AOSBOX Business

記事更新日: 2019/07/19

執筆: 編集部

運営コメント

データの種類や使い方によって保存方法を変えることができ、様々な端末に対応していることから柔軟なバックアップが可能となるツールです。管理画面では各ユーザーの権限・使用容量の設定が簡単にできます。初期費用無料で利用できるのもポイントです。

1. バックアップ機能

端末問わずバックアップができ、管理者が一元管理可能

2. 復元機能

Web画面やリモート設定でのデータ復元が可能

3. レポート機能

利用端末の位置・容量状況などを確認可能

良い点

データの性質に合わせたバックアップが可能で、使用できる端末も幅広いことから自社でもクライアント先でも利便性が高いです。

悪い点

たくさんの機能・バックアップ方法を使用するにはオプション契約をしなくてはなりません。

費用対効果:

初期費用無料で利用することができます。

UIと操作性:

バックアップデータは管理画面で一元管理可能で、使いやすく見やすいインターフェースを採用しています。

社外連携:

携帯端末でも使用できることから、社外にいてもデータの共有が容易になります。

AOSBOX Businessの3つの特徴

1. 独自のバックアップシステム

「AOSBOX Business」は独自のバックアップシステムを採用しており、3つのストレージを組み合わせて、低コスト・安全・速いを実現します。

社内で扱うデータは滅多に使わないが長期的に保存したいものや頻繁に復元したいもの・共有したいものなど、様々な種類があります。

会社の財産であるデータを最も適した方法でバックアップ・保管・復元できるのが「AOSBOX Business」独自のトライブリッドバックアップで、次の3種類のストレージから構成されています。

コールドストレージ

めったにアクセスしない大量のデータを保存するのに適したクラウドストレージで、長期保管したいデータや管理情報・写真・映像などの保管に最適です。

一般的なクラウドストレージと比べてコストは約3分の1まで抑えられるため、費用を削減しながらも大容量データを保存できます。

通常ストレージ

すぐにやり取りが必要なデータのバックアップに適しており、安全性と信頼性の高いクラウドストレージです。

Amazon AWSという軍事レベルの暗号を3重にかけられるセキュリティ採用し、データ共有時の情報漏洩などの危険から企業のデータを安全に保護します。

ローカルストレージ

ローカルバックアップはオンラインストレージに比べると復元スピードは約100倍にもなり、頻繁に更新をするデータのバックアップに適しています。

通常ストレージ・コールドストレージでのバックアップと同時に行うことができるため、効率化と生産性向上が期待できます。


3つバックアップで業務を効率化


「AOSBOX Business」のトライブリッドバックアップはデータの性質にフィットした管理ができるため、柔軟性のあるデータ保管・復元を可能にします。

2. 使いやすく見やすいユーザー管理

「AOSBOX Business」は管理者が専門知識を持った者ではなくても、直感的で迅速に対応できる管理画面を搭載しています。

管理者は社内全体だけではなく、個々のユーザーに対してもバックアップ設定を行うことができます。

バックアップ対象の選択・容量管理・暗号化パスワード・権限などが個別で設定できるため、データの種類によって柔軟な対応が可能となります。

シンプルですぐに設定が可能なため迅速な対応ができ、退職者データのバックアップ停止・削除・一時停止も即座に行えます。


見やすい画面で細かい設定が可能


更に「AOSBOX Business」にはレポート機能が搭載されており、「AOSBOX Business」がインストールされたデバイスが世界中のどこにあるか、使用量やストレージ使用量を個別に確認できます。

3. あらゆる端末で使用可能

「AOSBOX Business」はデスクトップ・ノートPCだけではなく、ネットブック・Windowsサーバー・PCに接続された外付けハードディスク・ネットワークドライブなど、様々なデバイスのデータをクラウド上にバックアップ可能です。

ビジネスにおいて各データ共有の仕方が指定されている事も多いため、柔軟な対応ができることは大きなポイントの1つです。

PCだけではなくスマートフォンやタブレットからでもバックアップデータにアクセス可能な上、すべてのファイルを閲覧・ダウンロードできます。

もちろん暗号通信を基本搭載しているため、安全なアクセスが守られた状態でデータのやり取りができるので、外出が多い営業メンバーのデータ保管にも役立ちます。

モバイル用の専用アプリも公開しており写真・動画・音楽といったあらゆるデータを再生可能なため、ファイル制限のない使用が実現します。


端末を選ばず使用可能

 

料金プラン



多数のプランがありますが、いずれもユーザー数・容量数で料金が決定します。なおどのプランにおいても初期費用は無料です。

容量やユーザー数を増やしたい場合、オプション料金が発生しますが自由にカスタマイズが可能です。

無料体験版もあるため、実際に使用感を確かめてからプランを決定できます。

評判・口コミ

バックアップの簡略化・ペーパーレスが実現
特許業務法人白坂様

以前はスタッフの各PCで案件ごとにデータを管理して、スタンドアローンのマシンにバックアップをしていました。今ではAOSBOXで10分単位でバックアップをしています。サインしなければいけない書類や契約関連の書類は紙で残っていますが、それ以外のものは基本的にデータにしています。今では90%以上はデジタル化されています。

データを素早く共有・バックアップ
空撮サービス株式会社様

いろいろなサービスを検討しましたが、セキュリティ面からお客様が禁止されている共有サービスが多く、AOSBOXの一択でした。自動バックアップなのでデータの消失もないですし、AWSの国内サーバーを利用しているということも大きなポイントです。海外サーバーですとNGのお客様もいらっしゃまいすから。

※「AOSBOX Business」公式HP参照

まとめ

柔軟性の高いバックアップシステムが特徴のため、データによって保管方法を変えたい会社やクライアント先によってデータ共有方法が変動する会社にオススメのITツールです。

バックアップ方法が幅広いだけではなく、使用できる端末も様々に対応しているため営業メンバーへの共有やクライアントへの迅速なデータ共有が可能となります。

管理画面は見やすく操作しやすいインターフェースで、ユーザーごとの細かい権限設定ができます。あらゆるデータの保管が効率化できることから、ペーパーレスにも貢献します。会社の財産である情報を3重の暗号セキュリティで守ります。

画像出典元:「AOSBOX Business」公式HP

その他の【データバックアップ】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ