なぜテレアポはきつい?しんどい理由と打開策・向いていない人を分析

なぜテレアポはきつい?しんどい理由と打開策・向いていない人を分析

記事更新日: 2022/12/02

執筆: 太田繙

テレアポは1日に100件近い架電を行うことも珍しくない仕事です。

ノルマも設けられているため、きついと感じる人も多いでしょう。

しんどさを抱えたまま仕事を続けるのは精神的に良くないため、できる限りの対策を実施したいものです

今回の記事では、テレアポがきつい原因や向いている性格、しんどい場合の対処法などを解説します。

テレアポがきつい4つの理由とは?

まずはテレアポがきつい理由を解説します。

  • 断られる続けるから
  • 同じトークを何度もしなければならないから
  • 会社からのプレッシャーを感じるから
  • 同じ姿勢で座り続けるのが辛いから

1. 断られ続けるから

テレアポは基本的に断られる回数が多い仕事です。

業種や商材にもよりますが、1日100件近く架電して1〜2件程度のアポイントしか獲得できないことも珍しくありません

場合によっては、電話口の相手から「しつこい」と叱られるケースもあるでしょう。

成果が出せないうえに相手からも叱られれば、精神的にきついと感じるのも無理はありません。

ストレス耐性の低い人にとっては相性が悪いといえるでしょう。

2. 同じトークを何度もしなければならないから

テレアポは基本的に、同じトーク内容で話す回数が圧倒的に多いです。

具体的なサービス説明や、相手の疑問解決まで辿り着くことはあまりないため、どうしても飽きるタイミングは訪れます。

テレアポを始めたての段階では仕事自体に新鮮味は感じますが、業務歴が長くなるほど新鮮さは失われていくものです。

飽きてしまうとテレアポを退屈に感じてしまい、1日中単純作業を繰り返すことが苦痛になるでしょう

3. 会社からのプレッシャーを感じるから

テレアポのような営業職では、必ず獲得件数のノルマが設けられています。

以下のようなノルマを設けることが多いです。

  • 1日の架電数
  • 1時間あたりの架電数
  • 1日の目標アポイント獲得数

とくに「目標アポイント獲得数」に関しては、例え200件架電したとしても、未達であれば会社からの評価は得られません。

営業会社で目標未達だと、どうしても肩身の狭い思いをしてしまいます。

ストレス耐性の低い人だと、ノルマ未達による会社からのプレッシャーを過剰に気にするかもしれません

4. 同じ姿勢で座り続けるのが辛いから

テレアポは1日中椅子に座って架電するため、予想以上に腰を痛めやすいです。

外回りのように体を動かす機会が極端に減るため、体が凝り固まってしまいます。

精神的なきつさに加えて身体的なダメージも重なると、テレアポへのしんどさは増してしまうでしょう

テレアポに向いている性格は3つある?

テレアポがきついといわれる理由はいくつかあります。

どのような性格であればテレアポに向いているのでしょうか?

具体的には以下の3つに該当する性格なら、テレアポに向いています。

  • 相手の言葉をそのまま受け取らない
  • マイペースに仕事ができる
  • コミュニケーション能力が高い

1. 相手の言葉をそのまま受け取らない

テレアポでは、初対面の相手から断られる経験が積み重なります。

場合によっては、電話口の相手から怒鳴られることもあるでしょう。

断られたり怒鳴られたりした際に、浴びせられた言葉を気にせずサクッと切り替えられる人ならテレアポに向いています

仮に強い言葉を投げかけられたとしても、電話口の相手と会う機会はありません。

そもそも否定の言葉は会社のサービスに対して言われているので、架電者本人が気にしすぎる必要はないのです。

2. マイペースに仕事ができる

テレアポでは、電話相手のペースで話を進められてしまうとストレスを感じます。

例えば、相手のペースに呑まれて業務と無関係の雑談で終わってしまうと、成果につながらずストレスへと発展しがちです。

テレアポの目的はサービスに関する話へ誘導することなので、人に流されずマイペースに架電できる人はテレアポ向きといえます

3. コミュニケーション能力が高い

テレアポでは初対面の相手に架電することがメインのため、短時間で信頼関係を築ける能力が必要です。

電話口の相手はテレアポに対して警戒心を抱くことも珍しくありません。

警戒心をとき、自社サービスの話に持ち込む流れを作るには、一定以上のコミュニケーション能力が不可欠です

信頼関係が築けないうちにサービスへ誘導しても、不信感を抱かれる原因になります。

テレアポに向いていない性格は?

一方で、以下の性格に当てはまるとテレアポには向いていない可能性が高いです。

  • 気持ちの切り替えが苦手
  • 他人と比較してしまう
  • 失敗をすべて自分の責任として捉えてしまう

1. 気持ちの切り替えが苦手

テレアポでは1日に100件近く架電するため、断られ続けるほうが普通です。

断られる回数の多さに加えて接する相手の数も増えるため、傷付く言葉を投げかける人に出くわす確率も上がるでしょう。

気持ちの切り替えが苦手な人だと、些細なひと言や否定の言葉を引きずってしまうため、精神的にきついと感じやすいです

些細な言葉を毎日引きずったまま仕事をしても、モチベーションは上がりません。

テレアポをするのであれば、良い意味で「会うこともない相手だから気にしない」くらいの気持ちを持っておくのがベターです。

2. 他人と比較してしまう

テレアポは室内で他の担当者と架電し続ける業務のため、スタッフの成績や架電状況が必然的にわかってしまいます。

会社によっては、テレアポの獲得件数を張り出すこともあるでしょう。

自分以外のスタッフが成果を出す中で、思うような結果が出ないと誰でも焦ってしまうものです

どの会社でも優秀なスタッフはいますが、無理に比較しても自分の成果が上がるわけではありません。

成果の出ているスタッフの架電方法を参考にしつつも、不必要に焦らず、無理なく稼働することが大切です。

3. 失敗をすべて自分の責任と捉えてしまう

テレアポでは個人のトークスキルも大切ですが、以下の条件によっても成果は変動します。

  • 個人のテレアポ歴
  • リストの質
  • 自分の声質
  • 売り込む商材のニーズ
  • 商品の価格
  • 会社の認知度

慣れればトークスキルで商品の短所をカバーすることも可能ですが、限界はあるものです。

とくに商材のニーズや価格、認知度などは、自分ひとりでは変えようがありません。

外部要因によってテレアポの成果が変わるにもかかわらず、「成果が出ない原因はすべて自分」と考えるのは避けるべきです

自分で改善しようがない要因の責任まで負っていては、精神的にも参ってしまいます。

テレアポの仕事を続ける3つのメリット

テレアポは確かにきつい仕事ですが、以下のようなメリットもあります。

  • トークスキルを磨ける
  • ビジネスマナーが身につく
  • 高時給の仕事が多い

1. トークスキルを磨ける

テレアポでは数えきれない回数のトークをするため、自然と話術やコミュニケーションスキルが磨かれます。

初対面の相手と信頼関係を築き、実際の販売までつなぐというのは簡単ではありません。

どのような職業でも自社サービスを売り込む機会は多いため、テレアポでトークスキルを磨ければ将来的に大きな力となるでしょう

2. ビジネスマナーが身につく

テレアポで初対面の相手と信頼関係を築くには、ビジネスマナーの有無も大切な要素です。

電話口の相手からしても、丁寧な言葉遣いで接する人物のほうが、初対面であっても「少し話を聞こうか」と感じやすくなります。

社会に出てからは社外の人と会う機会も増えるため、ビジネスマナーを身につけておいて損はありません

とくに学生の間にテレアポでビジネスマナーを身につけられれば、入社後に周囲よりも一歩リードした状態で働けます。

3. 高時給の仕事が多い

テレアポはしんどい面も多くノルマもあるため、人材不足は否めません。

不足したテレアポ人材を確保するために、企業側も高時給を設定していることが多いです

会社の定めるノルマを達成すれば、インセンティブを付与されることもあるでしょう。

テレアポはきつい仕事かもしれませんが、短期間で稼ぎたい人にとってはうってつけの仕事です。

テレアポがしんどい時の対処法3つ

どうしてもテレアポがしんどいと感じたら、以下の方法で対処しましょう。

  • ビジネスマッチングサービスを使う
  • トークスクリプトを見直す
  • 徐々に「断られて当たり前」というマインドに切り替える

1. ビジネスマッチングサービスを使う

取り扱う商材によってはビジネスマッチングサービスを活用できます。

ビジネスマッチングサービスとは、自社サービスと企業の決裁者クラスをマッチングするサービスです。

決裁者とマッチングできるため商談の進み具合が早く、テレアポで1件ずつ架電するよりも効果的に獲得できます

SaaSなどtoB商材を扱っている企業でテレアポをしているのであれば、ビジネスマッチングサービスの活用も検討しましょう。

2. トークスクリプトを見直す

テレアポでは、基本的に定められたトークスクリプトに沿って説明します。

会社が用意することも多く、商品の基礎的な情報やアポイント獲得までの大枠は網羅していることが多いです。

テレアポ経験を積むと、自分なりに「こうすると獲得しやすい」というトークができ上がってきます。

自分なりのトークができ上がったら、適宜スクリプトを見直すことが大切です

スクリプトを見直すことで同じ作業の繰り返しから解放され、仕事への飽きも回避できます。

見直したスクリプトによって成果を出せれば、テレアポへのモチベーションも上がるでしょう。

営業が得意なメンバーのトークや本などで勉強し、定期的にスクリプトを見直すことで、テレアポへのしんどさを軽減できます。

3. 徐々に「断られて当たり前」というマインドに切り替える

先述の通り、テレアポでは断られる回数のほうが圧倒的に多いです。

断られるほうが当たり前なのに、思うように成果を出せず落ち込んでいてはメンタルが保てません。

自分のメンタルを守るためにも、少しずつ「断られて当たり前」というマインドに切り変えていきましょう

徐々に考え方を変えることで、仕事上で落ち込む機会も少なくなり、モチベーションを保ちながらテレアポへ取り組めるようになります。

効率よくアポがとれるビジネスマッチングアプリ4選

先述のビジネスマッチングアプリを活用する場合、以下4つのサービスに注目してみましょう。

1. Ready Crew
2. チラCEO
3. アポレル
4. アイミツ

  •  
  • 1. Ready Crew(レディくる)

    画像出典元:「Ready Crew」公式HP

     

    Ready Crewは、専門コンシェルジュが自社のヒアリングをしたうえで、マッチングする企業を紹介してくれるサービスです。

    ヒアリングをもとに企業を絞り込んでくれるため、アプリ上でマッチングするよりも高い成約確度が期待できます

    2. チラCEO

    画像出典元:「チラCEO」公式HP

    チラCEOは、決裁者同士をマッチングしてくれる便利なサービスです。

    検索機能などによって、テレアポで紹介する商材にマッチする決裁者を手軽に探せます

    3. アポレル

    画像出典元:「アポレル」公式HP

    アポレルは、オンラインで完結できる完全審査制のビジネスマッチングサービスです。

    購買意思のある決裁者のみが登録しているため、確度が不明な相手に何百件もテレアポするより効率的に商談まで進められます

    4. アイミツ

    画像出典元:「アイミツ」公式HP

    アイミツは、専任コンシェルジュが発注者の希望をもとに、マッチングする受注者を紹介するサービスです。

    アイミツに受注者側として登録しておけば、自社サービスと合いそうな企業を定期的に紹介してもらえます

     

    まとめ

    テレアポは架電件数の多さに加えて、会社からノルマのプレッシャーもかけられやすい仕事です。

    断られ続けると精神的にも参ってしまうことでしょう。

    成果を追い求めることは大切ですが、精神的に過度のしんどさを感じてまで働く必要はありません

    今回紹介した、しんどさを回避する方法や専用サービスなども活用して、健康的に働ける環境を整えていきましょう。

    画像出典元:Pixabay、Unsplash

     

この記事に関連するラベル

ビジネスマッチングアプリの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ