Resily

記事更新日: 2020/11/30

執筆: 編集部

編集部コメント

Resilyは、「目標達成へのコミュニケーションを革新し、企業のパフォーマンスを最大化する」ためのクラウド上の目標管理サービスです。OKRは、Googleをはじめ数多くの企業が導入しており、社内のチームが一体となって高い目標をクリアするための目標管理手法です。Resilyはどんな企業でも簡単にOKRを活用できるソリューションとなっています。

OKR管理ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

OKR管理ツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. チームの目標管理

全員が目標を忘れずに継続的に取り組み続けるチームを構成できる

2. 高い目標にチャレンジ

高い目標にチャレンジすることを実現することで、期待以上の成果を導く

3. 目標にフォーカスする

重点的に取り組むべき目標やアクションを絞り込む

良い点

事業目標達成に向けた各部門・チームのプランについて、目標達成に対する無駄や矛盾のあるプランを容易に発見できるようになり、事業成長への有効なプランを効率的に導くことができます。

悪い点

OKRを決めるためには、関係者全員でのディスカッションや合意、また各OKR同士の整合性があることや意思決定者の承認など、複数の段階が必要であるため、導入に手間と時間がかかる可能性があります。

費用対効果:

UIと操作性:

目標値や実績値を任意で設定可能で、進捗状況を更新するとパーセンテージが自動更新されたり、目標に対しての見通しを3スケールで登録することが可能できるなど、わかりやすい操作画面となっています。

デザイン:

色分けで、目標達成に対する進捗状況が一目でわかります。チームの目標達成のボトルネックになっている問題に気づくことができ、問題を解決するためのアクションをとりやくすなります。

知名度:

ソフト自体の知名度は高いとは言えません。

導入ハードル:

OKRの設定をする前に組織全体での合意をとる必要があるなど、OKR自体を設定するための手間と時間がかかるため、導入ハードルは比較的高いと言えるでしょう。

Resily の特徴3つ

1. 目標達成する自信度

各部門ごとのOKRを紐づけることで、全社のObjective(目標)とKey Result(得るべき結果)を、組織全体として俯瞰して捉えることが可能です。

また三色の色分けで、目標達成に対する自信度合いが一目でわかります。そのため、Objectiveのオーナーが、チームの目標達成のボトルネックになっている事象にすぐに気付ことができます。

その結果、ボトルネックを解消するためのアクションを素早くとれるので、チームの健全性を保ちながらOKRの達成を目指すことができます。

チームのメンバーの画面(自信度にあわせて色分けができる)

2. 目標達成までの進捗度合

OKRの調整や振り返りを行うために、メンバー個々の画面で次のような項目を入力します。

CHECK1:目標値や実績値を任意で設定できます。また、進捗度合いを更新すると進捗パーセンテージが自動的に更新されます。

CHECK2:目標に対しての見通しを「順調」「注意」「危険」の3スケールで登録できます。

CHECK3:チームの目標に対するボトルネックをコメントに記入します。

このように進捗度合を各メンバーが入力することで、目標達成までの工程を可視化でき、だれかに負荷がかかりすぎているときはチーム内で助け合うことも可能になります。

メンバーごとの進捗度合い管理画面

3. マネジャー向け目標進捗管理

マネージャー(Objectiveのオーナー)は、メンバーそれぞれの目標を俯瞰的にチェックしたり、メンバーがいつ進捗を更新したのかを一覧で把握することができます。

これにより、OKRを調整(継続、更新、開始、停止)するかどうか判断できますので、目標達成に向けて、チームおよび各メンバーの行動の最適化が行えます。

マネージャー向けの目標進捗管理画面

Resilyの料金プラン

無料トライアルが用意されています。

料金の詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

Resilyの評判・口コミ

目標に対するチーム内の取り組みを可視化
カラダノート

OKRの導入理由は、ストレッチした目標を掲げて、企業成長スピードと業績を伸ばすためでした。OKRの導入によってチーム間の取り組みが見える化され、組織内の風通しが良くなったと感じています。

アウトプットを重視できるようになった
スタイラー株式会社

OKRを導入した理由はコミュニケーションデザインを実現するためでした。日本の古い働き方を変えていく上でもOKRは役立つツールだと考えています。OKRを導入したことでメンバーの意識がインプットからアウトプットに変化したことを実感しています。

*「Resily」公式HP参照

まとめ

Resilyは、「目標達成へのコミュニケーションを革新し、企業のパフォーマンスを最大化する」ための、クラウドOKRサービスです。

OKR は、Objective & Key Results(目標と主な結果) の略称で、Googleをはじめ、数多くの成長企業で活用されている、チームやメンバーの目標を会社目標に整合させる目標管理手法です。

体系化された情報共有の仕組みを模索している企業にとって、OKRは一つの解決手段になると思います。しかし、OKRの導入を導入するには、手間と時間がかかるうえ、導入後にスムーズに運用するためには、専用のツールが必要となります。

ResilyはこうしたOKRの導入を検討している企業に対し、導入からサポートまで一貫して行っているツールです。

企業の目標達成を最適化する手段の一つとして、Resilyの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Resily」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

OKR管理ツールの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のOKR管理ツール

起業ログが厳選するOKR管理ツール
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
HRBrain
sai*reco
あしたのクラウド™️
Goalous
MotifyHR
OKR管理ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ