cAIwa+

記事更新日: 2024/01/31

執筆: Tomoyo.Y

編集部コメント

内製感覚でインサイドセールスチームを構築できる

「cAIwa+(カイワプラス)」は、累計1,500社以上の企業やサービスで導入されている大手のテレアポ代行サービスです。

専任の担当者が事前準備や営業戦略の段階から業務に携わり、より成果が出るテレアポを実現できるため、テレアポ代行サービスを初めて導入する企業にもおすすめです。

ただし、事前の対応が充実している反面、本稼働するまでに2ヶ月程度の時間がかかってしまうため、今すぐにサービスを導入したい場合は注意が必要です。

類似サービスと比較したい方はこちら

まとめて請求する

テレアポ代行会社を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

この製品について詳しく見たい方はこちら

製品を請求リストに追加する
良い点

cAIwa+は、勤務実績5年以上の経験豊富なスタッフだけが業務を担当します。サービスや対応の質に定評があり、信頼度が高いです。

悪い点

事前準備やマーケティング戦略を入念に練った上でおこなうため、本稼働するまでに2ヶ月程度かかってしまうのが難点です。

費用対効果:

単価は相場と比較して若干高め。月額制ではなく、時間・コール・アポ単価なので、成果に見合った料金で契約ができます。

UIと操作性:

コールシステムで稼働状況がリアルタイムで確認でき、担当のマネージャーやスタッフも複数人つくので安心です。

導入ハードル:

本稼働後は契約年数や最低発注金額などの縛りがないので、テレアポ代行を初めて利用する企業にもおすすめです。

cAIwa+の導入メリット4つ

1. 質の高いテレアポの仕組みを構築できる

cAIwa+では、立ち上げ時に自社の社員と担当スタッフによるミーティングをショートスパンで実施しています。

フィードバックやトークスクリプト改善のPDCAを回すので、着実にアポイントの品質向上と成約アップにつながります。

質の高いテレアポのベースを構築して、効率的なアプローチの仕組みを作れるのが、cAIwa+を導入するメリットです。

PDCAの仕組みづくりからサポート

2. コールシステムの稼働状況をリアルタイムで確認できる

cAIwa+では、コールシステムのモニタや録音などの稼働データをリアルタイムで集計・確認できます。

MiiTel/RevComm社製のコールシステムを、クライアントごとのアカウントID/PWで解放。

AIや自動文字認識機能が通話の内容を分析してくれるので、ニーズの把握やアポ率が高い要因・断られる原因の追求が可能です。

そのため、営業戦略の改善や顧客アプローチの見直しに貢献することができるでしょう。

ダッシュボード分析や頻出単語の抽出が可能

3. 在籍5年以上の経験豊富なスタッフが担当

cAIwa+では、必ず勤務経験が5年以上あるマネージャーやコールスタッフが業務を担当します。※人数は料金プランによって異なる

なかには経験の浅いスタッフが担当につくサービスもあり、成約やアポ率などの成果が伸びない原因にもなりえますが、cAIwa+なら経験豊富な専任の担当者がつくため、安心してテレアポ業務を任せられられるでしょう。

また、万が一、マネージャーやスタッフが自社の社員や方針と合わない場合、担当者の変更ができます。

担当者との連携が上手くいかずにスムーズに作業が進まないといった場合でも、業務の立て直しが可能です。

作業状況や相性に応じて、柔軟な対応・サポートをおこなっているのが、cAIwa+のメリットです。

4. アポイント獲得や質を確保した単価設定

cAIwa+は、立ち上げ期の仕組みづくりによる「質の高いアポイントの獲得」を目指しているため、必要な業務の代行だけを本稼働前の打ち合わせで依頼することができます。

月額固定費や最低契約年数などで発生する、アポイント獲得までにかかる質の低い時間や費用工数を削減することができ、無駄なく費用対効果を発揮することができるでしょう。

他社との比較表 

資料請求リストに追加する

 

cAIwa+の料金プラン

cAIwa+の料金プランは、立上期と本稼働で料金が異なるのが特徴です。

また、本稼働後は契約年数や最低発注金額などの縛りがなく、時間・コール・アポ率による単価制になっています。

そのため、短期間や小規模でテレアポ代行を始めたてみたい企業にもおすすめです。

(立上期)

  ライトプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
初期費用 20万円
稼働時間 50時間 100時間 150時間
期間 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月
体制 プロジェクトマネージャー:1名
アシスタントマネージャー:1名
コールスタッフ(在籍5年以上):0~1名
プロジェクトマネージャー:1名
アシスタントマネージャー:1名
コールスタッフ(在籍5年以上):1~2名
プロジェクトマネージャー:1名
アシスタントマネージャー:1名
コールスタッフ(在籍5年以上):1~2名
システム MiiTel(AIを使った自動音声認識システム)
料金 22.5万円 45万円 67.5万円


上記プラン終了後

(本稼働)

  ライトプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
時間単価 3,500円/時間 4,000円/時間 4,500円/時間
コール単価 500円~/コール(不在時3回まで追客)
アポ単価 アポ率により決定

(税表示なし)

「cAIwa+」の競合サービスと比較したい方はこちら!

資料請求リストに追加する 

cAIwa+の評判・口コミ

事業立ち上げ時の検証フェーズから導入可能
①リーンマーケティング株式会社

一番は、少額からでもスタートできることが決め手になりました。
お取り組み開始時の我々の状況としては、マーケティング・セールスのチャネルとしてテレアポが適切かどうか、チャネルの検証を行いたいタイミングでした。
その中で、他社さんのモデルの場合、月額20万円~で、契約期間も約半年〜1年という形でした。
一方でシルバーライニングさんは月額数万円~で、かつ契約期間の縛りも特になかったので、導入のしやすさが抜群でした。
合わせて、内藤社長の柔軟性とキーエンスのご出身でもあり、コールに対しても成果最大化に向けたご支援を頂ける徹底さに対してとても安心感がありました。

担当者を変えられるからこそ、自社にぴったりの人が見つかる
②動画の窓口株式会社

私は以下の3つの観点から、テレアポ代行を安心してお願いできる会社を探していました。
・担当いただく方のコミュニケーション能力
・自社の戦略や考え方を理解いただいた上でトークに活かしていただけること
・自社の一員のように、責任を持って営業をしていただけること
ですがこの3つの満たす会社さんとは、中々出会うことが出来ませんでした。
内藤社長にはそんな悩みもご相談させていただいたのですが、「担当者が合わなければ変える」と言っていただけました。
それにcAIwa+のサービス内容もしっかりと納得することができたので、シルバーライニングさんにお願いしようと決めました。

*「cAIwa+」公式HP参照

まとめ

cAIwa+は、導入実績が非常に豊富で、スタッフ・サービスの質や満足度の高いテレアポ代行サービスです。

そのため、テレアポ業務だけでなく、営業戦略やマーケティングの部分までサポートしてほしい初めての企業におすすめです。

ぜひ、自社に合ったテレアポ代行サービスを検討する際の参考にしてみてください。

画像出典元:「cAIwa+」公式HP・資料

資料請求リストに追加する 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

テレアポ代行会社の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

テレアポ代行会社
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ