Olaris

記事更新日: 2022/10/27

執筆: 木下千恵

編集部コメント

成長するAI音声認識ツール

「Olaris」は、ビジネスシーンでの利用に最適なリアルタイムAI音声認識ツールです。

騒音下での録音も、高精度で書き起こしできます。

さらに学習型のAIが毎月録音データを学習することで、書き起こしの精度はツールを使うほど向上します。

ただ対話型AIではないため、カスタマーサポートでの自動応答はできません。

ビジネスシーンや雑音の多い店舗などで利用を検討している方におすすめです。

音声認識システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

音声認識システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

学習を重ねて書き起こしの精度が向上するため、次第に修正の手間が少なくなります。顧客の属性に合わせた専属モデルを作成できるため、書き起こしの負担がさらに減ります。

悪い点

法律用のモデルがない点と、カジュアルな会話が得意ではない点がデメリットですが、新たなモデル作成の相談は可能です。

費用対効果:

UIと操作性:

学習成長型AIで使うほど精度が向上するので、どんどん使いやすくなっていきます。

セキュリティ:

音声認識のサーバーから自動で記録が削除される機能があり、自社サーバーでの運用も可能なためセキュリティ面では安心です。

Olarisの導入メリット4つ

1. 学習型のAI搭載で精度が使うほど向上

Olarisには学習型のAIが搭載されているため、文字起こしの精度が次第に向上します。

正確に書き起こされた文章や、録音音声などを使用してAIに学習させることでモデルが毎月更新されます。

文字の誤変換や音声認識を修正する手間が減るため、確実に業務効率化を目指せるでしょう。

学習型AIで毎月精度が向上

2. 約1秒でモデルの切り替えが可能

構築されたモデルは通話中でもリアルタイムで切り替えできるため、必要な情報を正確に記録することができます。

たとえば医療モデルを使用しながらの録音中、患者さんに住所を聞く際に、医療モデルから住所モデルに自動で変更されます。

モデルが自動で切り替わることで、医療の単語だけでなく住所も正確に記録されるようになります。

リアルタイムですぐにモデルを切り替え

3. 顧客属性や用途に合わせた専用のモデルを開発

Olarisでは住所モデル、氏名モデル、数字モデル、医療モデルなど、よく使われる専用モデルがすでに準備されています。

他にも専用のモデルを開発することもでき、自社の顧客属性に最適なモデルを作成してもらえます。

独自のモデルを利用すれば音声認識の精度をさらに向上できるため、人がチェックする工程が減ることで人件費削減にもつながります。

顧客属性に合わせたモデル作成

4. 低音質への高い耐性

Olarisは低音質への高い耐性があります。

一般の消費者と通話する場合、高音質で録音ができるとは限りません。

むしろ雑音が多い状況で通話することの方が多いでしょう。

低音質への耐性が高いのは、音声認識の精度を向上させるうえでとても大きなポイントです。

すでに使用している音声認識ツールが低音質への耐性が低い場合は、Olarisの利用をおすすめします。

ビジネスシーンでの利用

Olarisのデメリット2つ

1. カジュアルな自然会話は不得意

Olarisはビジネスに特化したAI音声認識ツールのため、カジュアルな場面での会話精度は低いです。

対話型のAIではないので、カジュアルな会話の記録やAIによる自動応答などの機能が欲しい方にはおすすめできません。

2. 法律用モデルはない

Olarisには法律用のモデルがありません。

別途コストがかかりますが、専用のモデル開発を依頼することはできます。

Olarisの料金プラン

いずれのプランも従量課金制です。

データ協力の有無や、利用規模によって初期費用などの金額が変わってきます。

そのため各プランで問合せが必要です。

  クラウド型API提供 AWS/オンプレ型提供 その他、協業型提供
1分あたり 1.5円~ 要問合せ
同時接続数1あたり 5,000円〜 要問合せ

(税表示なし)

競合製品との料金比較

AI音声認識ツールは、機能面で大きな差があるため初期費用も大きく異なります。

ツール内でも使用規模によって価格が決まるため、どのツールが安いかどうかは一概には言えません。

機能面で自社とマッチするツールを選択すると良いでしょう。

  Olaris sAI Voice Analyzer AI suite
初期費用 要問合せ 要問合せ 要問合せ
月額費用 クラウド型API(1分あたり):1.5円~
AWS/オンプレ型(同時接続数1あたり):5,000円~
要問合せ 要問合せ

 

Olarisを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

雑音の多い店舗や現場での利用を検討している会社

低音質への耐性が高いため、携帯ショップなど雑音の多い場所での会話を認識するのに向いています。

Olarisは雑音が多くても、人の言葉を正確に記録することが可能です。

また、医療モデルという薬や症状についての音声を正確に記録するモデルもあるため、医療現場にもおすすめです。

ビジネスシーンで利用したい会社

Olarisでは予め医療、住所、氏名、数字の認識をスムーズに行うモデルが設定されているため、これらの情報を扱うビジネスシーンにおすすめです。

全ての情報を学習し、モデル構築を行うには多くの時間が必要なため、初めから備わっているのが大きなメリットです。

向いていない企業

自動応答が可能なツールを求めている会社

Olarisは通話記録から言葉を学習し、正確な書き起こしが可能ですが、自動応答機能はありません。

自動応答を利用したい場合にはAIボイスボットを探す必要があります。

まとめ

Olarisは、低音質でも高精度の音声認識で書き起こしを行えるため雑音の多い店舗での利用がおすすめです。

さらに住所モデルや氏名モデルといった、誤認識が起こりやすい情報も正確に書き起こせるモデルが初めから備わっているのも嬉しいポイント。

スムーズに利用開始できるでしょう。

画像出典元:「Olaris」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

音声認識システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

音声認識システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ