らく認

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

ワンタイムパスワード、QRコード、生体認証などマルチな認証方式に対応しているクラウドサービスです。ユーザーの用途にあわせて使いやすい認証方式を選択できます。自社で認証サーバを構築することは不要で、必要な認証方法のみを運用できるので、自社の用途に合った認証システムをコスパ良く導入したい企業にとくにおすすめです。

ワンタイムパスワードを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ワンタイムパスワードツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. 生体認証

らく認のアプリ利用で、普段使用しているスマートフォンによる指紋認証・顔認証ができる

2. スマホ認証

ユーザーIDを入力し、らく認のアプリをタップまたはシェイクするだけで簡単にログインができる

3. ワンタイムパスワード認証

ユーザーIDを入力後、らく認のアプリに送信されたワンタイムパスワードを入力するだけでログイン完了

良い点

自社の用途にあわせて、ワンタイムパスワード・生体認証・スマホ認証など多様な認証方法を選択でき、無料プランから用意されている点が魅力です。

悪い点

契約単位は年間毎となっており、途中解約の場合は返金不可となっているので注意が必要です。

費用対効果:

無料プランから用意されており、有料プランでも1アカウントあたり月額200円から利用できます。

UIと操作性:

ユーザーIDを入力すれば、普段利用しているスマートフォンから簡単にログイン可能なので、誰でも使いやすい操作性といえます。

らく認の特徴

顔認証方式が便利

IDやパスワードだけの認証方式の場合、それらの情報がハッキングなどにより外部へ流出した際に、会社のネットワークへ簡単にアクセスされてしまう危険があります。

らく認では、従来の固定パスワードによる認証方式ではなく、顔認証方式によるセキュリティの強化により、安全にVPN通信を利用することができます。

すなわち、らく認を導入すれば、自社で認証サーバーを運用しなくても良いので、システムの導入費用とランニング費用を抑えることが可能です。

高セキュリティで安心

らく認はFEITIAN Technologiesが開発し、中国の金融機関でも利用されています。

銀行向けの情報セキュリティ関連商品の開発の経験があるプロフェッショナルが開発メンバーとなっているだけなく、顧客ごとのデータの隔離管理、IDなどの保護が必要なデータに関しては暗号化を実施しているので安心して利用することができます。

また、独自のモニタリングツール及びAWSのモニタリングとロギングツールを使用してリソースを監視しています。異常を検知した場合には、運用担当者にアラートが通知されるので、突然トラブルやシステム障害への迅速なサポートをおこなってもらえます。

らく認の料金プラン

無料で利用できるフリープランと、有料プランが2つ用意されています。

スタンダードはアカウント数500未満、アプリケーション数10となっていますので、中小企業向けです。

エンタープライズは、アカウント数・アプリケーション数ともに無制限となっていますので、従業員数が多い企業におすすめです。

まとめ

らく認の特徴・評判・料金について解説しました。

必要な認証方法を選択できるので、自社の用途に合った認証システムをコスパ良く導入したい企業にとくにおすすめです。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「らく認」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ワンタイムパスワードの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するワンタイムパスワード
ワンタイムパスワード
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ