UGCクリエイティブ・Letroを徹底比較!UGC活用ツール使うならどっち?

UGCクリエイティブ・Letroを徹底比較!UGC活用ツール使うならどっち?

記事更新日: 2022/10/14

執筆: 挾間章子

InstagramなどのSNS投稿やレビューのUGCを活用し、ECサイトのCVRの向上、売上アップを期待したい企業におすすめなのがUGC活用ツール

UGC活用ツールは、UGCの収集から活用までワンストップでサポートしてくれるサービスです。

この記事では、UGC活用ツールの中でも特にEC業界(D2C業界)から定評のある有名な「UGCクリエイティブ」と「レトロ」の2社を徹底比較し、選び方のポイント、サービス内容、料金など詳しく解説していきます!

UGC活用ツールを選ぶ時のポイント



画像出典元:「UGCクリエイティブ」公式HP

 
 

UGCとは、User Generated Contentsの略で、企業ではなくユーザーの手で制作されたユーザー生成コンテンツのことで、InstagramなどのSNSに投稿された口コミや購入者により生成されたレビューなども含みます。

最近では、ユーザーの声であるUGCをいかに活用して売上を向上させるのかが重要になってきており、SNSに集まったユーザーによる口コミ投稿をUGCツールに収集し、自社のECサイトやLPなどに活用することでCVRやLTV、CPAの改善に役立てようとする企業が多く、特にD2CやEC通販などのネットショップを運営されている企業を中心にUGCツールが注目されています。

1. UGC活用ツールが提供していること

UGC活用ツールが提供しているサービスは、大まかに以下のものがあります。

  • UGCの生成
  • UGCの収集
  • UGCの利用許諾申請
  • UGCの加工・編集、導入
  • UGCの効果測定・分析、改善提案

料金プランに応じて、受けられるサービス範囲が異なることがありますが、生成、収集、導入だけではなく、効果測定や分析、サポートまで幅広いサービスを提供しているものが多いです。

2. UGC活用ツールの選定ポイント

1. 必要な機能がそろっているか

UGC活用ツールでは、料金プランに応じて受けられるサービスが異なっていることがあります。

UGCの収集と掲載のみしか利用できない場合や、InstagramのUGC機能のみ、レビューのUGC機能のみなど、各社様々です。

できればUGCを効果的に利用するために、Instagramとレビューの両方のUGCの生成から収集・掲載、効果測定などの分析機能まで揃っているUGC活用ツールを導入した方が良いでしょう。

また、機能面だけでなくUGC活用ツールを導入したあとの改善提案などもサポートしてくれるコンサルティングも無料でサービスに含まれているのか、詳しく確認した上で選定していきましょう。

 

2. 価格が適切か

UGC活用ツールの料金プランは、初期費用+月額料金で構成されているものが多いですが、月額料金の設定の仕方は各社で異なります。

月のセッション数による従量課金制や、サブスクリプションと言われる月額定額制などがあります。

UGCにいくらかけられるのか、機能面と併せて比較検討していきましょう。

3. 得意領域が合致しているか

UGC活用ツールは、サービス内容そのものは各社ともにさほど大きな違いはありませんが、その会社ごとに得意な領域が異なります

大手企業案件の実績が多い、D2Cや単品通販に強いなど各社それぞれに強みの分野はあり、そこが自社のビジネスと合致しているかどうかも重要なポイントです。

導入前には、公式HPで過去の導入事例などを確認し、ミスマッチを防ぎましょう。

UGCクリエイティブ・Letroの強みはここ!

まずは、今回比較していく2社の特徴をご紹介します!

UGCクリエイティブ


画像出典元:「UGCクリエイティブ」公式HP

UGCクリエイティブとは

UGCクリエイティブ(UGC CREATIVE)は、2017年設立の株式会社ディールが運営するEC通販・D2C特化型UGCツールで、Instagramとレビューの両方のUGCの生成、収集、掲載、分析、改善まで全機能が揃っており、累計200社を超えるD2C・EC・単品通販の支援実績があります

UGCクリエイティブの強み

累計200社を超えるD2C・EC・単品リピート通販の支援実績とノウハウがあることから、上場企業や通販王国(D2C王国)九州の急成長企業からも選ばれており、売上を上げたい単品リピート通販(D2C)企業に特におすすめのUGCツールです。

また、競合他社のLetroとほぼ同様の機能でありながら、安価に利用できる月額定額制を導入しており、コストを抑えながらUGCツールを導入したいスタートアップや中小企業にも利用しやすいサービスになっています。

 

Letro


画像出典元:「Letro」公式HP

Letroとは

Letroは、2005年設立のアライドアーキテクツ株式会社の運営する運用型UGCツールで、通販業界導入ブランド数No.1、最適化機能が優れている・CVR改善に繋がると思うUGC活用ツールNo.1(株式会社ショッパーズアイ調べ)の3冠を獲得している実績の高いサービスです。

Letroの強み

Letroの強みは、大手ECから急成長中のD2Cまで幅広い分野での圧倒的な実績がある点です。

伴走してくれる専任コンサルタントも、250社以上の取扱い実績の中で培ったノウハウとECマーケティング知見をもって支援をしてくれるので、初心者でも安心して導入ができます。

 

UGCクリエイティブ・Letro 徹底2社比較

1. 初期費用・月額料金

結論:UGCクリエイティブの方が月額定額制で料金が安い!

 

  UGCクリエイティブ Letro
初期費用 10万円 要問合せ
月額料金 月額定額制(要問合せ) 12万円~
従量課金 無し セッション数に応じて課金

 

UGCクリエイティブ





画像出典元:「UGCクリエイティブ」公式HP
 
 

UGCクリエイティブの料金プランは、初期費用10万円+月額定額制(サブスクリプション)で、全ての機能をセッション数や商品数の制限なく定額で利用することが可能です。

競合他社のLetroの場合、UGCを掲載しているページのセッション数に応じた従量課金が月額基本料金とは別に発生したり、他社の定額制でも機能面で制限がかかるものがほとんどです。

UGCクリエイティブはD2C・EC通販の立ち上げやスタートアップ企業でも導入しやすいのはもちろん、商品数やセッション数の多い大手企業なども定額でコストを抑えることができる魅力的な料金プランです。

Letro



画像出典元:「Letro」公式HP


Letroは、初期費用+月額料金12万円+セッション数に応じた従量課金で構成されています。

料金プランは、ベーシック、スタンダート、プレミアムの3種類になり、初期費用がプランによって異なってきます。

月額料金の12万円に、導入ページのセッション数に応じた料金が追加で加算されるため、セッション数に応じて毎月の支払いが増減する点に注意が必要です。

また、ベーシックプランは、月額料金(12万円)内では、UGC生成/Instagram/レビューの機能の中のどれか1つしか利用できないため、2つ以上の機能を利用したい場合は、倍以上の月額料金を払うか、スタンダード以上のプランを申し込む必要があります。

2. UGC収集方法

結論:2社とも収集方法は基本的には同じ!細かい検索条件はLetroの方があり。

 

UGCクリエイティブ



画像出典元:「UGCクリエイティブ」公式HP

 

UGCクリエイティブでは、商品購入者に対して、管理画面からInstagramやレビューの投稿のUGCを自然発生させる動線(メールやLINE送信)で生成を促します

生成したUGCは、以下の方法で収集が可能で、収集の際には、#の掛け合わせや除外検索なども可能です。




Letro



画像出典元:「Letro」公式HP


Letroでは、商品購入者と購入者以外にもギフティング(インセンティブ)という形でUGCの生成を促します。

商品購入者には、EC基幹システム(ecforce、Shopify、サブスクストア、リピスト)とデータ連携することで自動的に投稿を促します

収集の際には、ハッシュタグ検索(and、除外)、メディアの種類、お気に入りなど検索条件を細かく設定可能です。



3. UGC導入

結論:2社とも導入しやすさは同じ!UGCを入れたいWebサイトにタグの埋め込みだけでOK!


基本的には、2社ともWebサイト上のUGCを入れたい箇所にタグの埋め込みを行うだけで導入が可能です。

初心者の方は、両社とも専任コンサルタントがつくので、サポートを受けながら導入ができます。

4. UGC効果測定・分析

結論:2社とも効果測定・A/Bテストが可能!

 

UGCクリエイティブ


画像出典元:「UGCクリエイティブ」公式HP

UGCクリエイティブでは、効果計測(CVR、CTR)は一覧で確認ができ、A/Bテスト(スライド式、縦型などのパターンで分析)も可能です。

Letro


画像出典元:「Letro」公式HP『効果測定画面イメージ』

Letroでは、A/Bテスト機能、ECサイト上の商品ごとの効果測定(CVR、CTR)が、直感的な画面で確認することができます。

5. サポート体制

結論:2社とも専任コンサルタントがサポート!得意領域で選ぼう!

 

UGCクリエイティブ

特にD2C領域に強いUGCクリエイティブは、専任のカスタマーサクセスチーム(2~3名体制)が、企業ごとに完全無料でサポートしてくれ、効果測定の分析結果を基に改善提案や運用を支援してくれます。

月1回のミーティングや、希望者にはレポートの提出なども行ってくれます。

Letro

通販業界導入ブランド数No.1のLetroは、250社以上の支援の中で蓄積されたノウハウを持った専任コンサルタントが、最短で売上につながるKPI改善提案をしてくれます。

6.口コミ評価

UGCクリエイティブ

CVR1.5倍、売上2倍アップ
株式会社RAVIPA(美容コスメD2C企業)

UGCクリエイティブは費用面でもコスパが良く、月額定額制でレビューとInstagramのUGCの生成⇒収集⇒掲載⇒分析⇒改善まで全部一気通貫でできる機能が揃っているため、導入を決めました。 導入後は、どのUGCが成果につながったのか、というUGCごとの計測が可能となり、その数字をもとに「効果の出るUGC」をECキャスティングやUGCクリエイティブで生成して活用することで、 CTR、CVR、引き上げ率、クロスセル率が改善し、積極的に広告投下を行うことができでいます。

CVRを改善し、LPOが格段に向上
化粧品D2C(EC通販)会社

LPやECサイトにUGCを二次利用しようとすると、デザイン制作の手間がかかってしまいますし、どのUGCが効果があるのか分析ができないことが悩みでした。 そんなときに、「UGCクリエイティブ」を導入したら、自動的にUGC毎に計測ができ、CVRを改善し、LPOが格段に向上致しました。

 

Letro

小売/流通/商社

251〜500人

 

プランによっては使い勝手が悪い

セッション課金のため、費用UPできない場合表示できる場所が限定的になる。セッション数を上限超えないよう非公開処理の管理が必要。セッションが多いトップページなどに入れたい場合は、セッション数と料金をしっかり調べた方がよいと思います。

小売/流通/商社

 

101〜250人

 

サポートが手厚く初めてのUGC導入におすすめ

顧客管理の導入後もアドバイスなどがありサポート体制が良かった。担当からどこにUGCをいれたら良いなどアドバイスがありABテストなどしていただけた。


Letroの口コミをもっと見る

 

結論:初めてUGCを導入する中小企業には『UGCクリエイティブ』!

ここまで、UGCクリエイティブとLetroの料金、機能、サポートを比較してきましたが、2社とも基本的な機能面、サポート面は同様に力を入れており、利用者からの満足度も高いです。

一方、料金に関しては、UGCクリエイティブとLetroでは大きく異なり、UGCクリエイティブは、初期費用+月額定額制の料金の中で全ての機能を利用できますが、Letroはプランごとの初期費用+月額料金+セッション数に応じた従量課金で、最も安いプランだと機能制約があります。

両社とも、詳しい料金は、企業への問い合わせが必要ですが、UGCツールの導入が初めての中小企業やD2C立ち上げ間もないスタートアップ企業でUGCにかけるコストをとにかく抑えたい!企業はもちろん、すでに他社のUGCツールを利用していて、自社ECサイトやLPのセッション数・PV数が多くあり、商品数も複数あるため、同じ機能やサポートを受けられて費用を下げられる他のUGCツールへの乗り換えを検討している企業も、断然、”従量課金無しの月額定額制で全機能利用できる”UGCクリエイティブの方がお得でしょう。

資金に余力がある企業などはLetroも検討してみると良いでしょう。

まとめ

ここまで、UGCクリエイティブとLetroについて詳しく見てきました。

UGCは、自社のECサイトやD2Cサイトなどに挿入することで、ユーザーの購買意欲喚起に役立つマーケティングツールとして注目されていますが、ただ導入すればいいというものではありません。

UGC活用ツールを利用することで、専門家の力を借りながら効果的にUGCを導入し、よりお客様目線のサービスを提供することが可能になるでしょう。

ぜひ一度詳しい資料を確認し検討してみてください。


(画像出典元:「UGCクリエイティブ」公式HP、「Letro」公式HP)

この記事に関連するラベル

UGC活用ツールの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

起業ログが厳選するUGC活用ツール
UGC活用ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ