Photoshop

3.2

記事更新日: 2020/12/22

執筆: 編集部

編集部コメント

「Photoshop(フォトショップ)」は、簡単な操作でクオリティの高い写真や画像が作り出せるので、アイデアはあるけれど、うまく表現できずに悩んでいるという方にはうってつけです。7日間の無料体験が利用できるので、機能やツールをひととおり体験してから導入できます。自社サイトの写真の見栄えを良くしたい、撮影コストをかけずに商品画像をより良くしたい企業におすすめです。

1. ニューラルフィルター

写真を豊富なバリエーションで編集可能

2. アプリでの直接学習機能

検索パネルを使って知りたい情報を得られる

3. パターンプレビュー

パターンとしてのデザインの使われ方を視覚化

良い点

機能やツールが充実していて、使っていても楽しさを感じられます。操作も簡単で、専門的な知識がなくとも自分のアイデアやイメージを具体的に表現できます。

悪い点

ツールとして導入して終わりではなく、使い続けるには継続的に費用が発生します。簡単な作業であれば無料のアプリもあるので、どのような機能を使いたいかによって費用対効果が変わってきます。

費用対効果:

コンプリートプランでも月々1万円以下で利用できます。年払いにするとさらに費用は安くなり、機能やツールの充実さを考えるとコストパフォーマンスが高いと言えます。

UIと操作性:

ブラシの作成や画像編集の際にも、簡単に項目に沿って選択したり、コピー&ペーストしたりするだけで、好みのものを選んだり作成できるようになっています。

デザイン:

シンプルでスタイリッシュなデザインで、余計なものが視界に入ることなく直感的な操作で利用できます。

Photoshopの特徴3つ

1. 写真編集や合成も鮮やかに

1つ目の特徴は、「写真の編集や合成が思いのままにできる」ことです。

「Photoshop」では、写真編集のバリエーションが豊富なのが大きな魅力です。

レタッチ、置換、合成が思いのままにでき、商品画像もより鮮やかに表現できます。

ECサイトを例に挙げますと、デジカメで撮影したままの写真では、おそらく売れません

より商品が栄える背景を合成してコンバージョン率を高めたり、実際の商品の色に近い色調に編集して、顧客満足度を高めたりと、様々な工夫にPhotoshopが活躍するでしょう。

編集ツールと新機能が備わったPhotoshopであれば、誰にでもできる操作で、より売れる写真を作り出せます


写真を編集して芸術的な仕上がりに

2. 世界最大級のブラシコレクション

2つ目の特徴は、「1,000種類を超えるカスタムブラシが使える」ことです。

「Photoshop」には、世界最大級のブラシコレクションが備わっていて、数千ものカスタムブラシのほか、自分の好みに合わせて独自にブラシを作成することもできます。

イメージに合わせて選んだブラシで、その時々でのペイントや描画ができるのがPhotoshopの特徴です。

カスタムブラシではスプレーペイントや墨絵のようなエフェクトなども実現できます。

数千種類のプリセットツールがあるので、色々と試して自社のイメージに合った表現を見つけるのも楽しいでしょう。


パネル上で好きなようにブラシを設定できる

3. iPadでも制作可能

3つ目の特徴は、「多彩な機能がiPadでも使える」ことです。

「Photoshop」は、iPadでも使えて、オフラインでもブラシやファイルをクラウド内で同期・保存ができます。

自宅や仕事場だけでなく、どこにいても自分の作品作りが思いのままに続けられるのが魅力です。

iPadでは指やApple Pencilを使用して、画像のレタッチや写真の合成、ブラシのコントロールなどがデスクトップと変わらないクオリティ行えます。

移動が多い方にも、時間を効率的に使って作業できておすすめです。


iPadでも変わらないクオリティで操作可能

 

Photoshopの料金プラン

Photoshopには7日間の無料体験が用意されていて、ツールや機能を体験してから導入できます。

料金プランは、

コンプリートプランが95,760 円/年 (税別)、7,980 円/月 (税別)となっています。

Photoshopの他、XDやIllustratorなど30以上のアプリや、フォントやクラウドストレージなどのサービスが利用可能です。

Photoshopプランでは45,360 円/年 (税別)、3,780 円/月 (税別)となっています。

スケッチ&ペイント用にAdobe Frescoも利用できます。

ただし、上記の価格は1ユーザーごとの料金ですので、利用人数分のライセンスが必要です。

Photoshopの評判・口コミ

プロ品質のアプリに対して気後れせずに楽しく学べる
フルイセル大学

フルイセル大学では、デジタルツールに投資するというビジョンを掲げる中で、プロ仕様のツールを使う実践的なデザインプロジェクトにおいてPhotoshopを導入しています。オンライン授業でもPhotoshopは活躍し、カリキュラムに必須なツールとなっています。

*「Photoshop」公式HP参照

Photoshopの評判・口コミ


投稿日: 2023/01/04
会社名
非公開
所在地
東京都
業界
マスコミ/広告/デザイン
職種
専門職
従業員
2人〜10人
匿名ユーザー
役職
一般
利用状況
利用中
アカウント数
不明
費用感
不明
導入年
2010年4月

総合評価点2

料金
2
機能の充実度
2
操作性・UI
1.5
サポート体制
3
社内での評判
2

プロ向けなので初心者には使いづらい

利用期間

2010年4月〜2022年12月現在利用中

不便だと感じた点を教えてください。

・値段が高い。月額制になってさらに高くなったので個人では使いにくい。

・写真撮影や現像の知識がないとわかりにくい機能がある。メニューの言葉が専門的でとっつきにくい。

プロ向けのため、初心者では感覚的に使いにくいところがある

外部ツールとの連携

・Adobeの他のソフト(イラスレーターやインデザイン)との相性がよい

投稿日: 2023/01/04
匿名ユーザー

総合評価点2

料金
2
機能の充実度
2
操作性・UI
1.5
サポート体制
3
社内での評判
2
役職
一般
費用感
不明
導入年
2010年4月
所在地
東京都
職種
専門職
利用状況
利用中
アカウント数
不明
会社名
非公開
業界
マスコミ/広告/デザイン
従業員
2人〜10人

プロ向けなので初心者には使いづらい

利用期間

2010年4月〜2022年12月現在利用中

不便だと感じた点を教えてください。

・値段が高い。月額制になってさらに高くなったので個人では使いにくい。

・写真撮影や現像の知識がないとわかりにくい機能がある。メニューの言葉が専門的でとっつきにくい。

プロ向けのため、初心者では感覚的に使いにくいところがある

外部ツールとの連携

・Adobeの他のソフト(イラスレーターやインデザイン)との相性がよい

投稿日: 2022/06/10
会社名
非公開
所在地
非公開
業界
小売
職種
非公開
従業員
501人〜1000人
匿名ユーザー
役職
-
利用状況
-
アカウント数
-
費用感
-
導入年
-

総合評価点4.5

デザイン関連の業務には必須

利用にかけた費用

[初期費用]無し / [月額費用]7000円程度 / [料金プラン名]Creative Cloudコンプリートプラン

 

導入に至った決め手を教えてください。

導入当時(2000年頃)はDTPソフトとしてほぼAdobe製品しか選択肢がなかった。画像の切り抜き/合成やデータ変換を主目的に導入

 

利用期間

2007年9月〜2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・画像の切り抜きが簡単(ペンツールやマスクなど処理の選択肢もあり)

・レイヤー分けでの作業が楽(レイヤーをフォルダ分けもできるので複雑な構造でも分かりやすい)

・web用書き出しで画像の書き出しが容易

・タイムライン機能でGIF作成も可能

・特にモデルの切り抜き作業時は上述の方法を駆使することで、正確且つ高クオリティな切り抜きが可能。

様々な形式に書き出しが可能なため、紙へもデジタルへも使用可能

 

不便だと感じた点を教えてください。

・原因不明のクラッシュ(強制終了)が起こる。最近はあまり起こらなくなったが、少し前までは突然強制終了され、それまでの作業が水泡に帰す事もあった。

・最初の取っ掛かりで操作に戸惑う(独自UI、ツールの使用方法など)。

どのツールを使用すればどんな効果があるかを把握するまでに多少時間を要する

・利用料金が高い(photoshop単体であれば1,078円(税込)だが、Illustratorなど他Adobe製品と併せて使用すると料金が上がってくる)

 

他の会社にもおすすめしますか?

アナログにもデジタルにも対応できるデザインツールであり、使用できる幅が非常に広いため、デザイン関連の業務ではほぼ必須ツール。

ただし、デザイン業務に従事する従業員が多い会社の場合、利用料金が高額になる事はデメリットになる。

投稿日: 2022/06/10
匿名ユーザー

総合評価点4.5

役職
-
費用感
-
導入年
-
所在地
非公開
職種
非公開
利用状況
-
アカウント数
-
会社名
非公開
業界
小売
従業員
501人〜1000人

デザイン関連の業務には必須

利用にかけた費用

[初期費用]無し / [月額費用]7000円程度 / [料金プラン名]Creative Cloudコンプリートプラン

 

導入に至った決め手を教えてください。

導入当時(2000年頃)はDTPソフトとしてほぼAdobe製品しか選択肢がなかった。画像の切り抜き/合成やデータ変換を主目的に導入

 

利用期間

2007年9月〜2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・画像の切り抜きが簡単(ペンツールやマスクなど処理の選択肢もあり)

・レイヤー分けでの作業が楽(レイヤーをフォルダ分けもできるので複雑な構造でも分かりやすい)

・web用書き出しで画像の書き出しが容易

・タイムライン機能でGIF作成も可能

・特にモデルの切り抜き作業時は上述の方法を駆使することで、正確且つ高クオリティな切り抜きが可能。

様々な形式に書き出しが可能なため、紙へもデジタルへも使用可能

 

不便だと感じた点を教えてください。

・原因不明のクラッシュ(強制終了)が起こる。最近はあまり起こらなくなったが、少し前までは突然強制終了され、それまでの作業が水泡に帰す事もあった。

・最初の取っ掛かりで操作に戸惑う(独自UI、ツールの使用方法など)。

どのツールを使用すればどんな効果があるかを把握するまでに多少時間を要する

・利用料金が高い(photoshop単体であれば1,078円(税込)だが、Illustratorなど他Adobe製品と併せて使用すると料金が上がってくる)

 

他の会社にもおすすめしますか?

アナログにもデジタルにも対応できるデザインツールであり、使用できる幅が非常に広いため、デザイン関連の業務ではほぼ必須ツール。

ただし、デザイン業務に従事する従業員が多い会社の場合、利用料金が高額になる事はデメリットになる。

まとめ

今回は、「Photoshop」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

Photoshopは、クリエイターにとって最先端の技術での制作を可能にするアプリです。

アプリとしても日々進化を遂げており、数千ものカスタムデザインブラシや高いクオリティの仕上がりを実現できる写真編集機能があり、プロのアプリに気後れすることなく楽しく使えるのが魅力です。

Photoshopを使うことで、イメージを具体的に実現できることはもちろん、機能を試してみる中で気付きや発見も得られます。

商品画像など、頻繁に投稿・更新する写真の加工を外注すると、多大なコストが必要です。

内製でのコスト削減とコンバージョン率を高めるような画像作成の両方を実現し、企業価値を高めたいと考えている方にもおすすめです。

画像出典元:「Photoshop」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ