AI Dig

記事更新日: 2022/08/18

執筆: 太田繙

編集部コメント

"業務効率化と応対品質向上"を実現するAI音声認識サービス

「AI Dig」は、問い合わせ応対業務の効率化を実現するコンタクトセンター向けのAI音声認識サービスです。

コンタクトセンター領域やAIの取り組みに実績があるエス・アンド・アイ株式会社提供のサービスで、安心して利用することができます。

直感的な画面遷移でITリテラシーに自信がない人でも使いやすいと評判です。

サービスの利用時間やデータ量などによって利用価格が変わることから、利用状況によっては他ツールよりもコスト高となる点は注意が必要です。

音声認識システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

音声認識システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

コンタクトセンターやヘルプデスクへの導入実績多数。AIの知識がなくても、専門チームがデータマネジメントや運用を含めてサポートしてくれるので、安心です。

悪い点

利用時間やデータ量によって利用価格が変わります。要望に合わせて他サービスとの連携や内容のカスタマイズも可能ですが、費用が高額になる可能性があります。

費用対効果:

本番導入前に試験的に運用することができる検証パッケージプランがあり、導入しやすいです。

UIと操作性:

すべての機能が一画面に集約されており、直感的な操作のみで利用可能です。

社外連携:

CTIサービスと連携でき、着信とともに自動で音声認識を開始。応対中のオペレーター情報や顧客情報が画面上で確認できます。

※CTI=電話・FAXとコンピュータシステムを統合し、顧客データベースと電話をシステムで連携させること。顧客のプロフィールや過去の応対履歴、購入履歴などが参照できる。

 AI Digの導入メリット4つ

1. 問い合わせへの応対業務を劇的に効率化

AI DigはAIによる回答候補の洞察で、問い合わせへの回答がスムーズなところが最大のメリットです。

オペレーターの経験やスキルに依存せず、常に適切に回答することが可能です。

AI Digに蓄積するナレッジをオペレーターの教育に活用することで、指導の効率化にもつながります。

AI Digを導入すれば応対品質が均一化し、顧客に安心感を与えることにもつながります。

AIによるサポートで応対品質を均一化

2. 豊富な機能と抜群の使いやすさ

必要な機能が一画面に集約されているので、操作しやすいところもAI Digの大きな魅力です。

顧客との通話内容をリアルタイムでテキスト化しながら、回答候補やFAQを検索することができます。

アフターコールワークに便利な機能も搭載されており、編集機能や要約機能を利用することでオペレーターのアフターコールワークの効率化にも役立ちます。

情報の一元管理が可能(検索画面例)

3. テレワークの環境構築にも最適

AI Digは、テレワークや在宅コールセンターにも最適のツールです。

クラウドサービスのためどこからでもアクセス可能で、テレワークや在宅コールセンターでの応対業務においても的確な回答ができます

また、応対内容をテキスト化することで可視化も可能です。

時間がかかっている場合や問題を抱えている場合など、フォローが必要なケースを効率的に把握し、タイムリーな対処が実現します。

場所や時間にかかわらず業務が可能に

4. 万全のサポート体制

サポート体制が充実しており、安心して利用できるところもAI Digの魅力のひとつです。

導入から体制構築、業務への適応プロセス、導入後の運用までをトータルサポート

業務がスムーズに進むように手厚い支援を受けることができます。

​AI Digには学習機能が搭載されているため、音声認識や検索精度は利用するほど向上し、メンテナンスの手間もかかりません。

応対内容の統計や分析も可能

 AI Digのデメリット2つ

1. ある程度まとまった予算が必要

競合と比べてやや高めの料金設定のため、あらかじめ予算の確保が必要ですが、「オペレーターの業務効率化」や「応対品質改善に必要な機能」が豊富に搭載されています。

クラウド型なので、既存のCTI環境を変えることなく利用も開始できます。

2. データの準備が必要

問い合わせへの回答のベースとなるFAQなどのデータを用意する必要があります。

ですが、導入前にデータを自分たちで準備する必要はなく、用意するところからご支援してくれるため、安心です。

導入時の手間は少しかかりますが、AIの学習機能で運用しながら、業務に最適なシステムへと自動的に成長させていくことが可能です。

 AI Digの料金プラン

AI Digの有料プランは2種類あり、初期費用と月額費用、オプション費用がかかります。

AI Dig for Voice音声認識機能のみAI Dig音声認識+FAQ支援機能となります。

14日間無料トライアルもあるので、使い勝手を試すことができます。

  AI Dig for Voice AI Dig
初期費用(税別) 300,000円 300,000円
月額費用(税別) 250,000円~ 400,000円~
IBM Watson利用料 別途必要 別途必要

 

 競合製品との料金比較

AI Digは初期費用と月額費用のシンプルな料金設定ですが、競合と比べてやや高めの料金設定となっています。

サービスの利用時間やデータ量などによって利用価格も変わります。

利用頻度が高い場合は、総額が競合サービスより高くなる可能性があります。

  AI Dig for Voice AI Dig カイクラ COTOHA Voice
Insight
初期費用(税別) 300,000円
300,000円 161,000円 100,000円
月額費用(税別) 250,000円
400,000円 21,000円 250,000円

 

 AI Digの評判・口コミ

KCS とAI の融合で一歩先を行くセンター運用を実現
パーソルワークスデザイン株式会社

KCS(ナレッジセンターサービス)というコンタクトセンターの運営手法を実施していきたいと考え、コンタクトセンター領域やAI の取り組みに実績のあるS&Iさんの「AI Dig」の導入を決めました。過去の応対として実績・経験のあるお問い合わせの場合は、必ず登録されているナレッジを利用して、必要に応じて最新の情報に修正する、実績・経験のないお問い合わせの場合はナレッジとして登録するという一連の流れを徹底。圧倒的に誤答が減り、一人当たりの応対件数は増えています。これまでは同じような問い合わせでも折り返して対応するケースも多かったのですが、その場ですぐに対応できるようになりました。

ナレッジ共有でお客さまの声に寄り添えるセンター運営を実現
株式会社アクシス

これまで鳥取のコールセンターの1箇所集中で対応していたBPO事業において、数年後の業務拡大を見据えたDX推進やBPOセンター業務の脱属人化への対策をおこなう必要がありました。ICT基盤からAI利活用までワンストップで依頼できることやAI専門チームによる手厚いサポートが決め手となり「AI Dig」を導入。ナレッジ蓄積と利活用による応対品質の向上やオペレーターのスキル平準化と平均後処理時間を削減できたことは大きな成果です。また、コロナ禍におけるテレワーク環境も構築でき、居場所にとらわれない働き方を実現することができました。

*「AI Dig」公式HP参照

 AI Digを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 顧客数や従業員数が多い大規模の会社

幅広い規模の会社で導入されてはいますが、顧客数や従業員数が多い会社はAI Digの導入をおすすめします。

AI Digは、リアルタイムで応対状況をテキスト化して可視化でき、検索機能も充実しているため、社内外を問わず多くの問い合わせがあるような会社にはうってつけです。

 コールセンター業務のテレワーク体制を構築したい会社

AI Digは、テレワーク環境の構築にもぴったりのサービスです。

クラウド型のシステムなので、テレワークや在宅コールセンターなど、離れた場所での応対業務でもオペレーターを的確にサポートすることができます。

向いていない企業

 少ない予算で運用したいと考えている会社

豊富な機能とサポート体制で効果を期待できるAI Digですが、競合と比べると導入時の予算は高めです。

AI Digの導入でしっかりと成果を上げていきたい会社は、余裕を持って予算を確保する必要があります。

 

 まとめ

AI Digは、機能的にもセキュリティ的にも安心して利用できるAI音声認識サービスです。

クラウド型のサービスで、安全性を重視する企業にふさわしいサービスだといえます。

CTI連携など他サービスやデータソースとの連携にも応対可能です。

すでにシステムなどを運用している企業がAI Digを導入することで、処理時間の大幅な削減が実現します。

 

画像出典元:「AI Dig」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

音声認識システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

音声認識システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ