shoutem

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

「shoutem」は、アプリの開発をしたいけれど、どうしてよいか分からない、アプリ開発の期間を短縮したいと考えている企業にピッタリのツールです。コーディングの知識がなくても、iPhoneやiPad、Androidのアプリを簡単に作成することができます。さまざまなビジネスモデルに対応できるよう、バリエーション豊富なテンプレートや機能が備わっています。

スマホアプリ制作ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

スマホアプリ制作ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. コミュニティ作成

ユーザープロファイル、コメント、写真共有リンクなどの機能を搭載

2. 広告での収益化

主要な広告サービスをサポートしているので、アプリの収益化ができる

3. モバイル販売

カスタムブランドストアを数分で作れる

良い点

手軽に短期間でアプリを開発することができます。シンプルで使いやすいUIであるだけでなく、必要があれば開発の専門チームを雇うことができます。

悪い点

Webサイトが英語版なので、文書やビデオよるガイドが理解しにくいという点があります。

費用対効果:

UIと操作性:

CMSの操作がシンプルで直感的。調整なども簡単におこなえます。

社外連携:

ブログやSNSなど既存コンテンツを簡単に取り込むことが可能です。

サポート体制:

ビデオガイドや文書でのアドバイス提供の他、カスタマーサポートへの問合せもできます。

shoutemの特徴3つ

1. 費用をかけずにアプリの開発ができる

「shoutem」では、アプリを開発するためのさまざまな拡張機能が初めから準備されているので、スムーズにスタートを切ることができます。

数多くある機能やコンテンツ、メニューなどを設定するだけでアプリの構築が可能です。シンプルかつ直感的な操作で構築から調整までできます。さらに、App Store、Google PlayのデベロッパーIDがあれば、アプリの公開も自動化できます。

アプリ開発画面イメージ

2. 豊富なレイアウトと機能

「shoutem」にはビジネスの目的に合わせた40種類以上のビルトインスクリーンタイプと200以上のカスタマイズ可能なレイアウトがあります。また、メニューやニュース、イベント、ギャラーなどのモジュールも標準装備。自社のビジネスにフィットするアプリを簡単につくることができます。

さらにSNSなど既にあるコンテンツを取り込むことも可能ですので、使い方が広がります。

アプリのレイアウトイメージ

3.アプリ開発をチームでサポート

自社でのアプリの設計や開発が難しいのであれば、カスタムアプリチームを雇うことも可能です。アプリ開発の専門家チームが、アイデアをアプリとして実現するまで一貫して協力してくれます。

専門家と一緒におこなうことで、アプリを0から作るときに比べて2倍以上のスピードで開発できるだけでなく、ユーザーエクスペリエンス、インターフェイスとも高い品質を誇るものとなるでしょう。

専門家チームイメージ

shoutemの料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

まとめ

「shoutem」を利用すれば、美しく使いやすいアプリを短い開発期間で作成することができます。

アプリの作成画面は直感的な操作で管理できるようになっているのでコーディングの知識がなくても、アプリの作成が可能です。ブログやSNSといった既存コンテンツの統合も容易ですので、すでに運用しているコンテンツを活かすこともできます。

さらに、アプリを使って商品を販売したり、クーポンを配布したりといった使い方もできるので業種にとらわれずさまざまな現場で活躍するでしょう。

画像出典元:「shoutem」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

スマホアプリ制作の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するスマホアプリ制作
スマホアプリ制作
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ