365を連携すれば、アカウント管理の自動化や、アクセス制御などが簡単にできるようになります。

管理者はSeciossLinkを経由して、Office365のアカウント作成や変更、削除だけでなく、ライセンスの付与や剥奪までを自動的に行うことができます。

また、社内ではパスワードのみで利用可能とし、社外からのアクセス時は許可した端末のみ利用可能としたいといった、細かな設定を簡単に行うことが可能です。


Office365と簡単に連携できる

3. API連携

SeciossLinkは多くのAPIを備えており、利用中のシステムからSeciossLinkのAPIを利用して簡単に情報連携を行えるようになっています。

たとえば、社内の人事システムからCSVファイルを出力し、SeciossLinkのCSVファイルアップロードAPIを利用して、クラウド環境へ自動的にアップロードすることができます。

認証やアクセス制御をSeciossLinkにまとめることで、運用コストを削減できるだけでなく、情報に関するセキュリティを向上することができます。


APIにより様々なシステムと柔軟に連携できる

 

SeciossLinkの料金プラン

上記の通り、Standardライセンスは1ユーザーあたり年額1,800円、すべての機能が使えるEnterpriseライセンスでは年額6,000円とやや高めの価格設定です。

ユーザー数が多い場合は、料金が高くなってしまうというデメリットがあります。

SeciossLinkの評判・口コミ

新たな統合IDの導入と認証基盤の構築を図る
株式会社リコー様

ID管理システムと認証基盤の老朽化に伴い、クラウド活用に向けた新しいID体系の構築が必要でした。新ID体系に変更することで、一人1IDを実現し、同時にシングルサインオンや多要素認証を導入したことにより、利便性とセキュリティを向上することが出来ました。

*「SeciossLink」公式HP参照

まとめ

様々なシステムへのアクセス管理を行うため、ID体系が複雑化している企業も多いでしょう。こうした企業には、ひとつのIDで社内のすべてのシステムにログイン出来る、シングルサインオンの機能の導入は魅力的だと思います。

また、社内からのアクセスは許可し、社外からのアクセスは特定のユーザー以外許可しないといった、一定のユーザーにのみアクセスする権限をつけるなど、社内のルールに則した複雑なアクセス権限を一括して管理できることも、セシオスリンクの魅力の一つです。

このように複雑なアクセス権限を、まとめて管理できるセシオスリンクですが、多要素認証の機能を持つことで、セキュリティ対策も万全です。

Office365に連携する機能も持っていますので、テレワーク対策など、これからの時代のアクセス管理、セキュリティ管理に向いているサービスだと言えるでしょう。

画像出典元:「SeciossLink」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ワンタイムパスワードの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するワンタイムパスワード
ワンタイムパスワード
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ