SAP SCMソリューション

記事更新日: 2020/04/14

執筆: 編集部

運営コメント

SAP SCMソリューションはサプライチェーンマネジメントに必要な機能を包括的に兼ね備えた総合プラットフォームです。SAPはグローバル企業で、世界各国での導入実績を誇ります。包括的なシステムで機能が豊富のため、特に大企業におすすめのツールと言えます。

1. 需要予測と管理

統計予測機能を利用して、短期・中期・長期の需要を予測可能

2. 在庫を最適化

利益を最大化する最適な在庫目標を設定できる

3. 販売事業計画

部門を横断した販売事業計画を策定可能

良い点

世界的なツールなので、世界レベルでは多くの導入事例があります。SAPはERPやCRMなどあらゆるサービスを提供しているので、包括的に自社の基盤を整えたい場合は重宝します。

悪い点

ツールを提供しているのがヨーロッパに本社を置く多国籍企業のためか、日本語の公式HPがあるものの内容がわかりにくく、HPだけではツールの概要をつかめないでしょう。

費用対効果:

UIと操作性:

分析結果画面は非常に見やすく、誰にでもすぐに理解できるでしょう。操作性については、難しいとの声も聞かれます。

SAP SCMソリューションの特徴

リアルタイム連携を実現

発注・予測・品質管理・在庫管理などの各過程で、取引先や顧客とリアルタイムに連携できます。

これにより、需給の不一致や品質の問題にも迅速に対応可能。リアルタイム監視により無駄な在庫をもつ必要もなくなります。

共有画面のイメージ

市場の変化に迅速に対応

SAP SCMソリューションにできることは、需要予測や最適な在庫管理機能だけではありません。

部門を横断した販売事業計画を立案し、サプライチェーン制約に基づく供給計画を策定できます。常に変動するサプライチェーンを適切に管理できれば、品目フローを最適化し、リソースを効率的に分配できるでしょう。

画面イメージ

SAP SCMソリューションの料金プラン

詳細はお問合せが必要です。

まとめ

SAP SCMソリューションは、供給から消費まで、全ての流れを統合的に管理できるようになる総合プラットフォームです。

包括的にサービスを提供しているため、これ1つでSCM全体の管理が叶いますが、その分機能が豊富で使いこなすことが難しいとの声もあります。

公式HPもみづらく、HPだけでツールの全体像をつかむことは難しい印象です。

SAPはSCMにとどまらず、ERPやCRMなど多くのサービスを提供しているので、自社のシステムをトータルで見直したい企業にはおすすめです。

画像出展元:「SAP SCMソリューション」公式HP

その他の【SCM】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ