Google広告

3.3

記事更新日: 2021/09/16

執筆: 木下千恵

編集部コメント

「Google広告」は短期間で集客効果が欲しい場合にうってつけです。特にローカル検索広告は周囲の競合店よりも目立つ位置に広告を出せるので、検索ユーザーがクリックする機会が増えて集客効果を期待できます。ただし、Web制作やリスティング広告の基本的な知識は必要で、自分たちでできる範囲を探りつつ運用する必要があります。

MEO対策ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

MEO対策ツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

料金はクリック課金制で、上限を決めて予算の範囲内で運用可能。いつでも止めることができる点も使い勝手が良いです。MEO対策をしなくてもGoogleマップの検索結果で出稿店より上に表示されます。

悪い点

効率よく集客効果を得るにはリスティング広告やWeb制作に関する知識が必要です。初心者が効率よく運用することは大変で、運用代行も視野に入れましょう。

費用対効果:

申し込みは無料で、クリックや問合せ時のみの課金でコストに無駄がありません。但し、クリックされやすい広告の制作にはそれなりに費用がかかるとの声も。

UIと操作性:

UIや操作性はとても優れています。

導入ハードル:

申し込みは無料なので導入ハードルは低く、誰でも利用可能です。効果が思うほどなかった場合は自由に掲載を止めることができます。

料金はクリック課金制という成果報酬である点やターゲットに効率良く配信できることから、Google広告を利用してみようか、とお考えのWeb担当者の方も多いと思います。

でもやはり、「本当に効果はあるのか?」「集客に繋がらないのでは?」と不安もあるでしょう。

そこで、起業ログではGoogle広告利用者に独自インタビューを実施。

得られた回答から、導入の決め手、かけた費用や実際の効果、失敗談をもとにGoogle広告活用のコツを紹介していきます。 

Google広告のメリット4つ

1. 低予算かつ、特定のユーザー層に向けて広告配信できる

「Google広告」の最大の特徴は、低予算から始められて特定ユーザーに向けた広告配信が可能なことです。

「Google広告」では、キーワードを自社で決めて、ユーザーが検索したキーワードに対して広告を配信することができます。

キーワードの選定には難しさがありますが、見込みの高いキーワードを選ぶことで費用対効果を上げることも可能です。

利用企業からは、「サービス利用に繋がらない層のキーワードを除外することで、クリック率やコンバージョン率を上げることができた」という声もあがっています。


Google広告配信による結果のイメージ
 

2. 予算の上限を設定可能

「Google広告」はクリック課金制です。

その他の月額費用は無く、クリックやサイト訪問、電話問い合わせがあった場合に支払いが発生します。

掲載広告の合計費用は、1ヶ月で指定した予算の上限を超えることが無く安心です。

また、繁忙期・閑散期に合わせて、予算の変更・広告の停止も自由に調整できます。


予算の調整の例
 

3. MEO対策として最適

「Google広告」はSEO対策的に利用されることも多いですが、MEO対策でも同様です。

ローカル検索広告を使えば、店舗周辺の利用可能性が高いエリアに認知を広められます

MEO対策で上位表示をさせ続けるには、長期間の運用や定期的なメンテンナンスが必須です。

「Google広告」なら有料広告により短期間で検索結果の上部に表示でき、競合店に集客で差をつけることも可能です。

ただし、ローカル検索広告のみの利用はできません。

リスティング広告の配信・AdWordsアカウントやGoogleマイビジネスをリンクするなどの作業を経てから行う必要があるので気を付けましょう。

4. 自動化で運用の効率化も可能

サービスが複数ある企業にとって、適切なキーワードを選定や単価設定の量も膨大になるケースがあります。

「Google広告」にはスマート自動入札という機能があり、人の手では及ばない数のキーワード選定や入札単価の最適化も行うことができます。

それぞれのコンバージョン単価の目標を設定し、Google広告の機械学習によって入札を自動で最適化してくれます。

実際にスマート自動入札を導入した企業では、運用工数も削減できたうえにコンバージョン率も向上したそうです。


スマート自動入札のイメージ

 

Google広告のデメリット【実際の失敗談をもとに解説】

1. キーワード選定の難しさ

ターゲットを絞って広告を出せるのが「Google広告」のメリットですが、今回の調査では、多くの方が「検索キーワード設定の難しさ」を挙げていました。

 

検索キーワードを狙って広告を打っていたが、的外れな設定にしてしまい全く反応がないまま時間が過ぎてしまった。

 

最寄駅などを絞りすぎると逃してしまう客も多かった印象があります。

実際に駅を利用している年齢層などを自分達で分析する必要があるので、ツールの機能だけで効果を得るのは難しいのかな、とも感じました。

絞りすぎるのがダメなら、キーワードを増やすのはどうでしょうか?

キーワードなどのターゲットは広告グループごとに 20,000個まで設定できます。

ですが、実際に検索キーワードを増やした結果、サイトへのアクセス数が伸び悩んでしまったケースもありました。

 

もっと多くの方たちに商品を購入してもらおうと、広告が出やすくなるキーワードを追加したのですが、キーワードの優先順位の設定が上手くできませんでした。

重要なキーワードの優先順位が下がってしまっていて、数日間の間アクセス数が、それまでより20%ほど減ってしまったことがありました。

キーワードはいろいろ試してみて、地道に成果を比べていくしかないようです。

2. Webで競合が全国に拡大してしまう

「Google広告」に限らずWeb広告は、全国の顧客にリーチできる一方、競争相手もまた全国規模となってしまいます。

全国対応の業種や差別化が難しい商品では、効果が得られづらい、というのが利用者の実感でした。

 

地域密着の広告表示であれば効果はあると思いますが、オンラインで全国対応の業種だと競合が増えてしまい、広告効果は薄いと感じました。

 

誰でもいいような職業やサービスでなく、本当に必要としている客がいるなど、客が相手を選ぶ職業ほどコスパのいい使い方ができると思います。

小さい企業が広範囲に広告を打つのはコスパがかなり悪くなると思うのでおすすめしません。

 

機能について特にデメリットはありませんが、参入障壁が低い分、ライバル会社の参入も容易となるため、競争は激化します。

地域密着型のサービスに適しているという意見が多く、MEO対策としての効果は期待できそうです。

3. 閲覧数≠売り上げ

「Google広告」の費用対効果で最も気になるのは、「上位表示や閲覧数増加が、売上につながるのか?」というところだと思います。

調査の結果、「売上がアップした」利用者と「売上につながらなかった」利用者が半々というところ。

【売上UPがあったケース】

 

小さなお子さんがいる方を中心に情報を発信して、商品であるロボットの売上を伸ばせた点です。

おもちゃなどお子さんが好きなものを検索している方を主要なターゲットとして設定して、広告がより多く表示されるようにしました。

その結果、1ヶ月の売上がGoogle広告を使う前に比べて5%ほどアップしたので良かったです。

 

エンジニア採用のための求人広告として利用。「エンジニア 求人」という検索ワードで引っかかるため、媒体運用のみのときよりも、応募率が30%程度上がりました。

また、弊社を知らない方からの応募も増えたので、認知を広めるという広告の効果を実感しました。 

 

【売上につながらなかったケース】

 

売上に繋がったかは非常にわかりにくいです。

インサイトのように結果などをしっかりと追うことができるので、大変有意義な情報としてとても重宝しました。

しかし、この広告を打ったからこそ獲得できた客だったのかどかは、なんとも判断しきれません。

 

実績としては、お問い合わせはありましたが、売り上げには結びつきませんでした

Google広告経由と思われる間違い電話が複数回あって困りました。

このように、売上に繋がらないケースも多いです。

一方で、多くの利用者が閲覧数自体は増えたと回答していたため、閲覧数を増やす効果は間違いないでしょう。

いかにコンバージョンや来店に繋げられるかは、ランディングページがいかにユーザーニーズとマッチしているか、にかかっています。

Google広告活用のコツ

以上をもとに「Google広告」活用のコツをまとめます。

  • キーワード選定は「ユーザー目線」で

SEO対策でよく言われるとおり、効果的なキーワード選定に必要なのもユーザー目線です。

自分がその商品やサービスを探す立場なら、どのような単語で検索するか?」とユーザーの目線に立って考えることが重要です。

企業規模によっては、具体的なキーワードが効果がある場合と、一般的なキーワードの方が適している場合があります。

いろいろ試してみて、地道に成果を比べていきましょう。

  • 「下書きとテスト」機能を活用して効果を比較

「Google広告」で増えた閲覧数を売上に繋げるためには、ランディングページがいかにユーザーニーズとマッチしているか重要と紹介しました。

「Google広告」の下書きとテスト機能を活用すれば、ABテストも効率良く実施できます。

【検証例】
  • バナー広告で、デザインやキャッコピーを変えてクリック率を比較する
  • テキスト広告で、タイトル(キャッチコピー)や説明文を変えてクリック率を比較する
  • ランディングページでレイアウトやコンテンツを変えて直帰率やCVRを比較する


使い方は、既存の広告Aと、Aを複製し、変更を加えた広告Bを下書きとして保存。

この2つの予算比率を5:5としてテストすることで、同じ予算分配のもと、並行して広告配信できる機能です。

同時並行・同一予算で一定期間公開し、クリック率やCVRを検証して、効果の高い方を採用しましょう。

  • まずは使ってみて、できない部分を把握する

「Google広告」を自分たちで運用できるか不安な方も多いでしょう。

知識面で不安がある場合は、サポートを利用する、運用代行会社に依頼するなども手ですが、一度登録してみて自分たちで対応できない部分をしっかり把握することが重要です。

「Google広告」の良さは、少ない費用でスタートでき、料金変更や中止操作も簡単なことです。

つまり、「とりあえずやってみてダメなら止める」としても、負担は最小限です。

実際に運用してみた後、できない部分のみを運用代行会社やWeb制作会社に依頼すると、余分なコストをかけずに済みます。

Google広告の料金プラン

自社で運用する場合には月0~10万円、サポートが必要な場合は月10万円から利用可能です。

広告料金に関しては、キーワードごとに入札単価を決めます。

広告ランクやキーワードのボリュームなどの面から金額が算出され、クリック毎に課金されます。

キーワードプランナーを使えば、相場を見積もることも可能です。

Google広告の導入事例

Googleのサポートを利用しながらクリック率の上昇を実現
北海道アクセスネットワーク株式会社 大山 翔平様

夏季繁忙期に展開されたGoogle 広告施策は、確実に成果として現れました。開始当初に比べ、クリック率(CTR)は約 3 割、コンバージョン率(CVR)は約 4 倍に上昇。特に効果的だったのは、除外キーワードの設定でした。サポートと共にキーワードを細かくチェックしながら除外キーワードを見直していった結果、ツアー参加に結びつかないクリックを着実に減少できました。さらに、サポート期間が終わった現在も、同等のパフォーマンスを持続しています。

自動化機能の導入で作業を効率化でき、コンバージョン数もアップ
ベルトラ株式会社サービスプランニング&マーケティング部 堀端 勲様

広告のキーワード選定や単価設定に多大な時間と手間がかかることが大きな課題になりつつありました。キーワード数は日々増え続け、10 万超えに。キーワードの単価調整など人力作業は現実的に不可能で、コンバージョン達成のためのキーワード把握も難しく、効果的な予算配分が困難になっていました。自動化機能導入後、わずか 2 週間でコンバージョン数が大きく増加したことで不安も解消され、推測に頼らず実際のデータに基づいた予算や入札単価の最適化が可能になりました。

*「Google広告」公式HP参照

Google広告を使うべき会社

若い層をターゲットとしたい会社

既に10~60代が平日にインターネットを使う時間は、テレビを見る時間を超えています。

特に10代~20代の若い世代は、インターネット利用時間がテレビ視聴時間の2~3倍にもなる、という総務省の調査もあります。

若い層にリーチするには、インターネットを利用した広告が確実。

  • BtoC の商品・サービス
  • 求人・採用
  • イベント

など、若い層をターゲットにする業種には、幅広く「Google広告」をおすすめできます。

少ない予算で効果的に宣伝したい会社

「Google広告」の費用対効果が高い理由には、クリックによる成果報酬制であること以上に、ユーザーに合わせて関連性の高い広告を表示できるという点があります。

GoogleはCookieを使って、ユーザーの優先言語やウェブ間の移動など、ユーザーの膨大な量の行動データを保管しています。

ユーザーが過去に閲覧したサイトや検索した類似サービスに基づき配信されるので、自社の顕在顧客だけでなく、潜在層にも効果的にアプローチできるのです。

テレビや有名サイトなどに高額な費用で不特定多数に配信するより、予算内でより見込みの高いユーザーにアプローチしたい企業に最適です。

Google広告の評判・口コミ

サービス

11〜30人

しっかり分析して戦略的に使う必要がある

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

月3〜5万円 

利用期間 

2020年1月から2021年8月現在も使用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

近場を狙ったピンポイントの広告のため、客層を狙った広告を当てるため。成果報酬型のように、使った分だけの金額を支払うだけでよかったから。 

Google広告の利用にあたって、サポートを利用しましたか?  

弊社のウェブデザイナー(社外)の方に教えてもらいました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

売上に繋がったかは非常にわかりにくいです。インサイトのように結果などをしっかりと追うことができるので、大変有意義な情報としてとても重宝しました。しかし、この広告を打ったからこそ獲得できた客だったのかどかは、なんとも判断しきれません。 

不便だと感じた点を教えてください。 

検索キーワードを狙って広告を打っていたのですが、的外れな設定にしてしまい全く反応がないまま時間が過ぎてしまったときは、かなり残念でした。また、最寄駅などを絞りすぎると逃してしまう客も多かった印象があります。実際に駅を利用している年齢層などを自分達で分析する必要があるので、ツールの機能だけで効果を得るのは難しいのかな、とも感じました。 

 おすすめの使い方を教えてください。 

自分のお店にあった客層を狙って、リピートが獲得しやすい客を優先して広告を打つとよいと思います。 

どんな店舗・企業だとおすすめしますか? 

誰でもいいような職業やサービスでなく、本当に必要としている客がいるなど、客が相手を選ぶ職業ほどコスパのいい使い方ができると思います。小さい企業が広範囲に広告を打つのはコスパがかなり悪くなると思うのでおすすめしません。

小売

11〜30人

若い層をターゲットとした戦略にはぴったり

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用無:なし 月額30万~50万(成果料金) 

利用期間 

2019年4月~2021年9月現在も使用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

若い顧客層に情報発信するためにインターネットによる広告展開が必要と考えたため。 

Google広告の利用にあたって、サポートを利用しましたか?  

オンラインサポートを利用 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

クリック数による成果料金のため、テレビや新聞媒体を比較しても、初期の頃は低コストで参入ができました。googleは検索エンジンで№1なので、閲覧数が大幅に上昇しました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

機能について特にデメリットはありませんが、参入障壁が低い分、ライバル会社の参入も容易となるため、競争は激化します。成果費用のため、ある程度費用の見積りは可能ですが、クリック数を伸ばすためには広告のクオリティを上げる必要があります。結果的に広告費用全体はかかってしまうので、この方法で結果的にコスト削減になっているのかどうかは疑問です。 

 おすすめの使い方を教えてください。 

検索エンジンでは、上位表示をさせるためにSEOなどを意識した広告作成を行うとよいです。 

どんな店舗・企業だとおすすめしますか? 

小売・商社・飲食店などBtoCビジネスを展開している企業にはおすすめです。今の若い世代はテレビや雑誌よりもインターネットからの情報収集の方が圧倒的に多いです。若い層をターゲットとした戦略は、google広告のほうが構築しやすいと思います。

小売

501〜1000人

採用関連で出すのはおすすめ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

月額50,000円 

利用期間 

2020年1月〜2021年1月 

導入に至った決め手を教えてください。 

エンジニア採用のための求人広告が目的 

Google広告の利用にあたって、サポートを利用しましたか?  

受けていない 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

エンジニア 求人という検索ワードで引っかかるため、媒体運用のみのときよりも、応募率が30%程度上がりました。また、弊社を知らない方からの応募も増えたので、認知を広めるという広告の効果を実感しました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

クリック課金型だったため、応募に繋がらないクリックが多かったときにはあまり結果が出ませんでした。SEO対策もしないとあまり上位に出てきません。きちんと設定した上で広告を出すことが必要で、そこにはある程度の知識やスキルが求められるので結構大変だと感じました。 

 おすすめの使い方を教えてください。 

採用関連で広告を出すのはおすすめです。 

どんな店舗・企業だとおすすめしますか? 

IT企業でエンジニア、webデザイナー、webマーケターの採用に悩んでいて、多くのターゲットにリーチしたいという企業さんは、一度google広告を出すことをおすすめします。

IT

101〜250人

スタートアップ企業などにおすすめ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用は不明。月額費用は5万円です。料金プランは、自社の状況を反映したオーダーメイドのプランです。 

利用期間 

2021年3月~2021年8月現在も使用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

費用をかけずに伝えたい情報を分かりやすく発信できる広告を作成できることです。 

消費者向けに家庭で使える会話のできるロボットの宣伝をきっかけに導入しました。 

Google広告の利用にあたって、サポートを利用しましたか? 

Googleのサポートプランを利用しました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

小さなお子さんがいる方を中心に情報を発信して、ロボットの売上を伸ばせた点です。お子さんが特に興味を持ってくれるのではないかと考え、おもちゃなどお子さんが好きなものを検索している方を主要なターゲットとして設定して、広告がより多く表示されるようにしました。その結果、1ヶ月の売上がツールを使う前に比べて5%ほどアップしたので良かったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

検索キーワードを増やした結果、サイトへのアクセス数が伸び悩んでしまった事態がありました。もっと多くの方たちにロボットを購入してもらおうと、広告が出やすくなるキーワードを追加したのですが、キーワードの優先順位の設定が上手くできませんでした。重要なキーワードの優先順位が下がってしまっていて、数日間の間アクセス数が、それまでより20%ほど減ってしまったことがあったので、不便さを感じました。 

どんな店舗・企業だとおすすめしますか? 

少ない予算でも効果的に商品を宣伝できる広告を簡単に作成できます。事業を始めたばかりで効果的な宣伝方法が分からない企業や、会社の規模が小さくて広告費を思うようにねん出できない企業におすすめします。

IT

11〜30人

地域密着型の店舗などに向いている

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

入会金2,200円 月額10,000円~20,000円程度 (グーグル広告掲載時の内容) 

利用期間 

2021年2月~3月 

導入に至った決め手を教えてください。 

始めること自体にはお金がかからず、クリックしたときだけお金がかかるので、費用対効果が高いと思い始めました。また、検索時に上部に表示されるので知名度アップにつながると思い決めました。 

Google広告の利用にあたって、サポートを利用しましたか?  

受けていません。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

・操作性がよく、特に難しいことなく使えたこと 

・費用の上限額を決められること 

・1日当たりの想定料金が簡単にわかること 

・料金変更が簡単で中止操作も簡単なこと 

・競合の広告費用帯がわかること 

・リアルタイムで広告表示回数やクリック数が見えること 

不便だと感じた点を教えてください。 

実績としては、お問い合わせは数件ありましたが売り上げには結びつきませんでした。 

Google広告経由と思われる間違い電話が複数回あって困りました。おそらく広告を見たスマホユーザーが、間違ってタッチしてしまい電話がかかったものだと思われます。 

また、地域密着の広告表示であれば効果はあると思いますが、オンラインで全国対応の業種だと競合が増えてしまい、広告効果は薄いと感じました。 

おすすめの使い方を教えてください。 

まずは費用を少な目にして様子を見ながら金額を上げていくなどして、Google広告を使ってみる価値はあると思います。やめるときはすぐに中止できるので、使用を迷っている人にもおすすめできると思います。 

どんな店舗・企業だとおすすめしますか? 

地域密着の喫茶店やレストランなどの飲食店や、カラオケ店など、実際に人間が店舗に向かうお仕事の広告には向いていると思います。

サービス

2〜10人

導入決定者

クリックされても成果につながらない

利用にかけた費用

月額費用は無し、クリック課金制

 

導入に至った決め手を教えてください。

他の予約サイトよりも検索数を上げる為

最初は金額がかからないと言うことで、はじめてみました。

 

利用期間

2021年9月から2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

日々の成果が見えたり、どの検索サイトでどのくらい検索されたのがわかるのが、とても良い

・検索されている言葉を具体的に上げて、どのくらい検索されているのかがすぐ分かる。

・GoogleやYouTubeなどにも広告を流してくれるので、クリック数も上がりやすいと感じた。

・手軽に始めやすそう。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・検索広告の内容のテンプレートが少ないので、自分である程度内容を考えないといけない。手本にするものが少なく難しく感じる。

・ある程度広告の知識があった方が内容を充実させて、もっと手応えのある運用ができそう。

クリックされるがそれが直接、契約には結びつかないのが辛い

 

他の会社にもおすすめしますか?

使い方はむずかしくなく、気軽に始めやすいので、導入のハードルは低いと感じる。料金も調整できるので、資金の使いすぎもなく安心して使えると思う

まとめ

今回は、「Google広告」の特徴や料金、利用者からの評判をもとに、導入効果や運用のコツを解説しました。

「Google広告」は低予算で始められて、不特定多数ではなくターゲットを絞った広告配信が可能です。

そのため、広告を掲載するキーワードの選定が最も重要とも言えます。

多少はリスティング広告やSEOなどの知識が必要ですが、スマート自動入札機能やGoogleのサポートを利用し、より良い運用で費用対効果を上げることも出来ます。

知識面で不安がある場合は、一度登録してみて自分たちで対応できない部分をしっかり把握しましょう。

その後、運用代行会社やWeb制作会社に依頼するのも上手く運用するコツですよ。

画像出典元:「Google広告」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

MEO対策ツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

MEO対策ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ