Arm Treasure Data eCDP

記事更新日: 2019/10/01

執筆: 編集部

運営コメント

「Arm Treasure Data eCDP」は、顧客データおよびIoTデータ管理用のクラウド型分析プラットフォームです。データの分析に時間がかかってお悩みの方、「Arm Tresure Data eCDP」なら大量のデータをスピーディに収集、分析し、簡単に外部へ連携できます。

1. データの集計、分析機能

データの集計、加工がSQLにて操作可能。

2. データの連携機能

Treasure eCDPを契約している企業間で簡単にデータ連携ができる。また、PCとスマートフォンのID統合が可能。

3. 機械学習機能

機械学習を使用し、予測モデルを生成する機能。特定の行動をする可能性のある顧客を自動的に予測できる。

良い点

あらゆる種類と規模のデータ収集に対応しており、どんなソースからもデータの収集・保管ができるため、顧客の行動を詳細に分析できる点が大きなメリットです。

悪い点

問い合わせ方法が公式HPの専用フォームからのみで、営業時間の記載がないため、質問に対する回答に時間がかかる可能性があります。

UIと操作性:

画面操作でセグメントの作成を行う機能があるため、SQLが書けない方でも、分析、各種施策ツールへの連携ができます。

セキュリティ:

ユーザー単位でデータ領域についてのアクセス制限ができるので、重要なデータをより安全に管理することが可能です。

サポート体制:

公式HPに問い合わせフォームがあるのみで、電話によるサポート対応は行われていません。

Arm Treasure Data eCDPの3つの特徴

1. 360°ビューによる正確な顧客分析

新規顧客の獲得、また既存の顧客のニーズに応え続けるためには、顧客ごとのデータ分析が重要です。

「Arm Treasure Data eCDP」を活用すれば、CookieやECサイトのお買い物カゴ、SNS、行動履歴や購買履歴等の企業が保有するデータを顧客ごとに緻密に分析できるため、顧客のデータを360°ビューで把握することができます。


360°ビューイメージ図


また、「Arm Treasure Data eCDP」は、データの収集、統合・分析・セグメンテーション、施策の連携まで行うため、IT部門のサポートを受けることなくマーケティングチームのみで戦略を構築し、顧客のニーズに応えることが可能です。

2. IoTデータの連携

「Arm Treasure Data eCDP」は、任意のデバイスや機器から安全にIoTデータを取り込み、複数のデータを相互に紐づけることが可能です。

膨大な量のIoTデータを繋げることで、今まで見えなかった顧客の購買思考が見えるようになり、より顧客に寄り添ったサービスが提供できるため、競合他社に差をつけることができます。

また、AI/機械学習機能を活用することで最適なインサイトを最適なタイミングでアプリケーションに適用することが可能です。


IoTソリューション一例

3. コミュニティやパートナーによる強力なサポート

デジタルマーケティングの領域においてはスピードのある意思決定が重要です。

「Arm Treasure Data eCDP」なら、ユーザーコミュニティを通して最新のマーケティングやテクノロジーの情報収集ができるので、スピードのある意思決定が可能となります。

また、「Arm Treasure Data eCDP」では、デジタルマーケティングのプラットフォーム構築と施策を実行するテクノロジーパートナーと連携しているため、企業の様々な要望に応えることができます。


様々なパートナーと連携

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

評判・口コミ

データの収集と外部サービスとの連携が簡単にできる
資生堂ジャパン株式会社様

資生堂が運営するウェブサイトの閲覧データを統合し、提携サイトのデータ、リアルでの行動データを利用するため、「Treasure CDP」を導入しました。どのような形のデータでも大量に保存でき、ログデータの収集及び外部サービスとの連携が容易に実現できる点がメリットだと思います。

ファーストパーティデータからサードパーティデータまで一元管理が可能
株式会社SUBARU様

自社で取得していたディーラーで扱う顧客のデータなどのファーストパーティデータを「Treasure CDP」に統合。また、自動車専門メディアと連携し、セカンドパーティデータを取得。さらに、パブリックDMPのサードパーティデータも購買し、これら三種類のデータすべてを「Treasure CDP」上に統合し、一元管理が可能になりました。

※「Arm Treasure Data」公式HP参照

まとめ

膨大な量の顧客データの処理に時間がかかってお悩みの企業にはうってつけです。

顧客の行動やコミュニケーションが多様化している今、効率的なデータの統合が必要であり、「Arm Tresure Data eCDP」ならそれを実現できます。

初期構築が不要で、既存システムとの連携・統合も簡単なので、思い立った時に導入できる点も大きなメリットといえるでしょう。

顧客の信頼と共に企業のブランド価値を向上させる「Arm Tresure Data eCDP」の導入を一度検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Arm Treasure Data」公式HP

その他の【CDP】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ