Outreach

記事更新日: 2021/04/21

執筆: 編集部

編集部コメント

手間をかけずに顧客へのアプローチ方法を強化したい、顧客との信頼関係を築きたい企業におすすめのメールトラッキングシステムです。フォローアップのメールや電話などの対応も最適なタイミングで出来るようになり、案件化や受注に繋がりやすくなります。

1. アウトリーチ会議

少ないクリック数と手順で会議を予約する

2. 利用者の活動表示機能

よりターゲットを絞り成果アップを促進

3. パフォーマンスの一覧表示機能

どの戦略がうまくいくかを可視化

良い点

手間をかけずに営業アプローチを分析できるので、業務の効率化がアップし、顧客との関係構築に集中出来ます。

悪い点

公式サイトは全て英語表記での記載となっているので注意が必要です。

費用対効果:

UIと操作性:

メールや電話、ウェブチャットなど全てのアプローチ活動を1か所で管理できます。

知名度:

多くの企業がOutreachを利用し、より効果的な戦略を組み立て成果を挙げています 。

サポート体制:

知識や技術、製品内容についての解説、疑問解消やトラブル解決のための手厚いサポートが受けられます。

Outreachの特徴3つ

1. アカウントごとにターゲット設定を正確に行える

1つ目の特徴は、「アカウントごとにターゲット設定を正確に行える」ことです。顧客へのアプローチや連絡手段として利用しているメールアカウントですが、Outreachではそのアカウントごとの活動を管理・分析することができます。

またその結果をアカウントごとにデータ化することが可能なので、顧客のへのアプローチ状況もわかりやすく可視化することができます。

この分析機能を活用すれば、見込み客を逃さずにターゲット設定を正確に行えるようになり、注力するポイントを明確にできるようになります。

アカウントごとの活動を管理・分析

2. 全てのアプローチ活動の管理を一元化

2つ目の特徴は、「全てのアプローチ活動の管理を一元化」していることです。

担当者が行っているメールや電話、ウェブチャットなど全てのアプローチ活動の管理を一元化することによって、顧客に対してどのアプローチが効果的かを分析することができ、販売促進の戦略を立てたり、企業独自のアプローチ法を生み出すことが可能となります。

アプローチの管理を一元化

3. 効果的なアプローチ法を提示してくれる

3つ目の特徴は、「効果的なアプローチ法を提示してくれる」ことです。正確で的確なデータ分析により、Outreachでは顧客にアプローチする際の効果的な手順、メールや電話をするタイミングなどを担当者へ提示することが可能です。

今までは自分で顧客とのやりとりを管理し分析しなければならなかったのが、Outreachを導入することで全て任せることができるので、作業負担を削減でき、顧客との関係構築やコミュニケーションに時間を費やすことが可能となり、取引サイクルも効率的になります。

手間をかけずに最適なタイミングで顧客へのアプローチが可能に

Outreachの料金プラン

料金の詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

Outreachの評判・口コミ

機能しているメッセージを特定し、顧客へ効率的なアプローチが可能に
Zoom

どのメッセージが機能しているかを追跡し、チーム全体で共有するため、Outreachを導入しました。導入後、顧客にヒットしているメッセージを特定することが可能となり、必要としている顧客により良くアプローチできるようになりました。

企業内の活動度が上がり、メールの開封率や返信率もアップ
CLOUDERA

Outreachの導入によって、理想的なタイミングで適切な情報をメール配信することが可能となりました。メールの平均開封率は6倍に増え、返信率も20〜30%の上昇となりました。現在タスク管理もOutreachを通じて全て行っており、手間をかけずに業務の効率化が実現できました。

*「Outreach」公式HP参照

まとめ

Outreachは、顧客へメールで送信したけれど反応がない時など、メールの開封を有無を確認することができる便利なメールトラッキングツールです。

Outreachを利用すれば、効果が低かった、または高かったメールの内容を比較することで、次回以降の配信に役立てることができ、電話でのアプローチの際も最適なタイミングがわかるようになります。

ターゲットを絞ったり、注力するポイントを把握したりすることで案件化や受注に繋がりやすくなるでしょう。

少ない労力で戦略的なアプローチ方法を生み出したいと考えている企業にはうってつけのツールです。

画像出典元:「Outreach」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ