Illustrator

記事更新日: 2020/12/22

執筆: 編集部

編集部コメント

「Illustrator(イラストレーター)」は、Web・ポスター・チラシなど様々な場面で活用できるイラストを、これ1つで作成できる点が魅力です。クラウド管理で最初から100GBのストレージも付いてくるため、作業場所を問わずすぐにイラスト作成が始められる点も嬉しいポイントです。図形やロゴ作成に強いのは有名ですが、クオリティそのままに拡大できるのも魅力で、Web上だけでなく実際の広告や展示会でも大活躍のツールです。

良い点

作成したイラストの拡大・縮小によってクオリティが落ちない点が最大の魅力です。

悪い点

Illustratorで作成したイラストを他のAdobeツールと組み合わせて活用したい場合は、契約プランが複数必要になります。

費用対効果:

作成したイラストのクオリティを損なわず加工できる点が魅力です。

UIと操作性:

以前からの愛好者が多いため、操作に困ることは無いでしょう。

デザイン:

イラストデザインを作るために、あらゆるアイデアを形にできるような機能を備えています。

知名度:

「Webデザインと言えばIllustrator」と愛好者が多く、使い方を解説したサイトや動画も豊富です。

サポート体制(運営会社の):

個別対応サポートに加え、コミュニティも充実しています。

 Illustratorの特徴3つ

1. 図形やロゴ作成に強い

「Illustrator」の強みは、フリーハンドで描画したイラストをクオリティそのままで拡大・縮小して活用できる点です。

Webやモバイル用サイトで用いられるイラストは、通信料削減のためになるべく画像サイズを小さく、しかしカラフルな色味はそのまま伝えられるようなイラストが理想ですが、Illustratorではそのような用途に耐えるイラストの作成を実現できます。

もちろん、展示会用などに大幅に拡大しても原画の鮮明さを変えずに行えますので、Web上だけではなく実際の広告や展示会でも大活躍します。


グラフィックイメージ
 

2. 作業場所を問わず同じクオリティで作業可能

「Illustrator」では作成イラストなどをクラウド管理しているので、デスクトップPCではもちろん、iPadやオフラインでも作業可能です。

使い慣れた道具を用いて原画を作成したのち、イラストを使う現場で実際にイラストを合わせて微調整したり色味調整を行ったりできます。

また、夜に浮かんだアイデアをオフラインで書き溜めておいて翌日クラウド管理された画像と合わせるなど、イラストレーターにとっても想像力が広がる場所で同じ作業が行え、幅広い活用が可能です。


PC/iPad画面デザインイメージ
 

3. 写真から自動トレース・自動色付け

「Illustrator」が持つAdobe SenseiのAI技術を用いると、写真からイラストに変換できます。

自動トレース機能によって輪郭を決めた後、写真の色味を自動抽出し、イラストとして色付けすることで、写真を忠実に再現しながらもイラスト独自の味わいのある作品が作れます。

もちろんこの段階でオリジナルの描画も追加できますので、クオリティの高い作品が最新技術を利用してより短時間に作成できます。


自動トレースからのカラー自動抽出イメージ

 

Illustratorの料金プラン


コンプリートプランでは、Illustrator以外にXD、Photoshopなど30以上のアプリやストレージなどのサービスが利用可能です。

サイトの掲載画像だけでなく、Webデザインやアニメーションまで手がけたいとなると、コンプリートプランを利用する方が断然お得でしょう。

ただし、上記の価格は1ユーザーごとの料金ですので、利用人数分のライセンスが必要です。

Illustratorの評判・口コミ

加賀友禅の意匠を多様な創作活動に展開したい
加賀友禅 模様師

これは拡大しても画質が劣化しないベクターデータだからこそできることです。Illustratorによって仕事の幅が広がったこともさることながら、私の作品が以前より多くの人の目に触れるようになったことを嬉しく思っています。

番組制作に欠かせない部分を担うアプリケーション
株式会社テレビ東京

株式会社テレビテロップ制作や番組のタイトルロゴ、キャラクターの広報用の加工ではIllustratorやPhotoshop、プロ野球中継で配球を表示する仕組み作りにはAnimateが使われるなど、多様なツールは局内のさまざまな現場で日常的に活用されている。

*「Illustrator」公式HP参照

まとめ

今回は、「Illustrator」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

Illustratorはイラスト作成に威力を発揮するデザインツールです。

作成したイラスト原画のクオリティを損なわずに拡大・縮小できるのが一番のポイントです。

そのためファイル容量をなるべく小さくしたいWebサイト用のイラストから、展示会などで大きく引き伸ばして展示したいイラストまで、幅広い用途に活用できます。

さらに最新のAI技術を駆使すれば、写真から自動でイラストトレース、自動カラー抽出機能を駆使して短時間で写真を忠実に再現したイラストが作成できます。

これまでデジタル化が難しかった伝統文様や貴重な資料からイラスト化したいという用途にも向いていますので、こうした素材を再活用したいと考えている企業にもおすすめです。

画像出典元:「Illustrator」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ